ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 韓国刑法総論

韓国刑法総論
金日秀・徐輔鶴 著/斉藤豊治・松宮孝明 監訳
韓国刑法総論
発 行2019年12月20日
税込定価16,500円(本体15,000円)
判 型A5判上製
ページ数706頁
ISBN978-4-7923-5292-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
[目 次]

監訳者はしがき i
日本語版への序文 iii
主要参考文献 ix

第1編 刑法の基礎理論
第1章 刑法の基本概念…3
第1節 刑法の意義・内容・性格…3
機〃宰,琉婬繊 3
1定 義  3 
2形式的意味の刑法  3 
3実質的意味の刑法  3 
4秩序違反法  4
供〃宰,瞭睛董 5
1実体刑法  5 
2刑事訴訟法  6 
3刑執行法  6
掘仝渋綏宰ヽ悗粒愬貧請茵 6
1古典学派(旧派)の形成  6 
2近代学派(新派)の登場  7 
3学派の争いの意義  8
第2節 犯罪概念…9
機〃措暗犯罪概念  9
供ー村租犯罪概念  9
掘“蛤甞鞠袷蠍澆隆愀検 10

第2章 刑法の任務・機能・規範的性格・適用…13
第1節 刑法の任務…13
第2節 刑法の機能…14
機―説  14
供〕祝錨機能  14
掘ゝ制的(鎮圧的)機能  15
検(欷酖機能  15
后(歉稘機能  16
此〃觚譟 16
第3節 刑法の規範的性格…17
機) ̄彿欷遒里燭瓩侶宰ゝ定  17
供_掌正範としての刑法  17
掘々坩抖範と制裁規範  18
検ゞ愡澣範と命令規範  18
后”床禅範と決定規範  18
第4節 刑法の解釈と適用…19
機〃宰,硫鮗瓠 19
1解釈と包摂  19 
2解釈の事実  20 
3刑法解釈の方法  23 
4解釈と類推  23
供〃宰,了間的適用  24
1意 義  24 
2刑法上の規律  25 
3限時法の問題  27 
4白地刑法における時間的適用  30
掘〃宰,両貊蠹・人的適用  32
1意 義  32 
2立法の一般原則  32 
3わが刑法の場所的・人的適用  34

第3章 刑法の基本原則…39
第1節 刑法の法治国家的制限原則…39
第2節 罪刑法定原則…40
機〜軅癲 40
1意義  40 
2罪刑法定原則違反の法律効果  41 
3沿 革  41 
4四つの精神史的根源  41 
5罪刑法定原則の四つの原則  42
供〜無攜禁止の原則  42
1意味と制度的趣旨  42 
2遡及効禁止の原則の適用範囲  42
掘)[明確性の要求  48
1意味  48 
2制度の趣旨  48 
3具体的内容  49
検[狄篥用の禁止  51
1意味  51 
2制度の趣旨  52 
3適用範囲  53
后ヾ圭刑法適用の禁止(=成文法主義)  55
此,い錣罎訶正性の原則  56
1意義  56 
2評価  57
第3節 責任原則…58
機\嫻じ饗Г琉婬繊 58
供‘睛董 58
掘仝続Α 59
第4節 比例性の原則…60
機^婬繊 60
供ゞ饌療内容  60
1適切性の原則  60 
2必要性の原則  60 
3均衡性の原則  61
掘“耄秬の原則の適用範囲  61
第5節 行為刑法の原則…61
機々坩抃宰,慮饗А 61
供々坩拏垠宰,隆囘澄 62
掘ヾ躙鰻宰,療仂譟 62

第2編 犯罪論
第1章 犯罪体系論…67
第1節 犯罪行為の体系的基本概念…67
機々坩戞 67
供々柔要件該当性  67
掘^稻\  68
検〕責性  68
后,修梁床槌垣の条件  68
第2節 犯罪体系の発展および現状…69
機“蛤畭侶呂糧展  69
1古典的犯罪体系  69 
2新古典的犯罪体系  69 
3目的的犯罪体系  69 
4新古典的・目的的犯罪体系の統合体系  70
供)椽颪糧蛤畭侶蓮 71

第2章 行為論…73
第1節 序論…73
第2節 行為概念の機能…73
機ヾ靄寨彖任箸靴討竜’宗 73
供〃觜舁彖任箸靴討竜’宗 73
1体系的中立性の要求  74 
2実体概念性の要求  74
掘仝続ν彖任箸靴討竜’宗 74
第3節 各行為概念の内容とそれに関する批判…74
機ー然的・因果的行為概念  74
1意義  74 
2評価  75
供〔榲的行為概念  75
1意義  75 
2評価  76
掘ー匆馘行為概念  76
1意義  76 
2評価  77
検/由陛行為概念  78
1意義  78 
2評価  79
后〃襦]澄 79

第3章 構成要件論…83
第1節 構成要件の概念および種類…83
機ヽ鞠亜 83
供ー鑪燹 83
1不法構成要件(狭義の構成要件)  83 
2総体的不法構成要件  84
第2節 基本的構成要件と変形された構成要件…85
1基本的構成要件  85 
2加重的構成要件  85 
3減軽的構成要件  85 
4独自的犯罪  85
第3節 構成要件要素の区分…86
機ゝ述的・規範的構成要件要素  86
1記述的構成要件要素  86 
2規範的構成要件要素  86 
3両者の区別の実益  87
供―颪れた・書かれざる構成要件要素  87
1書かれた構成要件要素  87 
2書かれざる構成要件要素  88
第4節 構成要件要素…88
第5節 客観的構成要件要素…89
機^婬繊 89
供々坩拏臑痢 89
1自然人  89 
2法人  90
掘々坩抖丗痢 96
1意義  96 
2構成要件の類型  96
検(欷酲 ̄廖 97
1法益概念の意味  97 
2法益の種類  98 
3保護法益の単複による構成要件の類型  98
后々坩戞 99
1意義  99 
2構成要件の類型  99
此々坩戮亮蠱覆塙坩戮両況  101
1行為の手段  101 
2行為の状況  101
察〃覯漫 102
1意義  102 
2構成要件の類型  102
第6節 因果関係と客観的帰属関係…103
機―論  103
供^果関係論  104
1意義  104 
2因果関係が問題となる事例  104 
3因果関係論による解決方法  106 
4結論  115
掘ゝ甸囘帰属論  116
1原則論  116 2客観的帰属関係の尺度  117
第7節 主観的構成要件要素…124
機^婬舛よび沿革  124
供々柔要件的故意  124
1意 味  124 
2区別される概念  125 
3故意の体系的地位  126 
4故意概念の構成要素  127 
5未必の故意  128 
6故意の時点  133 
7故意の特殊形態  134
掘々柔要件的錯誤  140
1序説  140 
2故意の認識対象  140 
3構成要件的錯誤の適用  144 
4構成要件的錯誤の限界事例  148
検‘段未兵膣囘不法要素  156
1意義  156 
2特別な主観的不法要素の類型  157
第8節 不法構成要件における行為反価値と結果反価値…159
機―言  159
供〕論史的考察  160
1ヴェルツェルの人的不法論  160 
2一元的・主観的な人的不法論  161 
3不法における評価規範と決定規範  162
掘々坩挌寝礎佑鳩覯免寝礎佑瞭睛董 162
1行為反価値の内容  162 
2結果反価値の内容  162
検々坩挌寝礎佑鳩覯免寝礎佑竜’宗 163
第9節 構成要件該当性阻却事由…164
機ー匆馘相当性  164
供“鏗下圓両蟻  165
1問題の提起  165 
2了解と承諾の区別  166 
3適用範囲  169 
4承諾の表示・対象・時期・撤回  171 
5承諾者の洞察能力  172 
6承諾の代理の問題  173 
7承諾における意思の欠缺  173 
8承諾の存否に関する錯誤  174

第4章 違法性論…175
第1節 違法性の意味と機能…175
機^稻\の意味  175
供々柔要件該当性と違法性  175
掘^稻\と有責性  176
検^稻\と不法  177
后〃措暗違法性論と実質的違法性論  177
此ー膣囘違法性論と客観的違法性論  177
察^稻\の判断  178
1違法性判断の性格  178 
2違法性判断の対象  178 
3違法性判断の基準  179 
4違法性判断の方法  179 
5違法性判断の時期  180
第2節 違法性阻却事由の基本問題…180
機^稻\阻却事由の体系化問題  180
1問題の提起  180 
2体系化の試み  181
供^稻\阻却事由の競合  182
掘ー膣囘正当化要素  183
1必要性  183 
2主観的正当化要素の内容  183 
3主観的正当化要素が欠けている場合の法効果  185
検^稻\阻却事由の効果  187
1原則論  187 
2いわゆる可罰的違法性論  188
后^稻\阻却事由の概観  188
第3節 違法性阻却事由の客観的前提事実に関する錯誤…189
機^婬繊 189
供ゞ菠未垢戮概念  189
1違法性阻却事由の存在に関する錯誤  189 
2違法性阻却事由の限界に関する錯誤  
189 3二重の錯誤  190
掘ヽ慇癲 190
1消極的構成要件要素の理論  190 
2制限責任説1:構成要件的錯誤類推適用説  191 
3制限責任説2:法効果制限責任説  192 
4厳格責任説  192
検〃誅澄 193
第4節 正当防衛…195
機―説  195
1正当防衛の意義  195 
2緊急避難との異同  195 
3自救行為との異同  195
供\掬防衛の構造  195
掘\掬防衛の根拠  196
1個人権的根拠  196 
2社会権的根拠  196
検\立要件  196
1正当防衛の状況  196 
2防衛の意思と防衛行為  200 
3相当な理由のある行為(=防衛行為の必要性)  200 
4正当防衛の社会倫理的制限(=防衛行為の被要請性)  202 
5緊急救助(他人の法益のための正当防衛)  205 
6防衛の意思(主観的正当化要素)  205
后仝果  206
此仝力の及ぶ範囲  206
察_畩衙姫辧 206
次〆誤の問題  207
第5節 緊急避難…207
機―説  207
1緊急避難の意義  207 2正当防衛との異同  207
供ゞ杁淅鯑颪遼‥性質  208
1単一説  208 2二分説  208 3結 論  209
掘ゞ杁淅鯑颪寮掬化根拠  209
検ゞ杁淅鯑颪隆靄楾渋ぁ 210
后\立要件  210
1緊急避難の状況  210 
2避難の意思および避難行為  211 
3相当な理由のある行為の第1要素=避難の補充性  212 
4相当な理由のある行為の第2要素=避難の均衡性  212 
5相当な理由のある行為の第3要素=手段の適切性  217 
6避難の意思(主観的正当化要素)  218
此仝果  218
察_畩衄鯑顱 218
次〆誤の問題  219
第6節 自救行為…219
機―説  219
1自救行為の意義  219 
2正当防衛・緊急避難との区別  219
供ー救行為の法的性質  220
掘ー救行為の成立要件  220
1自救行為の状況  221 
2自救の意思と自救行為  223 
3相当な理由のある行為  224
検仝果  224
后_畩蠎救行為  225
此〆誤の問題  225
第7節 推定的承諾…225
機―説  225
1推定的承諾の意義  225 
2推定的承諾の法的性質  225
供/篦蠹承諾の類型  226
1被害者の生活領域内で利益の衝突がある場合(他人の利益のための場合)  226 
2行為者または第三者のための、被害者の利益放棄を推定しうる場合(自己の利益のための場合)  226
掘\立要件  227
1現実的な被害者の承諾と共通する要件  227 
2推定的承諾に固有の要件  227
検/該叉遡海蛤誤の問題  229
后仝果  230
第8節 正当行為…230
機―説  230
1意義  230 
2構造  231 
3正当行為の法的性質  231
供\掬行為の正当化的根拠  231
掘)[瓩砲茲觜坩戞 232
1意義  232 
2法令上求められる行為  232 
3法令上許される行為  235 
4その他法令による行為  239
検ゞ般海砲茲觜坩戞 239
1教師の懲戒行為および体罰  240 
2弁護士または聖職者の職務遂行行為  240 
3医師の治療行為  241 
4安楽死  242
后,修梁召亮匆饐鏥に反しない行為  243
1社会常規の意義  243 
2社会的相当性との区別  244 
3社会常規の機能  244 
4社会常規の判断基準  245 
5適用の対象  246
此仝果  250

第5章 責任論…253
第1節 責任の概念…253
第2節 責任論の基本問題…253
機\嫻い醗媚廚亮由  253
1意 義  253 
2決定論と非決定論  254 
3刑法の人間像  254
供〃宰‐紊寮嫻い販冤的責任  255
1法的責任  255 
2倫理的責任に対する批判  255 
3法的責任の限界  256
掘\嫻と獣如 257
1責任判断の対象  257 
2責任判断の基準  257
検〃沙責任と民事責任  258
第3節 責任理論上の責任概念…258
機/翰的責任概念  258
供ゝ範的責任概念  259
掘―秧莎範的責任概念  259
検(9臈責任概念  260
第4節 責任の理論学的構造…261
機\嫻す渋い領愕圈 261
供\嫻で塾蓮 263
1序  263 
2刑事未成年者  263 
3精神障害者  264 
4立証の問題  267 5
原因において自由な行為  268
掘\嫻し措亜文琉佞泙燭浪畆此法 275
1問題の提起  275 
2責任形式としての故意  275 
3責任形式としての過失  276
検”塰,琉媼院 277
1概念および体系的地位  277 
2不法の意識と故意との関係  277 
3内容  278 
4形態  279 
5不法の意識の排除  279
后ゞ愡澆虜誤  280
1意義  280 
2禁止の錯誤の対象と種類  281 
3禁止の錯誤の効果  282 4
刑法第16条の解釈  287
此〔叛媚由の不存在(適法行為の期待可能性)  288
1免責事由の基礎の理解  288 
2期待可能性  289 
3免責的緊急避難  292 
4過剰防衛  295 
5誤想過剰防衛  297 
6過剰避難  298 
7過剰自救行為  299 
8強要された行為  299 
9関連問題  302
第5節 特別な責任要素…306
機^婬繊 306
供ー鑪燹 306
1純粋主観的責任要素(心情要素)  306 
2限られた主観的責任要素  306 
3客観的な特別の責任要素(推定的責任要素)  307
掘ゞ饌療適用  307
1犯罪関与形態  307 
2責任故意  307 
3錯誤  308

第6章 客観的処罰条件・人的処罰条件…309
機―説  309
供ゝ甸囘処罰条件  309
掘/妖処罰条件  309
1意義  309 
2種類  310 
3効果  310
検〜幣拆魴錙 310

第7章 過失犯論…311
第1節 序論…311
機〃宰‐紊竜律  311
供_畆困粒鞠亜 311
1過失の意味・内容  311 
2過失の体系的地位  312
掘_畆困亮鑪燹 314
1認識なき過失と認識ある過失  314 
2通常の過失と業務上過失  315 
3軽過失と重過失  316
第2節 過失犯の不法構成要件…317
機ゝ甸囘注意義務違反  317
1注意義務の内容  317 
2注意義務の判断基準  317 
3客観的注意義務の根拠  319
供々柔要件的結果の発生  320
掘^果関係と客観的帰属  320
検ー膣囘構成要件要素  321
后ゝ甸囘注意義務の制限原理  321
1許された危険  321 
2信頼の原則  322
検“鏗下圓両蟻  325
1要件及び法律上の取り扱い  325 
2適用上の制限  326
第3節 過失犯の違法性…326
機^貳霧饗А 326
1違法性の徴表  326 
2主観的正当化要素  326
供仝鎚姪な正当化事由  327
1過失犯における正当防衛  327 
2過失犯における緊急避難  328 
3許された危険の場合  328
第4節 過失犯の責任…329
機\嫻ね彖任旅柔  329
供\嫻で塾呂班塰,琉媼院 329
1責任能力  329 
2不法の意識  329
掘\嫻ち傍兒由の不存在  330
検ー膣囘注意義務違反(責任過失)  330
1意義  330 
2行為者の個人的能力  330
第5節 関連問題…331
機_畆哉箸量た襪閥θ函 331
供_畆哉箸龍ζ雲吉函 331
掘_畆困良垪邂挌函 331
第6節 結果的加重犯…332
機―説  332
1意義および種類  332 
2法的性質  333 
3立法態度  333 
4責任原則との調和  333
供々柔要件該当性  334
1基本犯罪行為  334 
2重い結果の発生  335 
3因果関係と客観的帰属  335 
4直接性の原則  336 
5予見可能性  337
掘^稻\  337
検〃覯姪加重犯の責任  338
后〃覯姪加重犯の正犯および共犯  338
1共同正犯  338 
2教唆犯・幇助犯  339
此〃覯姪加重犯の未遂  339

第8章 不作為犯論…343
機―論  343
1意義  343 
2不作為と作為の区別  343 
3不作為犯の種類  346
供”垪邂挌箸旅渋ぁ 348
1不作為犯に共通する構造  348 
2不真正不作為犯の特別な構造  349 
3一般的作為可能性に関する検討  349
掘”垪邂挌箸良塰々柔要件  350
1客観的構成要件要素  350 
2主観的構成要件要素  364
検”垪邂挌箸琉稻\  365
后”垪邂挌箸寮嫻ぁ 366
此”垪邂挌箸僚菷魁 366

第9章 未遂論…367
第1節 故意犯の時間的進行過程…367
第2節 未遂犯…368
機〔た襪粒鞠亜 368
供〔た詒箸僚菷該拠(本質論)  369
1客観説  369 
2主観説  369 
3折衷説・印象説  369
第3節 未遂の種類と内容…370
機‐祿果た襦紛控舛量た襦法 370
1意義  370 
2成立要件  371 
3処罰  376
供”塲縮た襦 376
1意義  376 
2成立要件  378 
3処罰  384
掘〇潴た襦 384
1意義  384 
2成立要件  386 
3処罰  392 
4関連問題  393
第4節 予備罪…394
機^貳姪考察  394
1意義  394 
2陰謀との区別  394
供〕夙罪の性格  395
1法的性格  395 
2予備罪の実行行為性  395 
3予備罪の正犯適格  396
掘〕夙罪の成立要件  396
1主観的成立要件  396 
2客観的成立要件  397 
3処罰規定の存在  398
検ヾ慙¬簑蝓 398
1予備罪の中止  398 
2予備罪の共犯  399 
3解釈上の問題  401

第10章 正犯および共犯の理論…403
第1節 序論…403
機“蛤甦慷新措阿叛吉箸よび共犯  403
供“蛤甦慷新措阿竜律方法  404
1正犯・共犯の分離方式  404 
2統一的正犯体系  404
第2節 正犯と共犯の区別…405
機\吉箸閥θ箸琉婬繊 405
供ゞ菠夢霆爐亡悗垢覲慇癲 406
1主観説  406 
2客観説  407 
3行為支配説  408 
4結論  409
第3節 正犯論の基本的理解…410
機\吉叛の基礎  410
1法定構成要件の問題  410 
2構成要件の審査  410
供\限的・拡張的正犯概念  416
1制限的正犯概念  416 
2拡張的正犯概念  417 
3両概念の対立の意義  417
掘\吉箸亮鑪爐箸修陵彖如 417
1行為支配  417 
2意思支配  418 
3機能的行為支配  418 
4身分犯・義務犯・自手犯の正犯要素  418
第4節 間接正犯…419
機^婬舛よび性質  419
1意義  419 
2性質  419
供\立要件  419
1構造  419 
2利用行為  425
掘―菷魁 427
1教唆または幇助の例による処罰  427 
2間接正犯の未遂の処罰  427
検ヾ慙¬簑蝓 428
1錯誤の場合  428 
2間接正犯の限界  429 
3特殊な間接正犯  431
第5節 共同正犯…431
機^婬舛よび本質  431
1意義  431 
2本質  432
供\立要件  433
1主観的要件  433 
2客観的要件  438 
3過失犯の共同正犯  442 
4不作為犯の共同正犯  448
掘―菷魁 449
第6節 合同犯…451
機々臚曳箸琉婬繊 451
供仝醜塰‐紊旅臚曳箸領磧 451
掘々臚曳箸粒鞠亜 451
1共謀共同正犯説  451 
2現場説  452 
3加重的共同正犯説  452 
4私見(現場的共同正犯説)  453
検々臚曳箸龍θ箸閥ζ雲吉函 454
1共犯の成立  454 
2共同正犯の成立  454
第7節 同時犯…455
機^婬繊 455
供ー鑪燹 455
掘\立要件  456
1行為主体・行為  456 
2時間的同一性の問題  456 
3場所的同一性の問題  457 
4客体の同一性  457 
5意思連絡の不在  457 
6原因行為の不明  458
検〃宰‐紊亮莪靴ぁ 458
第8節 共犯論の基本理解…459
機ゞθ箸僚菷該拠  459
1責任共犯説  459 
2不法共犯説  459 
3惹起説  459 
4結論  461
供ゞθ箸僚沼粟  461
1序説  461 
2従属性の程度  462 
3共犯従属性の帰結  462
掘”要的正犯および共犯  463
1意義  463 
2種類  463 
3共犯規定の適用  464
第9節 教唆犯…466
機ゞ戯業箸琉婬舛塙渋ぁ 466
1意義  466 
2構造  467
供\立要件  467
1教唆者の教唆行為  467 
2被教唆者の実行行為  469
掘ゞ戯兇虜誤  470
1実行行為の錯誤  470 
2被教唆者に対する錯誤  472
検―菷魁 472
后ヾ慙¬簑蝓 472
1予備・陰謀の教唆  472 
2教唆の教唆  472 
3教唆の未遂  473
第10節 幇助犯…474
機「鷭犯の意義と構造  474
1意義  474 
2構造  474
供\立要件  474
1幇助犯の幇助行為  474 
2正犯の実行行為  477
掘―菷魁 478
検ヾ慙¬簑蝓 478
1幇助犯と錯誤  478 
2幇助の幇助、教唆の幇助および幇助の教唆  478 
3共犯と不作為  479
第11節 正犯・共犯と身分…479
機―説  479
供/畔の意義および分類  480
1身分の意義  480 
2身分の分類  482
掘〃宰‖33条の解釈論  484
1基本的な立場  484 
2刑法第33条本文の解釈  485 
3同条但書の解釈  486 
4要約  488 
5必要的共犯と身分に関する規定の適用  488
検‐旦謀身分と共犯  489
1違法性阻却的身分と共犯  489 
2責任阻却的身分と共犯  490 
3刑罰阻却的身分と共犯  490

第3編 罪数論
第1章 罪数論総論…495
第1節 罪数論の意義…495
第2節 罪数決定の基準…495
機ヽ慇發慮酋掘 495
1行為標準説  495 
2法益標準説  495 
3意思標準説  496 
4構成要件標準説  496
供〆畤決定の一般理論  496
1問題点  496 
2罪数決定の一般理論  497
第3節 数罪の処罰…499
機(参兵腟繊 499
供_箪甜腟繊 500
掘ゝ杣主義  500

第2章 法条競合…501
第1節 法条競合の意義…501
第2節 法条競合の種類…501
機‘段夢愀検 501
供(篏軸愀検 502
1意義  502 
2種類  502
掘ゝ杣関係  503
1意義  503 
2種類  503
検‖魄豐愀検 506
第3節 法条競合の処理…507

第3章 一 罪…509
第1節 具体的な犯罪類型による一罪の検討…509
機ゞ控舛諒餝膂貂瓩了例の類型  509
供〃觜臠函 509
掘〃兮拡函 509
検\楝拡函 509
后]続犯  510
1意義  510 2連続犯が一罪になるための要件  511
此―弦臠函 513
1意義  513 2罪数論上の問題  513
第2節 一罪の法効果…514

第4章 観念的競合…515
第1節 意義…515
機ヽ鞠亜 515
供)楴繊 515
1問題の提起  515 
2数罪説の根拠  515
掘ヾ冉暗競合の種類  516
第2節 観念的競合の要件…516
機々坩戮涼碓貔  517
1一個の行為の意味(観念的競合における行為単一性)  517 
2実行の同一性  517
供/個の罪に該当すること  519
1異種の観念的競合と同種の観念的競合  520 
2特別法と観念的競合  520
第3節 観念的競合の法効果…521
1刑法第38条第2項の準用  521 
2法定刑の比較方法  521

第5章 併合罪…523
第1節 併合罪の意義…523
機^婬繊 523
供ー鑪燹 523
1同種の併合罪と異種の併合罪  523 
2同時的併合罪と事後的併合罪  524
第2節 併合罪の要件…524
機ー詑遼‥要件(数個の罪)  524
供〜幣挧‥要件  524
1同時的併合罪の場合  524 
2事後的併合罪の場合  525
第3節 併合罪の取扱い…526
機‘瓜的併合罪の取扱い  526
1吸収主義の適用  526 
2加重主義の適用  526 
3併科主義の適用  527
供〇後的併合罪の取扱い  528
1刑の宣告  528 
2刑の執行  528

第4編 刑罰論
第1章 刑罰の概念と本質…533
機〃哉海琉婬繊 533
供〃哉穫澄 534
1絶対説(応報論)  534 
2相対説(予防論)  534 
3折衷説  534

第2章 刑罰の対象と限界…535
1刑罰の対象  535 
2刑罰の限界  535

第3章 刑法の機能…537
1応報  537 
2一般予防  537 
3特別予防  538

第4章 刑罰の種類…539
第1節 序説…539
第2節 死刑…539
機^婬繊 539
1概念と本質  539 
2死刑犯罪の範囲  540 
3死刑の執行方法  540
供〇犒座固冢澄 541
1死刑廃止論  541 
2死刑存置論  541 
3結論  542
第3節 自由刑…543
機^婬繊 543
供仝醜垠宰‐紊亮由刑  543
1懲役  543 
2禁錮  544 
3拘留  544
掘ー由刑の問題点  544
1自由刑の単一化問題  544 
2短期自由刑の廃止問題  545 
3無期刑の違憲性問題  546
第4節 財産刑…546
機^婬繊 546
供仝醜垠宰‐紊虜盪嵯此 547
1罰金刑  547 
2科料  548 
3没収  549
第5節 名誉刑…553
機^婬舛髪莖廖 553
供〇餝柄喙此 553
掘〇餝閉篁漾 553
1意義  553 
2当然停止  553 
3宣告停止  554
第6節 刑の軽重…554
機―説  554
供〃困侶攴鼎隆霆燹 554

第5章 量 刑…557
第1節 量刑一般…557
機^婬繊 557
供[矛困琉貳姪過程  557
掘[矛困砲ける責任と予防  558
1量刑責任  558 
2量刑における予防  558 
3量刑理論  559
第2節 量刑の具体的過程…561
機〃哉海龍饌硫讐當  561
1法定刑  561 
2処断刑  561 
3宣告刑  561
供〃困硫箪邸Ω嵯據μ判  562
1刑の加重  562 
2刑の減軽  562 
3刑の免除  563 
4自首・首服  563
掘〃困硫淡採磧 564
1刑の加重・減軽の順序  564 
2刑の加重・減軽の程度および方法  565
第3節 量刑条件…567
機“反佑稜齢・性行・知能および環境  567
1年齢  567 
2性行  568 
3知能  568 
4環境  568
供“鏗下圓箸隆愀検 569
掘“塙圓瞭圧 手段と結果  569
検“塙垳紊両況  569
第4節 未決拘禁および判決の公示…570
機〔し莵感悄 570
供“酬茲慮示  571

第6章 累犯…573
第1節 序 説…573
機[瀏箸琉嫐  573
1概   573 
2常習犯との区別  573
供[瀏伐箪鼎琉齋問題とその根拠  574
1累犯加重の違憲性  574 
2累犯加重の根拠  574
第2節 累犯加重の要件…575
機ゞ懍以上の刑が宣告されたこと  575
供ゞ懍以上に該当する罪  576
掘〜鞍箸侶瑳更埆了または免除後3年以内に後犯があること  576
第3節 累犯の扱い…577
第4節 判決宣告後の累犯発覚…578
1意義  578 
2一事不再理の原則と抵触  578

第7章 刑の猶予制度…581
第1節 執行猶予…581
機―説  581
1意義  581 
2法的性質  581
供ー更塒瑛修陵弖錙 581
13年以下の懲役または禁錮の刑を宣告する場合  581 
2情状を参酌する事由があること  582 
3禁錮以上の刑の宣告を受けて判決が確定した後、その執行を終了し又は免除された後から3年が経過すること  582 
4再度執行猶予判決は可能であるか  583 
5一部執行猶予判決は可能か  585
掘”蘆管嫋魴錙 586
1保護観察  587 
2社会奉仕命令  587 
3受講命令  588
検ー更塒瑛修慮果  589
后ー更塒瑛修亮左と取消  590
1執行猶予の失効  590 
2執行猶予の取消  590
第2節 宣告猶予…591
機―説  591
1意義  591 
2法的性質  591
供\觜靈瑛修陵弖錙 591
11年以下の懲役や禁錮、資格停止または罰金の刑を宣告する場合  591 
2改善の情状が著しいこと  592 
3資格停止以上の刑を受けた前科がないこと  592
掘”蘆管嫋魴錙 592
検\觜靈瑛修慮果  593
后\觜靈瑛修亮左  593

第8章 刑の執行…595
第1節 刑罰執行の意義…595
第2節 仮釈放…595
機―説  595
1意 義  595 
2法的性質  596
供_昭疂の要件  596
掘_昭疂の期間および保護観察  597
検_昭疂の効果  597
后_昭疂の失効・取消  597
1仮釈放の失効  597 
2仮釈放の取消  598 
3仮釈放の失効および取消の効果  598

第9章 刑の時効・消滅・期間…599
第1節 刑の時効…599
機^婬繊 599
供〇効期間  599
掘〇効の効果  600
検〇効の停止と中断  600
1時効の停止  600 
2時効の中断  600
第2節 刑の消滅・失効・復権・恩赦…601
機〃困両談如 601
供〃困亮左および復権  601
1制度的意義  601 
2刑の失効  601 
3復権  602 
4裁判手続  602
掘_玄蓮 603
1意義  603 
2法的性質  603 
3目的  604 
4種類  604
第3節 刑の期間…605
機ヾ間の計算  605
供〃佐の起算  605

第10章 保安処分…607
第1節 概念および本質…607
1概念  607 
2本質  607
第2節 沿革および発展…608
1沿革  608 
2保安処分制度の発展  608 
3社会防衛  609 
4アメリカにおける不介入の原則  610
第3節 現行法上の保安処分…611
機―説  611
供‐年法上の保護処分  611
掘(欷邊兒‥に関する法律上の保護観察処分  612
検(欷邊兒)‐紊諒欅遜菠  613
后ーN鉄童酲‐紊諒欅遜菠  613
此‘団衄蛤畆圓紡个垢覦銘崢廟彭纏卅置付着に関する法律による保安処分  614
察_板軻睨塾枠蛤瓩僚菷嚇に関する特例法による保護処分  615
次’篏娑鏡等の行為の処罰に関する法律による保護処分  615

韓国刑法典…617
事項索引…663




プライバシーポリシー | お問い合わせ