ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 金融法提要

金融法提要
預金・融資・決済手段
柴崎 暁 著
金融法提要
発 行2019年7月20日
税込定価4,104円(本体3,800円)
判 型A5判並製
ページ数360頁
ISBN978-4-7923-2738-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
[目 次]

第一部 預金と融資
 序節 金融法総説
  第a款 金融取引の沿革と法源  2
  第b款 「銀行取引」の概念、その客体および主体(貨幣と銀行)  15
   第1項 銀行取引の客体‐金銭および有価証券  15
   第2項 銀行取引の主体‐銀行  20

第喫圈〕其
 第A章 預金契約の種類と性質
  第饑瓠〕其盞戚鵑寮質  28
   第a款 預金契約の性質、その寄託性  28
   第b款 預金保険制度  31
  第鮴瓠”當麺其癲α躪膰座、当座預金-手形交換-交互計算  33
   第a款 普通預金・定期預金・その他の預金  33
   第b款 当座預金およびこれに関連する制度  36
    第1項 当座預金・手形交換  36
    第2項 交互計算  44

 第B章 預金の変動
  第饑瓠〕其發寮立と帰属  56
   第a款 預金受入方法の諸態様  57
    第1項 金銭・有価証券による受入  57
    第2項 為替による預金の受入  62
   第b款 預金債権の帰属者(「預金者の判定」)  76
  第鮴瓠〕其發琉榲召半談如 82
   第a款 譲渡・質入・相続・差押・転付  82
    第1項 譲渡・質入とその禁止特約  82
    第2項 相続・差押・転付  85
   第b款 払戻
    第1項 払戻の態様  92
    第2項 払戻と銀行の免責  98

 第C章 派生商品など
  第饑瓠ゞ睛産帖Χ眩信託(未稿)  106
  第鮴瓠’廟絃ι覆箸修療法性  106

第曲圈〕算餬戚
 第A章 融資契約総説
  第饑瓠〕算餬戚鵑亮鑪爐半魴錙 117
   第a款 融資予約、利息の制限  123
    第1項 融資予約の性質  123
    第2項 利息の制限  128
   第b款 担保  133
    第1項 非典型担保・代理受領  138
    第2項 消極担保と非遡求型融資・資産流動化  141
  第饑bis 私募債・社債・国債(未稿)  150
  第鮴瓠〆銚△瞭芦宗 150
   第a款 手形割引  150
    第1項 手形と融資の関係総説  151
    第2項 手形貸付・手形割引、買戻請求権  157
   第a款bis 電子記録債権法  166
   第b款 指名債権譲渡担保・指名債権質  166
    第1項 指名債権譲渡担保・質権設定、対抗要件の特例  166
    第2項 一括支払システム  171
   第b款bis 信用状  173

 第B章 回収
  第饑瓠_鷦の開始とその方法  178
   第a款 期限の利益喪失  178
   第b款 簡易な担保実行  181
  第鮴瓠〆弘計算  188
   第a款 差引計算条項  188
   第b款 一括清算と倒産  195

第二部 手形または決済手段
第景圈ー詑亮蠏阻 小切手法
 序節  204
  第a款 手形・小切手の経済的機能  204
  第b款 手形法・小切手法の沿革と法源  207
  第c款 手形・小切手の有価証券的性質  212
 第A章 手形・小切手上の法律関係の発生
  第饑瓠ー蠏噌坩戮亮鑪爐醗婬繊 217
  第鮴瓠ー蠏噌坩戮陵効性  221
   第a款 手形行為の形式要件(基本手形、署名、記載事項の修正、欠缺と補充)  221
    第1項 基本手形  221
    第2項 記載事項の修正  228
    第3項 記載事項の欠缺と補充  229
   第b款 手形行為の実質要件  237
    第1項 手形行為と公序良俗、行為客体と行為目的の適法性  237
    第2項 手形行為への民法総則意思表示規定の適用  238
    第3項 手形能力  242
    第4項 法人の手形行為  244
  第鸚瓠‖梢佑砲茲觴蠏噌坩戞 248
   第a款 代理による手形行為の要件・効果  248
   第b款 無権代理による手形行為の要件・効果  250
   第c款 他人による手形用紙の交付と署名者の責任  254

 第B章 手形・小切手上の権利の消滅
  第饑瓠〇拱呈示・支払  256
   第a款 支払呈示  256
   第b款 支払  259
  第饑bis 小切手の支払に関する特殊な制度  264
  第鮴瓠‐談濃効・失権・利得償還請求権  266
   第a款 手形・小切手上の権利の消滅時効  266
   第b款 失権・利得償還請求権  269

 第B章bis 支払を担保する諸制度
  第饑瓠ー蠏噌坩戮砲茲觧拱Г涼簡檗 271
   第a款 支払拒絶に拠る遡求・合同責任  271
   第b款 為替手形の引受・手形行為独立の原則  274
   第b款bis 手形(小切手)保証、小切手の支払保証、参加支払・参加引受  280
  第鮴瓠ー蠏然阿遼[Т愀犬砲茲觧拱担保  282
   第a款 手形資金・利得償還請求権  282
   第b款 (荷為替信用状の利用)  283

 第C章 手形・小切手上の法律関係の移転
  第饑瓠[⊇顱柄軅-正裏書-特殊の裏書)  283
  第鮴瓠[⊇餔奮阿諒法による有価証券上の法律関係の移転  292

第己圈ー蠡骸蠏阻‐切手法
 第A章 手形金請求訴訟・小切手金請求訴訟
  第饑瓠…名錣糧酬莠蠡海砲ける手形金・小切手金請求訴訟  295
   第a款 総説、変造と立証責任  295
   第b款 裏書の連続の要件と効果、裏書不連続手形による請求 善意取得  300
  第鮴瓠ー蠏疏幣戞小切手訴訟  306
  第鸚瓠ー蠏噌格枩限の法理とその例外  306
 第B章 その他の手続と手形・小切手
  第饑瓠仝示催告手続  316
  第鮴瓠‥飮此執行と手形・小切手  320
 第C章 抵触手形法・小切手法

第絞圈‥纏匍録債権
 第A章 電子記録債権制度の概要  323
 第B章 電子記録の種類と効果  325

 事項索引  331
 判例索引  339





プライバシーポリシー | お問い合わせ