ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ジャン・ジョレースとフランス社会主義運動

ジャン・ジョレースとフランス社会主義運動
ジャン・ジョレースの青年時代
横山謙一 著
ジャン・ジョレースとフランス社会主義運動
発 行2019年2月28日
税込定価7,560円(本体7,000円)
判 型A5判上製
ページ数372頁
ISBN978-4-7923-3384-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
はしがき i
序 論1
第一節 ジャン・ジョレースの今日的問題性1
第二節 方法・資料・研究動向32
第一章 誕  生57
第一節 ジョレース家の人々―祖先と親族―57
第二節 故郷―ラングドック地方、タルン県、カストル・アルビ・カルモー市―74
第二章 生い立ちと学業(一八五九年―一八八一年)113
第一節 生い立ち113
第二節 少年時代128
第三節 高等師範学校時代139
第三章 アルビ国立高等中学校教授時代の
ジャン・ジョレース(一八八一年―一八八三年)159
プロローグ159
第一節 アルビ国立高等中学校教授ジョレース160
第二節 ジョレースの失恋167
第三節 政治への関心171
第四節 父の死173
エピローグ176
第四章 共和派の青年代議士ジャン・ジョレースの誕生
―一八八五年の政治情況とジョレースの方向転換―181
プロローグ181
第一節 時代情況とジョレースの思想的軌跡181
第二節 ジャン・ジョレースの選挙運動と選挙結果192
エピローグ205
第五章 共和派新人議員時代のジョレース(一八八五年―一八八九年)211
プロローグ211
第一節 ジョレースの結婚212
第二節 共和派代議士ジョレースの議会内での活動223
エピローグ―一八八九年総選挙での落選235
第六章 社会主義に到達したジョレース
―社会主義派代議士ジャン・ジョレースの誕生―(一八八九―一八九三年)239
プロローグ―一八八九年の政治情況とジョレースの代議院議員総選挙での落選―239
第一節 トゥルーズ大学講師への復職とジャーナリストとしての活動246
第二節 トゥルーズ市議会議員・助役としてのジョレース252
第三節 二編の博士号取得論文:『感覚世界の実在性について』と
『ドイツ社会主義の起源』257
一 主論文『感覚世界の実在性についてDe la Réalité du Monde sensible』―262
二 ラテン語副論文『ドイツ社会主義の諸起源』―264
第四節 カルモー炭鉱労働者のストライキと社会主義派代議士ジョレースの誕生267
エピローグ271

第七章 カルモーの炭鉱労働者・硝子労働者とジャン・ジョレース277
プロローグ―問題の所在 ジャン・ジョレースとカルモーの炭坑夫・硝子壜製造工277
第一節 タルン県とカルモー炭鉱280
一 炭鉱の街カルモー:歴史・沿革―283
二 十九世紀後半のカルモーとカルモー炭鉱―285
第二節 カルモー炭鉱労働者の生活環境と労働290
一 カルモー炭鉱労働者の労働と生活―291
二 カルモー炭鉱の労働環境―労働災害・疾病からの、そして老齢退職後の保障― ―295
三 労働組合組織の推移変遷と労組指導者カルヴィニャック―297
カルモー炭鉱の三つの労組組織―297
炭鉱労働運動の指導者ジャン-バッティスト・カルヴィニャック―298
第三節 一八九二年のカルモー炭鉱のストライキ303
はじめに―303
労働時間、相互扶助・定年基金積立制度―305
一 カルモーの炭鉱争議の歴史:一八五五年から一九一四年までのカルモー炭鉱でのストライキ・
争議事件―306
二 一八九二年の二回にわたるカルモー炭鉱ストライキ―311
第四節 カルモーの硝子労働者とジャン・ジョレース―一八九五年の硝子労働者のストライキと「労働者硝子工場」の創設313
プロローグ―問題の所在:ジャン・ジョレースとカルモーの硝子労働者―313
一 硝子壜工場と硝子壜製造労働者―315
二 硝子壜製造業と硝子労働者の世界―318
三 硝子壜製造業の機械化と合理化―322
四 一八九五年の硝子労働者のストライキ―324
ストライキの組織化過程―324
フランス社会党タルン県連合とカルモーの社会主義派組織―325
一八九五年七月三一日のカルモー硝子工場労働者のストライキ―326
「ロックアウト」後のカルモー硝子工場―326
エピローグ 一八九六年の「労働者硝子工場」の創立過程を中心に―328
終章 本著の結びに代えて343
ジャン・ジョレース関係文献一覧347
あとがき353





プライバシーポリシー | お問い合わせ