ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > レクチャー民法学 債権各論 [第2版]

レクチャー民法学 債権各論 [第2版]
藤井俊二/宮 淳 著
レクチャー民法学 債権各論 [第2版]
発 行2019年10月20日
税込定価3,300円(本体3,000円)
判 型A5判並製
ページ数394頁
ISBN978-4-7923-2741-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

[目 次]

第2版のはしがき ...... i
はしがき ...... ii

Lecture 1 契約序論 ...... 1
機〃戚鵑箸浪燭 ...... 2
1.契約の意義(2)
2.契約の種類(2)
3.契約自由の原則とその修正(4)
4.約款による契約(5)
供〃戚鵑寮立 ...... 8
1.契約成立の前段階─契約締結上の過失(culpa in contrahendo)─(8)
2.申込みと承諾による契約の成立(10)

Lecture 2 契約の効力 ...... 16
機〃戚鵑遼楝療効力 ...... 17
供〜侈碍戚鷯紊虜通海砲ける牽連関係 ...... 17
1.総 説(17)
2.同時履行の抗弁権(18)
3.危険負担(25)
掘‖荵絢圓里燭瓩砲垢觀戚 ...... 27
1.第三者のためにする契約とは(27)
2.第三者のためにする契約の効果(28)
検〃戚鷯紊涼楼未琉榲勝雰戚鶲受) ...... 30
1.契約上の地位の移転の意義(30)
2.要件(31)
3.効果(31)

Lecture 3 契約の解除 ...... 33
機〃戚鵑硫鮟とは ...... 34
供〃戚鷁鮟と類似の制度 ...... 34
掘)…蟆鮟権 ...... 35
1.催告による解除(36)
2.無催告解除(39)
検_鮟権の行使 ...... 42
1.解除権行使の方法(42)
2.解除権の不可分性(43)
后)…蟆鮟の効果 ...... 43
1.原状回復義務(44)
2.原状回復の範囲(45)
3.第三者の保護(46)
4.損害賠償請求(49)
5.解除権の消滅(50)
此〔鹹蟆鮟 ...... 51
1.約定解除権の行使(51)
2.約定解除の効果(51)
3.約定解除権の消滅(51)
察_鮟契約(合意解除) ...... 52

Lecture 4 贈与・売買(1) ...... 53
機‖M ...... 54
1.贈与の意義および法的性質 (54)
2.贈与の効力 (54)
3.特殊の贈与 (56)
供’簀磧1) ...... 57
1.売買とは(57)
2.売買の成立(57)
3.売買の効力(61)

Lecture 5 売 買(2) ...... 66
機’篌腓侶戚麌堙合責任 ...... 67
1.売主の目的物契約適合性確保義務(67)
2.売買目的物の種類・品質・数量に関する契約不適合性 (67)
3.契約不適合の意味 (67)
4.追完請求権 (69)
5.代金減額請求権(70)
6.損害賠償請求権(72)
7.契約解除(73)
8.権利に関する契約不適合(74)
9.契約不適合責任の期間制限(76)
10.契約不適合責任と錯誤の関係(77)
11.競売の場合の特則(78)
12.債権の売主の担保責任(79)
13.担保権実行の際の費用償還(79)
14.契約不適合責任免除特約(79)

Lecture 6 売買(3)・交換 ...... 81
機ヾ躙韻琉榲 ...... 83
1.引渡し後の目的物の滅失・損傷(76)
2.売主の提供した物が受理されなかった場合(83)
供’禺腓竜遡 ...... 83
1.代金支払義務(83)
2.目的物引取義務(85)
掘’稾瓩 ...... 85
1.買戻しの意義(85)
2.買戻しと再売買の予約の有効要件(86)
3.対抗要件(88)
4.買戻権(88)
5.買戻権と予約完結権の行使(88)
6.買戻しの効果(89)
検仝魎 ...... 89
1.交換の意義(89)
2.効力(90)

Lecture 7 消費貸借・使用貸借 ...... 91
機‐暖饌濕 ...... 92
1.消費貸借の意義(92)
2.消費貸借の法的性質(92)
3.利息(94)
4.消費貸借の効力(94)
5.消費貸借の終了(95)
6.準消費貸借(96)
供〇藩兮濕 ...... 98
1.使用貸借の意義・性質(98)
2.使用貸借の効力(98)
3.使用貸借の終了(100)
4.使用貸借終了における貸主・借主の権利義務(102)

Lecture 8 賃貸借(1) ...... 105
機…詑濕擇琉婬繊性質 ...... 106
供〔泳‐紊猟詑濕擇板詑濕敍段緬 ...... 106
掘…詑濕擇寮立 ...... 109
1.賃貸借の目的物(109)
2.賃貸借の成立(110)
3.短期賃貸借(110)
検…詑濕擇慮力 ...... 111
1.賃貸人の義務(111)
2.賃借人の義務(116)

Lecture 9 賃貸借(2) ...... 124
機…村攜△梁亞暗効力 ...... 125
1.賃借権の対抗力(125)
2.賃貸人の地位の移転(126)
3.賃借権に基づく妨害排除請求権(129)
供…村攜△両渡・賃借物の転貸 ...... 130
1.賃借権の譲渡・賃借物の転貸とは(130)
2.賃借権の無断譲渡・賃借物の無断転貸(131)
3.適法になされた賃借権の譲渡・賃借物の転貸(133)
掘…詑濕擇僚了 ...... 136
1.存続期間の満了 (136)
2.解約の申入れ (137)
3.解除 (138)
4.賃借目的物の使用収益不能(140)
5.混同(140)

Lecture 10 賃貸借(3) ...... 141
機‖霖蓮Ψ物・農地の賃貸借特別法 ...... 142
1. 不動産賃貸借特別法の成立と展開(142)
供ー效麓擴繁,砲ける借地関係 ...... 145
1.借地権の種類(145)
2.借地権の存続期間(146)
3.借地権の対抗力(151)
4.地代等の増減額請求権(155)
5.建物買取請求権(157)
6.自己借地権(158)
7.借地条件の変更等(159)
8.定期借地権等(161)
9.一時使用目的の借地権(163)
10.平成4年8月1日前に設定された借地関係(163)

Lecture 11 賃貸借(4) ...... 165
機ー效麓擴繁,砲ける借家関係 ...... 166
1.借家権の対抗力(166)
2.借家権の存続期間と借家契約の更新(167)
3.定期建物賃貸借等(168)
4.賃料増減額請求権(170)
5.サブリース問題(170)
6.造作買取請求権 (171)
7.建物転借人の保護 (173)
8.借地上の建物の賃借人保護(173)
9.居住用建物賃借権の承継(174)

Lecture 12 雇用・委任 ...... 176
機仝柩 ...... 177
1.雇用の意義と成立(177)
2.効力(178)
3.雇用の終了(180)
供^冉 ...... 182
1.委任の意義(182)
2.委任の成立(182)
3.委任の効力(182)
4.委任の終了(186)

Lecture 13 請負 ...... 190
機\蘇蕕琉婬 ...... 191
供\蘇蕕寮立 ...... 191
掘\蘇蕕慮力 ...... 191
1.請負人の義務(191)
2.目的物の所有権の帰属(192)
3.仕事の滅失・損傷(193)
4.請負人の担保責任(契約不適合責任)(194)
5.注文者の義務(198)
検\蘇蕕僚了 ...... 199
1.仕事完成前における注文者の解除権(199)  
2.注文者の破産(200)

Lecture 14 組合 ...... 201
機〜塙腓琉婬 ...... 202
1.組合と組合契約(202)
2.組合と社団(202)
3.組合と区別されるべき団体(202)
4.組合契約の法的性質(203)
供〜塙腓寮立 ...... 204
1.組合契約による組合の成立(204)
2.組合契約の瑕疵(205)
掘〜塙腓龍般骸更 ...... 205
1.組合の内部的業務執行(205)
2.対外的業務(組合代理)(206)
検〜塙腓虜盪佐愀 ...... 208
1.組合財産の法的性質(208)
2.組合財産に対する組合員の物権的権利(208)
3.組合の債権(209)
4.組合の債務(210)
5.損益分配(211)
后〜塙膂の変動 ...... 211
1.組合員の変動と組合の同一性(211)
2.組合員の脱退(211)
3.組合員の加入・組合員の地位の譲渡(213)
此〜塙腓硫鮖兇叛胸 ...... 214
1.組合の解散(214)
2.組合の清算(214)

Lecture 15 寄託・終身定期金・和解 ...... 216
機ヾ鸞 ...... 217
1.寄託の意義(217)
2.寄託の成立(217)
3.寄託の効力(218)
4.寄託の終了(220)
5.特殊な寄託(221)
供―身定期金 ...... 222
1.終身定期金の意義(222)
2.終身定期金の効力(223)
掘]族 ...... 224
1.和解の意義と成立 (224)
2.和解の効力 (225)
3.示談と後遺症 (227)

Lecture 16 不法行為の基礎理論 ...... 228
機”塰々坩戮琉婬舛筏’ ...... 229
1.不法行為の意義と機能(229)
2.民事責任と刑事責任の分化(229)
供_畆裟嫻い般飢畆裟嫻 ...... 230
1.過失責任主義(230)
2.無過失責任主義(230)
3.危険責任主義と報償責任主義(230)
4.準無過失責任(中間責任)(231)
掘”塰々坩拈嫻い蛤通撹塒行責任 ...... 231
1.不法行為責任と債務不履行責任の相違(231)
2.請求権競合論(232)
検”塰々坩拈嫻い畔欷 ...... 233
1.責任保険(233)
2.補償制度(234)
3.社会保障(235)
后”塰々坩挧,旅渋 ...... 235

Lecture 17 故意または過失 ...... 237
機^貳姪不法行為の成立要件の概要 ...... 238
供_畆 ...... 239
1.主観的過失と客観的過失(239)
2.抽象的過失と具体的過失(240)
3.予見可能性と結果回避義務(240)
4.軽過失と重過失(244)
掘仝琉 ...... 244
検_畆困領証責任 ...... 245
后\嫻で塾 ...... 246
1.責任能力制度の意義(246)
2.未成年者(247)
3.責任弁識能力を欠く者(248)

Lecture 18 権利侵害と違法性 ...... 249
機仝⇒侵害論から違法性論への展開 ...... 250
1.権利侵害論(250)
2.違法性論の出現と相関関係説(251)
3.相関関係説の問題点と要件論の混乱(252)
供”塰々坩抛麒論の登場 ...... 252
1.絶対権・絶対的利益と相対権・相対的利益(252)
2.権利侵害類型と違法侵害類型(253)
掘仝⇒侵害類型─絶対権・絶対的利益とその保護 ...... 254
1.絶対的人格権と相対的人格権(254)
2.絶対的人格権の侵害(255)
3.物権ないし物権的権利の侵害(255)
検^稻/害類型─相対権・相対的利益とその保護 ...... 257
1.債権侵害(257)
2.営業上の利益侵害(258)
3.生活妨害(公害)(259)
4.相対的人格権の侵害(260)
后“鐃害利益の要保護性の程度 ...... 266
此^稻\阻却事由 ...... 267
1.正等防衛(267)
2.緊急避難(268)
3.社会的に妥当な行為(269)
4.被害者の承諾(270)
5.自力救済(270)

Lecture 19 損害の発生、因果関係、賠償範囲の画定 ...... 272
機‖山欧糧生 ...... 273
1.損害の定義(273)
2.財産的損害・非財産的損害と積極的損害・消極的損害(274)
供^果関係 ...... 274
1.因果関係の意義 (274)
2.因果関係の存否 (275)
3.因果関係の立証 (276)
掘’綵範囲の画定 ...... 278
1.相当因果関係説(278)
2.近時の有力説(279)

Lecture 20 不法行為の効果(1) ...... 281
機‖山嫁綵の方法 ...... 281
1.金銭賠償の原則(282)
2.原状回復(282)
3.差止め(283)
供‖山嫁綵請求権の主体 ...... 286
1.自然人・法人・胎児(286)
2.間接被害者(287)
3.生命侵害の場合の賠償請求権者(289)

Lecture 21 不法行為の効果(2) ...... 292
機‖山嫁綵額の算定 ...... 293
1.損害賠償額の算定方法(293)
2.損害賠償額の算定基準時(296)
3.弁護士費用(297)
4.過失相殺(298)
5.損益相殺(300)
供‖山嫁綵請求権の性質 ...... 302
1.相続性と一身専属性(302)
2.相殺の禁止(303)
3.消滅時効(303)

Lecture 22 特殊の不法行為 ...... 307
機‘端譴良塰々坩戮箸 ...... 308
供\嫻ぬ鞠塾麓圓隆篤諜遡骸埓嫻 ...... 308
1.監督義務者責任の意義(308)2.監督義務者・代理監督者(309)3.
監督義務者の709条責任(309)
掘〇藩兌埓嫻 ...... 310
1.使用者責任の意義(310)
2.使用者責任の成立要件(311)
3.賠償義務者(314)
4.求償関係(314)
5.注文者の責任(315)
検‥效蝋作物責任 ...... 315
1.土地工作物責任の意義(315)
2.土地工作物責任の要件(316)3.
賠償責任の負担者(317)
后‘以占有者の責任 ...... 318
1.動物占有者責任の意義(318)
2.動物占有者責任の要件(318)
3.賠償責任の負担者─占有者・保管者(319)
此ゞζ栄塰々坩 ...... 319
1.共同不法行為の意義(319)
2.共同不法行為の成立要件(320)
3.共同不法行為の効果(322)
4.加害者不明の共同不法行為(323)
5.教唆・幇助による共同不法行為(323)
6.競合的不法行為(324)

Lecture 23 特別法上の不法行為 ...... 325
機‘段緬‐紊良塰々坩 ...... 326
供々餡版綵法 ...... 326
1.国家賠償法の意義(326)
2.公務員の不法行為責任(326)
3.公の営造物責任(328)
4.賠償責任者(329)
掘ー動車損害賠償保障法 ...... 329
1.自動車損害賠償保障制度の意義(329)
2.運行供用者(330)3.
運行供用者責任の成立要件(331)
検\渋な責任法 ...... 332
1.製造物責任制度の意義(332)
2.製造物責任の成立要件(333)
3.賠償義務者(334)
4.請求権行使期間(334)
后ー魂仞嫻に ...... 335
1.失火責任法の意義(335)
2.重過失(335)
3.他の賠償責任との関係(335)

Lecture 24 事務管理 ...... 337
機〇務管理の意義 ...... 338
供〇務管理の成立要件 ...... 339
1.他人の事務を管理すること(339)
2.他人のためにする意思があること(340)
3.法律上の義務がないこと(340)
4.本人の意思および利益に適合すること(341)
掘〇務管理の効果 ...... 341
1.違法性の阻却 (341)
2.事務管理者の義務 (342)
3.本人の義務 (343)
4.事務管理の対外的効果(345)
検―犹務管理 ...... 346

Lecture 25 不当利得 ...... 349
機”堙利得の意義および類型 ...... 350
1.不当利得の意義 (350)
2.不当利得の性質 (350)
3.不当利得の類型 (351)
供^貳棉堙利得の成立要件 ...... 354
1.「受益」と「損失」(354)
2.受益と損失との間における因果関係(356)
3.法律上の原因がないこと(357)
掘‥祥冓訴権 ...... 359
検^貳棉堙利得の効果 ...... 361
1.現物返還と価格返還(361)
2.他の請求権との関係(361)
3.不当利得返還の範囲(362)
后‘端譴壁堙利得 ...... 366
1.非債弁済(366)
2.不法原因給付(366)

事項索引(370)
判例索引(377)





プライバシーポリシー | お問い合わせ