ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 第28号

犯罪と刑罰 第28号
刑法読書会 編
犯罪と刑罰 第28号
発 行2019年3月20日
税込定価2,700円(本体2,500円)
判 型A5判並製
ページ数200頁
ISBN978-4-7923-5271-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
第28号 目次

〈特集〉井戸田刑事法学の今日的意義

追 悼
職場の先達としての先生生田勝義   (1)

特 集
井戸田侃先生の人と学問久岡康成   (9)
井戸田刑事訴訟法学と実務福島 至   (25)
井戸田刑事訴訟法学と被害者参加制度平山真理   (41)
井戸田捜査構造論の今日的意義川崎英明   (57)
井戸田刑事法学における被疑者取調べの位置づけと供述拒否権 松倉治代   (73)
井戸田先生の「公訴権濫用論」をめぐって指宿 信   (91)
井戸田刑事訴訟法理論と「当事者主義」斎藤 司 (109)
井戸田公判手続論の検討吉井 匡 (131)
過失犯と訴因論辻本典央 (147)

論 説
私人による正当防衛権の行使としての拷問は正当化されるか─いわゆる救助のための拷問に関する正当化の可否の検討─ 柏早陽子 (161)

雑 報
刑法読書会の研究活動について松宮孝明 (187)
編集後記





プライバシーポリシー | お問い合わせ