ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 保育者のための法学・憲法入門

保育者のための法学・憲法入門
高乗正臣 著
保育者のための法学・憲法入門
発 行2020年1月15日
税込定価1,980円(本体1,800円)
判 型B5判並製
ページ数156頁
ISBN978-4-7923-0657-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

[目 次]

はしがき
第1章 法とは何か1
1.日常生活と法1
2.法とは何か2
3.法と道徳との関係4

第2章 法の目的11
1.総 説11
2.具体的妥当性12
3.法的安定性16
4.両者の緊張関係20

第3章 わが国の法のしくみ25
1.総 説25
2.成文法25
3.不文法32

第4章 保育をめぐる法律問題35
1.園児の事故、ケガと保育者の責任35
2.保育者の勤務と労働問題38
3.保育所、幼稚園における事故の裁判例40

第5章 日本国憲法と教育・保育法規43
1.近代憲法の理念43
2.帝国憲法から日本国憲法へ44
3.日本国憲法の基本原理46
4.日本国憲法と教育・保育法規48

第6章 人権とは何か51
1.人権と基本権の意味51
2.人権の分類と性質52
3.人権の制約原理57

第7章 外国人の人権61
1.性質説と文言説61
2.政治活動の自由と参政権62
3.公務員になる権利64
4.社会保障についての諸権利、その他65

第8章 子ども、未成年者の人権67
1.子ども、未成年者の人権保障とその制約67
2.パターナリズム(paternalism)による制約68
3.子どもの権利条約69
4.親の教育権と児童福祉法の改正71

第9章 新しい人権73
1.憲法13条と現代社会73
2.プライバシーの権利74
3.幼稚園・保育園における個人情報の保護77
4.プライバシーの権利と表現の自由との調整78
5.自己決定権80

第10章 私人間の人権問題83
1.私人相互間での人権侵害83
2.憲法の間接適用説84
3.三菱樹脂事件と日産自動車事件を考える86

第11章 法の下の平等89
1.法の下の平等の意味89
2.憲法14条と合理的差別90
3.最高裁判例の考え方92

第12章 自由に考え、表現する自由99
1.思想・良心の自由99
2.信教の自由と政教分離102
3.表現の自由106

第13章 最低限度の生活を営む権利109
1.生存権109
2.社会権の法的性質111
3.教育を受ける権利113

第14章 統治のしくみ―国会・内閣・裁判所117
1.国会の地位と権能117
2.内閣の地位と権能121
3.裁判所の役割124

第15章 天 皇133
1.天皇の地位133
2.皇位の継承134
3.天皇の権能136

保育判例 園児の踏切死亡事故と保育士の注意義務139
保育判例 園児の右眼裂傷事故と幼稚園(担任教員)の責任140
保育判例 園児の窒息死事故と幼稚園(担任教員)の責任141
保育判例 自由保育時間における園児の熱中症死亡事故142
保育判例 体調不良の園児に対する保育士の安全配慮義務143

事項索引145





プライバシーポリシー | お問い合わせ