ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 民事訴訟法重要問題講義 上巻 第2版

民事訴訟法重要問題講義 上巻 第2版
木川統一郎/清水宏/吉田元子 著
民事訴訟法重要問題講義 上巻 第2版
発 行2019年4月1日
税込定価4,104円(本体3,800円)
判 型A5判並製
ページ数380頁
ISBN978-4-7923-2729-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次

第2版はしがき
文献略語  xv

第1講 法人でない団体と登記請求権  ?1
機チ按鹵亮院 1
1.当事者能力と権利能力の関係  (1)
2.法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるものの取扱い  (2)
3.民法上の組合の取扱い  (4)
4.当事者能力の意義  (5)
5.法人でない団体に当事者能力が認められ、判決の名宛人となるということ  (6)
6.問題の所在  (7)
供ズ嚢盧枷十蠅糧酬茵 ?8
1.最判昭和42年10月19日民集21巻8号2078頁  (8)
2.最判平成6年5月31日民集48巻4号1065頁  (14)
3.最判平成26年2月27日民集68巻2号192頁  (22)
掘シ誅澄 ?27

第2講 訴訟上の代表権と表見法理  29
機チ按鹵亮院 29
1.法人に対する訴え提起  (29)
2.法人の代表者と法定代理  (30)
3.代表権の書面証明の原則  (30)
4.登記簿上の代表者と真の代表者の不一致  (31)
5.訴状送達の無効  (32)
6.法人代表者と実体法の規定  (33)
7.実体法の表見法理  (34)
供ヂ緝集△班集法理に関する最判昭和45年12月15日  35
1.事実関係  (35)
掘ヂ緝集△班集法理に関する最高裁の判決  36
1.本件判旨  (36)
2.最高裁の判決に対する解説  (40)
検チ幣挧,砲ける代表者の取扱い  42
1.代表権と上告理由  (42)
2.代表権と再審事由  (43)
3.訴訟法における代表者の憲法上の立場  (43)

第3講 法人の内部紛争における当事者適格  49
機ニ/佑陵事者の地位をめぐる紛争  49
1.法人の内部紛争の概念  (49)
2.訴訟物の決定  (50)
3.判例・通説の立場  (51)
供ニ/容睚響茲料幣戮砲ける当事者適格  52
1.全面的利害関係人  (53)
2.法人の内部紛争と全面的利害関係人  (53)
掘コ稜Г陵益と当事者適格者  54
1.確認の利益と当事者適格の連動  (54)
2.確認の利益と訴訟物の連動  (55)
3.既判力と人的相対効  (55)
4.要約  (55)
検ソゞ桔/佑砲弔い討隆霑鍛亮院 56
1.包括宗教法人  (56)
2.住職・神職と理事者との区別  (57)
后ズ波淑神7年2月21日  58
1.事実関係  (58)
2.判旨  (59)
3.論点  (59)
4.学説の評価  (60)
此ズ波従赦44年7月10日  60
1.事実関係  (60)
2.判旨  (61)
3.論点  (62)
4.学説の評価とその展開  (62)
5.立法的手当て  (65)
察チ躋腓隼筝  65
1.原告適格について  (66)
2.被告適格について  (67)

第4講 任意的訴訟担当  71
機デぐ嫖訴訟担当の前提知  71
1.第1の前提知識  (71)
2.第2の前提知識  (72)
3.第3の前提知識  (74)
4.第4の前提知識  (75)
供デぐ嫖訴訟担当の事案の事実関係と判旨  76
1.大法廷判決の事実関係  (76)
2.本件大法廷判決の判旨  (77)
掘ダ掬業務説の評価  80
1.正当業務説  (80)
2.正当業務説の評価  (82)
3.正当業務説への批判  (84)
検ゼ村全愀言發良床繊 86
1.訴訟担当者のための訴訟担当  (86)
2.権利主体のための訴訟担当  (87)
3.実質関係説に対する私の見解   (89)

第5講 相殺の抗弁と重複訴訟係属の禁止  93
機チ蟷Δ旅格曄 93
1.既判力  (93)
2.審理の順序  (94)
供ソ妬A幣抃限阿龍愡漾 96
1.142条とその趣旨  (96)
2.事件の同一性  (97)
掘チ蟷Δ旅格曚判妬A幣抃限阿龍愡漾 97
1.問題の出発点  (97)
2.訴え先行型と抗弁先行型  (98)
3.学説  (99)
検ズ波淑神3年12月17日  101
1.事実関係  (101)
2.判旨  (101)
3.論点  (102)
4.学説の評価  (103)
V.最判平成10年6月30日  104
1.事実関係  (104)
2.判旨  (105)
3.論点  (107)
4.学説の評価  (108)
此ズ波淑神18年4月14日  110
1.事実関係  (110)
2.判旨  (111)
3.論点  (111)
4.学説の評価  (112)
察イ修慮紊糧酬茲蛤8紊慮通し  114

第6講 消極的確認訴訟における申立事項  119
機チ按鹵亮院 119
1.消極的確認訴訟  (119)
2.申立事項と判決事項  (127)
3.債務の自認  (129)
供ニ楫鑒住檗 134
1.事案の概要  (134)
2.判旨  (136)
3.検討  (136)

第7講 当事者の主張の要否  139
機ヂ臍按鵝 139
1.弁論主義の意義  (139)
2.弁論主義の内容となる命題  (140)
3.弁論主義が適用される事実  (141)
供ソ衢権喪失事由を主張することの要否  143
1.前提知識  (143)
2.本件事実関係と判旨  (149)
掘タΩ△砲茲覯畆坐蟷Α 154
1.前提知識  (154)
2.事実関係と判旨  (156)
3.判旨の検討  (157)

第8講 相手方の援用しない自己に不利益な事実の陳述  161
機チ按鹵亮院 161
1.問題の意味  (161)
2.不利益主張と弁論主義  (162)
3.弁論主義とは何か  (163)
4.弁論主義と作業分担  (165)
5.弁論主義と主張責任  (166)
6.弁論主義と主観的主張責任  (166)
7.弁論主義と主観的挙証責任  (170)
供ニ楫鏤実関係と判旨  171
1.事実関係  (171)
2.本件判旨  (173)
3.判旨の解説と批判  (174)
掘シ誅澄 181

第9講 過失に関する主張・立証  183
機サ範的要件  183
供サ範的要件の主要事実  184
1.問題の所在  (184)
2.従来の定説  (186)
3.従来の定説に批判的な諸見解  (187)
4.小括  (191)
掘グ豈の推定・表見証明  192
1.意義  (192)
2.理論的位置づけ  (193)
3.小括  (197)
検ズ波従赦39年7月28日  197
1.事実関係  (197)
2.判旨  (198)
3.論点  (199)
4.検討  (199)
后ズ波従赦43年12月24日  201
1.事実関係  (201)
2.判旨  (202)
3.論点  (203)
4.検討  (204)

第10講 釈明義務・法的観点指摘義務  209
機ゼ疚生◆ 210
1.釈明とその目的  (210)
2.釈明権行使の範囲  (212)
供ゼ疚正遡魁 213
1.釈明権の不行使と釈明義務違反  (213)
2.釈明義務の範囲  (215)
掘ニ‥観点指摘義務  217
1.意義  (217)
2.法的観点指摘義務の内容  (218)
3.釈明義務と法的観点指摘義務との関係  (220)
検ズ波従赦39年6月26日  ?223
1.事実関係  (223)
2.判旨  (224)
3.釈明義務に関するリーディング・ケース  (224)
后ズ波淑神22年10月14日  ?226
1.事実の概要  (226)
2.判旨  (227)
3.論点  (228)
4.学説の評価  (229)

第11講 権利自白および間接事実の自白  233
機ズ枷従紊亮白理論の基礎としての弁論主義?  233
1.弁論主義の射程  (233)
2.要証事実の決定  (234)
3.問題となる自白の対象  (236)
供ゼ臘ダ嫻い伴白法理の関係  238
1.先決的法律関係の自白  (238)
2.有利な法規範  (239)
3.主張責任免除と自白  (240)
掘ジ⇒自白の成否  240
1.事実関係  (240)
2.判旨  (241)
3.判旨理解上の留意事項  (242)
4.学説と本件判旨  (243)
5.検討  (248)
検ゴ崟椹実の自白の成否  252
1.事実関係  (252)
2.判旨  (253)
3.学説  (253)
4.検討  (255)

第12講 事実上の推定  257
機セ実上の推定の位置づけ  257
1.裁判の構造と推定  (257)
2.事実上の推定と間接証明  (257)
3.事実上の推定と表見証明  (261)
4.一応の推定  (267)
供ニ[Ь紊凌篦蝓 268
1.法律上の事実推定と権利推定の区別  (268)
2.法律上の事実推定  (268)
3.擬似的推定(暫定的真実)  (269)
4.法律上の権利推定  (270)
掘ズ波従赦43年12月24日  271
1.事実の概要  (271)
2.判旨  (272)
3.本件と事実上の推定  (273)
検ズ波従赦39年7月28日  274
1.事案の概要  (274)
2.判旨  (275)
3.本件と事実上の推定  (276)

第13講 唯一の証拠方法の申出とその採否  279
機ネ0譴両攀鯤法の申出の却下の禁止  279
1.意義  (279)
2.第1命題について  (280)
3.第2命題について  (280)
4.第1命題と第2命題の関係  (281)
5.同一方向の心証と第1命題  (282)
6.全証拠申出の不採用  (283)
7.唯一の証拠法則の根拠  (283)
供ネ0譴両攀鯤法に関する判例法の問題点  284
1.証拠価値の先取り禁止(予断禁止)の原則の根拠  (284)
2.立証の途の杜絶論  (286)
3.学説と立証杜絶論  (286)
掘ヌ瓜訴訟法181条1項の「不必要」の判断基準  287
1.原則  (287)
2.例外  (287)
検ネ0譴両攀鮓饗Г箸かわりのない問題  289
1.179条の定める裁判上の自白と顕著な事実  (289)
2.181条1項違反の証拠申請  (289)
3.181条2項の障害  (289)
4.証拠申請人の怠慢  (290)
后ズ波従赦53年3月23日の事実関係及び判旨  290
1.事実関係  (290)
2.判旨  (290)
此ト住櫃硫鮴發犯稟宗 291
1.唯一の証拠  (291)
2.「特段の事情」  (292)
3.Y1の本人尋問の申請の採否の判断の必要性  (292)
4.取り調べない証拠申請の放棄または黙示却下説  (293)

第14講 文書提出命令:自己利用文書  295
機ナ現馗鷭侈仁瓠 296
1.意義  (296)
2.文書提出命令の手続  (297)
供ナ現馗鷭亠遡魁 298
1.原則としての一般的文書提出義務  (298)
2.限定的提出義務の規定  (299)
3.一般的な提出義務と除外事由に関する規定  (300)
4.220条1号から3号と4号との関係  (304)
掘ズ之菠神11年11月12日  306
1.事実関係  (306)
2.決定要旨  (306)
3.論点  (308)
4.検討  (308)
検イ修慮紊瞭宛と今後の展望  316
1.判例・学説の展開  (316)
2.今後の展望  (319)

第15講 弁論の併合と証拠調べの結果の援用  ?321
機チ幣戮諒珊腓箸浪燭  321
供ナ珊膰紊料幣拏蠡海隆靄榲性格  ?322
1.併合後の手続の進め方  (322)
2.併合前訴訟行為の効力の存続  (323)
掘ヅ初よりの共同訴訟・請求の客観的併合の擬制の例外  324
1.裁判上の自白  (324)
2.事後的共同訴訟と自白  (325)
3.証拠の申立てと併合後の訴訟  (325)
4.併合前の別件の証拠資料  (326)
5.証人が共同訴訟人となった場合  (326)
6.併合後の証拠調べの再施の必要性  (327)
7.併合前証拠資料の利用目的  (327)
検ニ楫鏤実関係と判旨  328
1.事実関係  (328)
2.上告理由と判旨  (332)
后ニ楫鑛珊膩萃蠅鷲堙法  333
此ナ珊腓蛤枷輯韻旅硬魁 333
察ナ霧鳥件の証拠の導入方法  ?334
1.問題の所在  (334)
2.第1説(書証による援用必要説)  (334)
3.第2説(援用必要説)  (335)
4.第3説(援用無用説)  (336)
5.注意事項  (337)
次ニ楫鐓綛靈由と判旨の検討  337
1.上告理由について  (337)
2.本件判旨  (337)




プライバシーポリシー | お問い合わせ