ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 下巻

日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 下巻
高橋則夫/山口 厚/井田 良/川出敏裕/岡田好史 編集委員
日盖素鄒萓幻典祝賀論文集 下巻
発 行2018年10月20日
税込定価16,200円(本体15,000円)
判 型A5判上製
ページ数582頁
ISBN978-4-7923-5264-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

はしがき

人の始期…………………………………………………………………林 美月子
  機,呂犬瓩法 複院
  供/佑了牢 (2)
  掘\弧進歛害椎柔 (5)
  検‖賃杠瓩反佑紡个垢觝瓠 12)

同時傷害の特例と違法性阻却事由……………………………………奥村 正雄
  機〔簑蠅僚蟶漾 17) 
  供‘瓜傷害の特例と違法性阻却事由 (20)
  掘‘瓜傷害の特例の判断枠組み (35)
  検,わりに (47)

同時傷害の特例と限定解釈……………………………………………城下 裕二
  機〔簑蠅僚蟶漾 49)
  供(神28年決定とその意義 (51)
  掘―害致死罪と刑法207条 (56)
  検)醜圓箸琉果関係が問題となる「結果」の意義 (68)
  后,わりに (75)

性犯罪と性暴力の罪……………………………………………………佐久間 修
  機,呂犬瓩法殃神29(2017)年法改正の意義− (77)
  供ゞ制性交等罪と監護者わいせつ及び性交等罪 (79)
  掘\暴力の罪における強制手段 (83)
  検\暴力の罪とその保護法益 (88)
  后,わりに−親告罪から非親告罪へ− (92)

強制わいせつ罪における〈わいせつ行為〉の概念
−とくに被害者が低年齢の児童である場合−…………………園 田  寿
  機,呂犬瓩法 95) 
  供‥豕高裁平成30年1月30日判決について (96)
  掘 屬錣い擦長坩戞廚粒鞠阿砲弔い董 98)
  検ゞ制わいせつ罪における「わいせつ」の概念を再定義する新たな理論的試みについて(100)
  后‖臻…酥酬茲砲弔い董欸襪咾紡紊┐董檗 103)

強制わいせつ罪における「性的意図」………………………………木村 光江
  機,呂犬瓩法欟畛の性犯罪法改正と判例変更− (107)
  供 屬錣い擦弔聞坩戞廚琉婬繊檗崟的意図」との関係− (109)
  掘〆嚢盧曚砲ける「わいせつな行為」の判断基準 (114)
  検(欷酲 ̄廚函崟的意図」 (119)
  后,泙箸瓩砲えて (121)

強制性交等罪における暴行・脅迫要件について
−性犯罪の立証責任は誰が負うべきか−………………………島岡 まな
  機,呂犬瓩法 123)
  供\犯罪の保護法益および性犯罪の本質 (125)
  掘)醜圈Χ芝要件の緩和について (127)
  検 嵌鏗下圓瞭碓奸廚亡悗垢覽鷯收嫻い療彰垢砲弔い董 134)
  后,わりに (139)

迷惑防止条例における盗撮行為の規制の改正を巡って……………合田 悦三
  機,呂犬瓩法 141)
  供〔堆破瓢濔鯲磴慮従 (142)
  掘‥雹9坩戮竜制内容の変化の例(東京都条例の場合) (145)
  検(欷酲 ̄廚箸隆愀検 149)
  后―わりに (156)

告訴権と性犯罪…………………………………………………………小木曽 綾
 はじめに (157)
 機々霑覆塙霹 (157)
 供々霑文△領鮖法 158)
 掘\犯罪を親告罪とする意味 (161)
 おわりに (163)

ドイツにおける新たな性刑法の展開
−暴行・脅迫要件のない立法例に関する一考察−……………岡上 雅美
  機,呂犬瓩法 165)
  供.疋ぅ弔砲ける強姦罪規定改正の背景と立法理由 (168)
  掘.疋ぅ跳宰‥蟻177条の新規定 (171)
  検〃襪咾紡紊┐董 184)

業務妨害罪における公務の保護………………………………………石井 徹哉
  機,呂犬瓩法 187)
  供“塾磧Τ慇發瞭宛 (188)
  掘ゞ般核験穏瓩砲ける業務と公務 (193) 
  検〃襪咾紡紊┐董 200)

クレプトマニア(窃盗症)と「常習性」……………………………寺崎 嘉博
 はじめに−クレプトマニアとは何か− (203)
  機.レプトマニアの認定 (205)
  供‐鐔犯における「常習性」とは何か (207)

サイバー犯罪としての「キセル」行為………………………………岡田 好史
機,呂犬瓩法 221)   供“塾磴砲澆詆埓犠莠屐 222)
  掘ーУぜ鮎莠峽類の磁気部分の改変について (224)
  検ICカード型電子マネーをめぐる問題について (227)
  后ー動改札機を利用したキセル行為について (232)
  此,わりに (237)

特別背任罪と企業買収防衛策…………………………………………三森 敏正
 機,呂犬瓩法 239)  
 供‘段滅愬ず瓩砲ける任務違背と図利加害 (241)
 掘’禺防衛策の問題点 (250)
 検]請菘世慮‘ぁ 258)
 后〃襦  仝譟 261)

賭博罪の保護法益と賭博合法化の条件についての覚書……………井田  良
  機,呂犬瓩法 263)
  供‥卩邵瓩諒欷酲 ̄廖 264)
  掘.ジノ施設合法化の条件 (270) 
  検,わりに (274)

死体遺棄罪における遺棄行為の終了について………………………山中 友理
 機,呂犬瓩法 275) 
  供“宗  [磧 279)
  掘ヽ慇發慮‘ぁ 285)
  検〇筺  仝 (291)
  后〇筝を用いての平成28年大阪地裁判決事案の解決 (298)
  此,気い瓦法 299)

限定列挙型構成要件における構成要件相互間の関係
−危険運転致死傷罪における「その進行を制御することが困難な高速度」について−……………………………………………………………磔 秀雄
 機(餝膩森柔要件と限定列挙型構成要件 (301)
 供ヾ躙臼薪消彁狃罪における「その進行を制御することが困難な高速度」 (303)
 掘仝堕衫鶺鷏森柔要件における構成要件相互間の関係 (312)

交通事犯における「不作為的要素」の評価と発覚免脱罪…………星 周一郎
  はじめに (319)
  機‘始交通法上の救護義務違反・報告義務違反と不作為犯論 (320)
  供ヾ躙臼薪消彁狃罪の成立と逃げ得問題 (326)
  掘“覚免脱罪の制定 (328)
  検“覚免脱罪の解釈に関する若干の検討 (334)
  后仝鯆婿犯における不作為的要素の評価−むすびに代えて− (337)

刑事訴訟法の政策的基礎に関する一考察……………………………尾 道明
 機,呂犬瓩法 339)
 供〃沙訴訟制度を分析する上での基本的な視点 (341)
 掘.▲瓮螢における「当事者主義」 (345)
 検〃沙訴訟制度の歴史的発展の概観 (362)
 后〃沙訴訟制度の政策的原理 (368)  此,わりに (391)

暗号解除に関する規律について
−イギリスにおける暗号解除法制を参考に−…………………丸橋昌太郎
  機,呂犬瓩法 393)
  供.ぅリスにおける暗号解除法制 (395)
  掘‘本法への示唆と課題 (404)

退去強制により出国した者の検面調書について……………………堀田 周吾
  機,呂犬瓩法 407) 
  供‖犁邏制と供述不能 (409)
  掘仝〔鳴棺颪鬚瓩阿襦峺正さ」の意義 (414)
  検,わりに (425)

刑事再審請求手続における審判の対象………………………………加藤 克佳
 機,呂犬瓩
   供〆匿垣禅畆蠡海砲ける証拠の「明白性」の審理・判断
   掘〆匿垣禅畤海砲ける審判対象とその変動
   検/拡渋仂櫃諒册阿鳩沙再審
   V 再審の理念・目的と二重の危険禁止・一事不再理の効力
   此仝〇ヾ院柄閉病Α砲粒萋阿箸修慮続
   察,わりに
ノヴァ型再審(刑訴法435条6号)における「より軽い罪」……松宮 孝明
  機〔簑蠅僚蟶漾 427)
  供 崟亟事件」における死刑判断の理由としての「強盗殺人類似性」 (430)
  掘 峩盗殺人」と「殺人」の関係 (432)
  検 峩盗殺人類似の殺人」と「殺人」の関係 (434)
  后 峩盗殺人」と「強盗致死」 (435)
  此々柔要件の統廃合と「より軽い罪」 (437)

自由刑の単一化…………………………………………………………川出 敏裕
  機〔簑蠅僚蟶漾 441)
  供〃宰_正作業における議論 (442)
  掘,修慮紊療験 (446)
  検|碓豌修療否 (450)
  后|碓豌集紊亮由刑の在り方 (455)

犯罪被害給付制度の新展開………………………………………………滝沢  誠
  機,呂犬瓩法 463) 
  供“蛤疊鏗乙詆媽度 (464)
  掘々餝鞍蛤疊鏗可ぐ峩眦支給制度 (473)  
  検〆8紊硫歛蝓 477)

処分選択における「優先」概念について……………………………渡邊 一弘
 機〔簑蠅僚蟶漾 479)
  供‐年法の強制介入原理からの考察 (482)
  掘‐年審判における処分選択原理からの考察 (485)
  検〕彿欷鄒概念からの考察 (489) 
  后〃襪咾砲えて (495)

少年法6条の再生−教員の通告義務−…………………………柴 田  守
  機,覆爾い洌貳命幼鵡陲鯡笋つ召垢里 (497)
  供^貳命幼鵡陲頬寨茣待されているもの−教員の特別な努力義務− (505)
  掘‐年司法機関との連携に関して教員が思っていること (511)
  検‐年法6条の再生のための法整備 (518)
  后‖慎ヾ悗連携する実効的な早期発見体制の構築に向けて (522)


日盖素鄒萓検〕歴・業績・主要著作目録…………………………………525






プライバシーポリシー | お問い合わせ