ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法の理論37

法の理論37
長谷川 晃/酒匂一郎/河見 誠 編
法の理論37
発 行2019年3月20日
税込定価4,104円(本体3,800円)
判 型A5判並製
ページ数324頁
ISBN978-4-7923-0647-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
[目 次]

「法の理論37」発行にあたって

特集《リスク社会における自由と協働の秩序》
機.螢好と「安全・安心」 …嶋津 格……3
供.螢好認識とイデオロギー ――新たな理論と調査結果の分析―― …橋本 努……25
掘.螢好とリスク対処の類型 ――臨床研究とグローバルジャスティス―― …川瀬 貴之……51
検ー由を規制する理由・再考 ――タブーなき社会をむかえて―― …野崎 亜紀子……71

論 文
一 ルドルフ・フォン・グナイストの『自由弁護士論』 …荒井 真……95

前巻特集へのコメントとリプライ
1 岡本論文および大河内論文へのコメント …酒匂 一郎……133
2 法的思考論は「推論主義」という劇薬を飲み干すべきか ――高橋洋城論文・毛利康俊論文へのコメント―― …山田 八千子……149
 .屮薀鵐瀬爐竜範主義的プラグマティズムは法学的に使えるのか? ――酒匂氏コメントへのリプライ―― …岡本 裕一朗……175
◆|がヘーゲルを恐れるのか …大河内 泰樹……189
 法実践内在的な自己記述の規範性について ――山田コメント、酒匂コメントへのリプライ―― …高橋 洋城……197
ぁ)ー汰において人びとはいかに世界とかかわるか ――酒匂一郎教授・山田八千子教授へのリプライ―― …毛利 康俊……215

前巻コメントに対するリプライ
 .肇蹈蝓写簑蟶届澄 宗従林コメントへの応答―― …川口 浩一……241

反論と意見
1 書評:西村清貴『近代ドイツの法と国制』(成文堂、二〇一七年) ――法哲学の側から―― …服部 寛……253
2 書評:西村清貴『近代ドイツの法と国制』(成文堂、二〇一七年) ――法史学の側から―― …藤川 直樹……273
3 藤川・服部書評への応答 ――『近代ドイツの法と国制』補遺―― …西村 清貴……287

追悼
竹下賢先生の法哲学 …亀本 洋……303

執筆者および編者一覧




プライバシーポリシー | お問い合わせ