ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 教育にできないこと、できること 第4版

教育にできないこと、できること 第4版
基礎・実践・探究
菱刈晃夫 著
教育にできないこと、できること 第4版
発 行2018年3月20日
税込定価3,672円(本体3,400円)
判 型A5判
ページ数388頁
ISBN978-4-7923-6114-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次 はじめに─「教育という習慣」を疑う習慣を身につけよう─ i 第吃堯ゞ軌蕕隆霑   1 第1章 教 育 1 1節 現代の教育問題 1 2節 教育という言葉 13 3節 さまざまな教育観 20 第2章 学校と教師 26 1節 近代学校 26 2節 学校教師 34 3節 これからの学校と教師 42 第3章 現代における教師の役割 48 1節 教育の本質と教育愛について 49 2節 教師の三類型 55 3節 教師の使命と責任 60 第4章 近代教育思想の代表者 67 1節 カント 67 2節 ルソー 72 3節 ペスタロッチとフレーベル 79 第5章 近現代の教育 87 1節 新教育 87 2節 日本の教育 90 3節 近世の教育から未来の教育を探る 94 第6章 教育課程 102 1節 教育課程 102 2節 新学習指導要領に向けて 118 3節 新学習指導要領の特徴 127 第局堯ゞ軌蕕亮汰 142 第7章 道徳教育 142 1節 道徳とは 143 2節 性格形成に向けた準備 146 3節 液状化する生と道徳教育のゆくえ 150 第8章 道徳を指導する教師に必要な教育哲学 160 1節 道徳教育の基礎 163 2節 学校における道徳教育の意義と課題 169 3節 道徳の授業とそれを支えるもの 176 第9章 道徳の授業実践 185 1節 道徳科の目標の本質と内容項目 187 2節 道徳の指導法(道徳教育の理論と実践)の授業デザイン 200 3節 道徳授業の基本型と指導案作成─授業実践へ向けて─ 203 第10章 道徳科授業方法の工夫と特別活動との連携 216 1節 読み物資料によって「感じる」から「考える」授業へ
─思考重視の基本型─ 217 2節 モラルジレンマ授業について 222 3節 モラルスキルトレーニングと学級活動 230 第11章 特 別 活 動 237 1節 生活と仕事の分離と学校教育 239 2節 正統的周辺参加─状況に埋め込まれた学習─ 243 3節 特別活動の現代的意義と可能性 245 第12章 センス・オブ・ワンダーを育む特別活動 261 1節 「生きる力」とセンス 263 2節 センスをなくした子どもと今後の特別活動 268 3節 センス・オブ・ワンダーを育む実践 277 第敬堯ゞ軌蕕涼亀 285 第13章 大学教育学に向けて 285 1節 大学生の現在 286 2節 学ぶことの意味 293 3節 世代間リサイクルとしての学び 299 第14章 教育方法学に向けて 303 1節 授業とは何か 303 2節 教える責任を担う教師 311 3節 反省的実践のための授業研究 319 第15章 教育の理論と実践の統合に向けて 327 1節 教育基礎と教育実践
─教職の理論と実践のあいだにある問題─ 330 2節 教育基礎を学ぶ意義─教育実践をより豊かにするために─ 335 3節 実践と自己への省察を伴う教育実習 346 おわりに代えて 362 第4版へのあとがき 369 索  引 371




プライバシーポリシー | お問い合わせ