ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 上巻

日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 上巻
高橋則夫/山口 厚/井田 良/川出敏裕/岡田好史 編集委員
日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 上巻
発 行2018年10月20日
税込定価16,200円(本体15,000円)
判 型A5判上製
ページ数624頁
ISBN978-4-7923-5263-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

はしがき

不真正不作為犯における故意の実体
−刑法における主観的ないし行為者的なもの 6−…………伊東 研祐
 機,呂犬瓩法 複院
 供 峇発の危険を利用する意思」と「確定的」故意 (3)
 掘 福岾猟蠹」)故意における「意思的」要素とその機能 (7)
 検仝琉佞痢崘Ъ嬰」要素と目的達成意思・実現意思 (9)
 后,わりに (11)

不真正不作為犯における先行行為の意義……………………………岩間 康夫
 機,呂犬瓩 −日盒擬の先行行為説− (13)
 供,修慮紊寮莵垤坩拈癲歇由主義の援用と排他的支配の併用− (17)
 掘仝   ‘ぁ 24)
 検,わりに (30)

不作為未遂犯の可罰性…………………………………………………森住 信人
 機〔簑蠅僚蟶漾 33)
 供/神吃垪邂挌箸量た襪寮否 (35) 
 掘”埒神吃垪邂挌箸亮孫圓涼綣蝓 40) 
 検”垪邂挂た詒箸硫槌垣 (44)
 后〃襦   仝譟 47)

近時の判例から見た過失不真正不作為犯の理論……………………小林憲太郎
 機,呂犬瓩法 49)
 供〆之菠神28・5・25の検討 (54)
 掘,わりに (65)
 追   補 (65)

中国刑法における違法性論……………………………………………張  光雲
 機,呂犬瓩法 69)
 供‥租的犯罪論における違法性 (71)
 掘|羚颪砲ける違法性論の新展開−行為反価値論と結果反価値論の対立− (75)
 検―わりに (85)

偶然防衛をめぐる諸観点………………………………………………松原 芳博
 機,呂犬瓩法 87)
 供ゞ然防衛の定義 (88)
 掘^稻\の実質 (90)
 検) ̄彿歔慣覯未竜属 (93)
 后‐彳様益の正・不正 (95)
 此_畆困砲茲訐掬防衛 (97)
 察)姫劼琉媚廚琉婬繊Φ’宗 101)

専断的治療行為と刑法…………………………………………………甲斐 克則
  機― (107)
  供ーN店坩戮旅柔要件該当性と保護法益 (110)
  掘ーN店坩戮療法化要件としてのインフォームド・コンセントと専断   的治療行為との関係 (117)
  検\戝播治療行為とその限界をめぐる刑法解釈論上の問題点 (121)
  后〃襦  仝譟 127)

未成年者の承諾…………………………………………………………只木  誠
  機,呂犬瓩法 129)
  供^緡店坩戮砲ける患者の権利 (131)
  掘〔だ年者の権利と人間の尊厳および人格権 (132)
  検\人の諸権利 (134) 
  后〔だ年者と承諾−とりわけ刑法的問題について− (138)
  此‐蟻能力の定式化 (140)
  察,わりに (147)

美容整形手術と未成年者の同意………………………………………萩原由美恵
 はじめに (151)
 機〔だ年者の同意能力について (154)
 供“容整形手術における未成年者の同意の法的効力について (159)
 おわりに (164)

カナダにおける医療的臨死介助の合法化……………………………佐伯 仁志
  機,呂犬瓩法 169)
  供.蹈疋螢殴校件最高裁判決 (171)
  掘.ーター事件最高裁判決 (176)
  検〃宰_正 (184)
  此_正後の状況 (189)
  察,わりに (192)

正当防衛の規範論的構造
−最高裁平成29 年第二小法廷決定をめぐって−……………高橋 則夫
 機,呂犬瓩法 195)
 供ゝ容規範としての正当防衛 (196)
 掘\掬防衛の権利性−「正の確証」と正義論・国家論− (199)
 検 峙淒性」の判断構造−最高裁平成29年4月26日決定をめぐって− (205)
 后,わりに (211)

正当防衛の急迫性判断と主観的違法要素……………………………前田 雅英
 機,呂犬瓩法 213)
 供 崟儷鵬坦屋媚從澄廚畔神29年判例 (214)
 掘 嵌塾稷論」としての積極的加害意思論の実像 (218)
 検ー膣囘事情と客観的事情−防衛のためと急迫性− (223)
 后\掬防衛の実質的法益衡量と回避義務 (227)

侵害の急迫性の判断について…………………………………………橋爪  隆
  機,呂犬瓩法 231)
  供ゝ掴世料按鵝 233)
  掘(神29年判例について (239)  
  検 峭坩拜竿未両況」の意義 (245)
  后,わりに (256)

自招侵害、自招危難、強要による行為に関する一考察
−法益衝突状況の自招と法益の保護−…………………………岡本 昌子
 機,呂犬瓩法 259) 
 供) ̄彎彳余況の自招と正当防衛・緊急避難の成否との関係−相当性の要件を中心に− (261)
 掘) ̄彎彳余況における法益の保護 (269)
 検,わりに (274)

防衛と錯誤の交錯−「裁判官の弁明」ではなく−……………水野 智幸
 機,呂犬瓩法 279)
 供)榿酬茲粒詰廖 280)
 掘)榿酬茲悗良床繊 283) 
 検仝解の整理と検討 (296)
 后,修梁召量簑蠹澄 298) 
 此〆枷衆裁判における問題 (299)

過失犯における注意義務確定のプロセス−不作為的過失を中心に−
 …………………………………………………………………………稲垣 悠一
 機,呂犬瓩法 301) 
 供_畆塞埒神吃垪邂挌箸粒鞠圧定の当否について (304)
 掘〆邂抖遡海鳩覯眠麋魑遡海龍菠未砲弔い董 306)
 検|躇婬遡魁雰覯眠麋魑遡魁砲瞭睛導猟螢廛蹈札肱澄 314)
 后,わりに (320)

予見可能性の対象の抽象化とその限界………………………………大塚 裕史
 機,呂犬瓩法 323)   供|蠑歸予見可能性説の現状 (325)
 掘/恒淵疋薀ぅ潺襯事件各判決における予見可能性 (331)
 検/恒淵疋薀ぅ潺襯事件判決に対する学説の評価 (338)
 后|蠑歸予見可能性と具体的予見可能性 (343) 
 此,わりに (351)

自動運転、AIと刑法: その素描………………………………………今井 猛嘉
 機,呂犬瓩法 353)
 供ー動運転と現行法:レベル3以下の自動運転車 (354)
 掘ー動運転の将来と法制度のあり方:レベル4以上の自動運転車 (360)
 検‥検  )勝 371)

自ら招いた緊急避難の危難甘受義務と自動運転……………………小名木明宏
  機〔簑蠅僚蟶漾 373)
  供ゞ杁淅鯑餤定の概観 (377)
  掘ー招危難と自動運転 (379) 
  検,わりに (385)

共同正犯の構造把握……………………………………………………橋本 正博
 はじめに (389) 
 機 峭渋で聴」の意義 (390)
 供 峩ζ院廚砲茲辰討發燭蕕気譴襪發痢 394) 
 掘ゞλ鼎竜’宗 399)
 検 峩ζ院廚諒析 (401)  
 后ゝ’重行為支配 −「共謀の呪縛」を解く− (405)

犯罪体系と共働の本質………………………………………………吉中 信人
 機,呂犬瓩法 409)
 供ゞζの本質−犯罪共同説と行為共同説− (411)
 掘“蛤疂数説と犯罪統一説−J. プラデルによる分析− (425)
 検‖侶蕨世繁楴創世隆愀検 429)
 后〇筝−犯罪体系における人権保障− (430)
 此,わりに (432)

共同正犯における危険創出と危険実現について……………………内海 朋子
 機,呂犬瓩法 435) 
 供ゞζ雲吉箸砲ける共同行為計画の意義 (436)
 掘ゞζ厩坩抃弉茲亮孫圓砲茲覺躙荏禄个抜躙閏存宗 442)
 検ゞ控舛龍θ箸砲ける危険創出と危険実現 (446)
 后〃襦  ]澄 448)

いわゆるシャクティ事件最高裁決定と共同正犯の成立範囲………亀井源太郎
  機,呂犬瓩法 451)
  供.轡礇ティ事件決定内在的な疑問 (454)
  掘.轡礇ティ事件決定以前の判例・裁判例の動向 (460)
  検,泙箸瓩砲えて (464)

共謀共同正犯と共同意思主体説………………………………………曲田  統
 機,呂犬瓩法 469) 
 供ゞζ碓媚彈臑寮發妨けられてきた批判と、同説における二つの流れ (471)
 掘仝朕揚噺桐で共謀共同正犯を基礎づける立場 (479)
 検|賃糧噺桐で共謀共同正犯を基礎づける立場 (482)
 后ゞλ填ζ雲吉箸琉貘寮 (487)  此ゞζ碓媚彈臑寮發虜胴柔 (490)
 察,わりに (497)

共謀共同正犯の認定と審理のあり方−裁判員裁判を念頭に−
 …………………………………………………………………………大善 文男
 機〇蓮,瓠,法 499)
 供ゞλ填ζ雲吉箸亡悗垢觝嚢盧曚糧塾磧 501)
 掘ゞλ填ζ雲吉箸琉婬舛叛立要件の整理 (505)
 検 〆枷衆裁判における共謀共同正犯に関する公判前整理手続及び審理のあり方 (512)

承継的共同正犯の成立範囲について…………………………………阿部 力也
 機〔簑蠅僚蟶漾 523)
 供“塾磧裁判例の状況 (526)
 掘\立範囲をめぐる若干の検討 (535)

詐欺未遂罪と承継的共犯………………………………………………上嶌 一高
  機)楾討量榲 (543)
  供‐儀囘共犯の議論 (544)
  掘_宍蘓該枷塾磴瞭宛 (551)  
  検〆嚢盧枴神29年12月11日決定 (556) 
  后〆嚢盧枷塾磴琉婬繊 561)
  此‐儀囘共犯の要件と範囲 (567)

共犯関係の解消…………………………………………………………丸山 雅夫
  機,呂犬瓩法 571)
  供 峩θ抜愀犬硫鮠叩從世粒領 (573)
  掘ゞθ抜愀犬硫鮠叩 580) 
  検,爐垢咾紡紊┐董 589)

過失の共同正犯における主観的要件………………………………平野  潔
 機,呂犬瓩法 591) 
 供_畆困龍ζ雲吉箸亡悗垢詒塾磧 593)
 掘ゞζ雲吉箸亮膣囘要件と過失の共同正犯 (600) 
 検,わりに (609)







プライバシーポリシー | お問い合わせ