ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 伝統中国と近代法、人

伝統中国と近代法、人
松田美恵子 著
伝統中国と近代法、人
発 行2019年12月20日
税込定価7,700円(本体7,000円)
判 型A5判上製
ページ数330頁
ISBN978-4-7923-0654-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
[目 次]

はしがき
初出一覧
序章1

第一章 「近代法」と「人」と秩序
始めに  11
一 母性保護論争より見る個人と国家  12
二 「現実の人」と物語的主体  14
三 「現実の人」の経済学的追究  17
四 伝統中国の徳、礼、法  20
終わりに24

第二章 伝統中国の法と社会への一試論
始めに  27
一 滋賀理論からみた帝制中国の法と社会  29
二 滋賀理論以降の研究動向  38
三 帝制中国社会の「個」と私法  48
 1 治世観との関わりから 48 
 2 律との関わりから 51
終わりに  58

第三章 現代中国大陸民事裁判理論の課題と伝統中国法の視角
始めに  67
一 現代中国大陸の裁判制度と民事裁判理論  69
 1 裁判制度 69 
 2 高見澤説 72 
 3 王亜新説 76 
 4 季衛東説 81
二 日本の法理論よりみた現代中国大陸の民事裁判理論の課題  85
 1 裁判官の役割  87 
 2 当事者の意味  96  
 3 実体法規範の位置付け  98
終わりに  104

第四章 魯迅の描く「人」と法
始めに  121
一 魯迅の描く「人」  123
 1 始めに  123 
 2 魯迅の描く「人」  126
二 届かない「声」と「語り」、「傾聴」、「法の技法」  143
 1 魯迅〜フェミニズム〜「語り」、「傾聴」、「法の技法」  143 
 2 『交通死』に見られる届かない「声」  148
終わりに158

第五章 伝統中国の科刑原理と徳、礼、法についての予備考察
始めに  165
一 喜多、中村、川村報告の挙げる事例  166
二 四事例と律の科刑原理  169
三 徳、礼、法  179
終わりに  191

第六章 蘇力論文と「馬上法廷」を結ぶ「人」
始めに  197
一 蘇力論文と「馬上法廷」を結ぶ「人」198
 1 映画「馬背上的法庭」  199  
 2 蘇力「崇山峻?中的中国法治―従電影『馬背上的法庭』透視」  202
 3 蘇力論文の検討  206
終わりに  211

第七章 日本の法文化研究にみられる法意識と「近代」
始めに  217
一 『日本人の法意識』  217
二 川島武宜以後の研究  220
三 法意識に関わる研究  224
四 「近代化」に関わる研究  232
終わりに  236

第八章 『青鞜』論争から人と法へ
始め  に243
一 『青鞜』の論争  243
二 フェミニズムと法理論  252
終わりに  259

第九章 大正期の母性保護論争に見られる三つの論点
始めに  267
一 フェミニズムに関わる日本の女性たちの動き  268
二 母性保護論争  278
終わりに  287

第十章 法学に見られる経済学的視点と「権利」
始めに  295
一 「近代」の下での「権利」  298
二 戦後の「近代的土地所有権論」  303
三 近年の「権利」に関する新たな視点  306
終わりに  309

終章  313





プライバシーポリシー | お問い合わせ