ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > アメリカの憲法訴訟手続

アメリカの憲法訴訟手続
大林啓吾 編
アメリカの憲法訴訟手続
発 行2020年1月20日
税込定価8,800円(本体8,000円)
判 型A5判上製
ページ数384頁
ISBN978-4-7923-0655-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

{目 次]

はしがき i

第1章 連邦の裁判所制度と裁判管轄, 上訴制度 …… [会沢 恒] … 1
はじめに …… 1
機]∨の裁判所組織 …… 2
 1 憲法上の枠組み …… 2
 2 連邦最高裁 …… 5
 3 連邦高裁 …… 7
 4 連邦地裁 …… 11
 5 連邦裁判官の選任 …… 14
 6 連邦裁判官の身分保障と規律 …… 22
供]∨裁判所の管轄権 …… 25
 1 現行の管轄権の概要…… 25
 2 州裁判所から連邦裁判所への事件の移動…… 31
 3 議会立法による管轄権の制限・剥奪と拡張…… 34
掘‐總兵蠡 …… 40
 1 連邦高裁への控訴 …… 40
 2 連邦最高裁への裁量上告 …… 42
 3 その他の連邦最高裁への上訴 …… 54
検]∨最高裁の判断 …… 55
 1 判断形成 …… 56
 2 判決中の諸意見 …… 58
 3 先例拘束性と法の動態 …… 60
おわりに …… 62

第2章 憲法訴訟の手続と制度 …… [大林啓吾] … 63
はじめに …… 63
機〃法訴訟と救済 …… 65
供〃法的不法行為訴訟 ─損害賠償 …… 67
 1 1983条訴訟 …… 68
 2 憲法的不法行為の展開 …… 73
 3 憲法的不法行為における免責 …… 83
 4 憲法訴訟における憲法的不法行為訴訟の効果 …… 90
掘〆校濮幣 …… 92
 1 差止の種類 …… 93
 2 憲法訴訟における差止の効果 …… 95
 3 憲法訴訟における差止の展開 …… 96
検\觚静判決訴訟 …… 108
 1 宣言的判決の由来 …… 109
 2 宣言的判決の活用 …… 110
 3 差止と宣言的判決の異同 …… 113
后〃法訴訟手続の比較 …… 115
 1 憲法的不法行為訴訟,差止訴訟,宣言的判決訴訟の異同 …… 115
 2 個人負担の観点 …… 117
 3 憲法訴訟の狙いと憲法訴訟手続 …… 118
おわりに …… 119

第3章 具体的争訟 …… [小林祐紀] … 121
はじめに …… 121
 1 現況と課題 …… 121
 2 本章の目的 …… 124
機ゞ饌療争訟と起草者意思 …… 125
 1 連邦裁判所の創設 …… 125
 2 合衆国憲法3条2節の成立過程 …… 126
供〇件性の要件の目的と機能 …… 136
 1 Flast判決 …… 136
 2 Flast判決の分析 …… 138
 3 学説による批判 …… 140
掘〇件の構成要素 …… 142
 1 判例 …… 142
 2 学説 …… 145
おわりに …… 147

第4章 当事者適格 …… [盒倶一] … 151
はじめに …… 151
機.▲瓮螢合衆国における当事者適格法理の概要 …… 154
 1 憲法上の法理 …… 156
 2 司法政策上の法理 …… 159
 3 当事者適格に関する手続的問題 …… 160
 4 成熟性及びムートネスとの関係 …… 161
供‥事者適格法理の歴史的展開 …… 163
 1 英米の伝統 …… 163
 2 当事者適格法理の登場 …… 164
掘ゞ畴の法理の展開 …… 166
 1 法理の枠組みの展開 ─政策上の法理と憲法上の法理の分離,そして定式化 …… 167
 2 司法政策上の法理の解体 ─憲法上の法理への一本化 …… 168
 3 個別性要件の詳細化 ─納税者訴訟の文脈における「一般的不平」の憲法問題化 …… 170
 4 具体性要件の詳細化 …… 179
 5 時間性要件の詳細化 …… 183
検‥事者適格の役割に関する議論の変遷 …… 186
 1 当事者対抗性の確保─司法部内在的な問題としての当事者適格 …… 187
 2 司法部と政治部門の役割分担 …… 189
 3 執行権の保護 …… 191
后〇宛∧立が生み出した三権分立論─せめぎ合う3つの部門 …… 194
 1 議会権限に対する制約という帰結 …… 194
 2 判例法のダイナミクス …… 199
おわりに …… 202

第5章 口頭弁論 …… [菅谷麻衣] … 203
はじめに …… 203
機仝頭弁論制度の歴史 …… 206
供仝什澆慮頭弁論制度 …… 208
 1 口頭弁論が開かれる時期 …… 209
 2 口頭弁論が開かれる場合 …… 210
 3 口頭弁論手続 …… 213
 4 小括 …… 216
掘仝頭弁論の現状 …… 217
 1 口頭弁論の質 …… 217
 2 理想的な法廷弁論 …… 219
 3 裁判官の質問の意義 …… 222
検.▲瓮螢司法制度における口頭弁論の位置付け …… 224
 1 トーマス裁判官の“沈黙” …… 224
 2 口頭弁論の機能 …… 225
 3 口頭弁論の意義 …… 227
おわりに …… 229

第6章 政府側訴訟代理人としての司法長官・訟務長官 …… [緑 大輔] …… 233
はじめに …… 233
機〇碧…拘韻半挂劃拘 …… 234
 1 司法長官 …… 234
 2 訟務長官 …… 236
供]∨最高裁係属事件と訟務長官 …… 243
 1 訟務長官の手続上の機能 …… 243
 2 裁量上告と本案審理における訟務長官の存在感 …… 247
 3 訟務長官の裁量上告受理率・勝訴率の要因 …… 249
おわりに …… 255

第7章 アミカス …… [御幸聖樹] … 257
はじめに …… 257
機仝醜塰\度 …… 259
 1 要件 …… 259
 2 効果 …… 264
供[鮖 …… 264
 1 沿革 …… 264
 2 アメリカ連邦最高裁におけるアミカスの受容と変遷 …… 265
掘 ̄人 …… 270
 1 統計 …… 270
 2 主体 …… 272
 3 内容・形式 …… 273
 4 アミカスの権威 …… 275
検〕用性とその限界 …… 276
 1 アミカスによって顕出される立法事実の質について …… 276
 2 訴訟における当事者主義との関係について …… 278
おわりに …… 282

第8章 人身保護令状 …… [今井健太郎] … 285
はじめに …… 285
機/与畔欷郤蠡 …… 289
 1 連邦法の規定 …… 289
 2 聴聞前の手続 …… 290
 3 聴聞 …… 293
 4 上訴 …… 294
 5 2255条に関する手続 …… 295
 6 1996年の法改正 ─ AEDPA …… 296
供/与畔欷醂畩をめぐる動態 …… 298
 1 人身保護令状の歴史的展開 …… 298
 2 人身保護請求の増加 ─増大する裁判所の負担への対応 …… 300
 3 人身保護令状の停止 …… 301
 4 人身保護令状の手続置換と判例 ─適正で効果的な代替手段の法理 …… 302
 5 2006年軍事委員会法の制定と連邦最高裁の判断 …… 306
掘/与箸亮由の手続的保障の装置としての人身保護令状 ─裁判所へのアクセスの確保 …… 307
おわりに …… 312

第9章 軍事司法制度 …… [小池洋平] … 315
はじめに …… 315
 1 軍事司法制度の目的とジレンマ …… 315
 2 本章の目的 …… 317
機〃鎧司法制度に携わる人々 …… 319
 1 軍法務官 …… 319
 2 招集権限者 …… 320
 3 文民の弁護人 …… 320
供.▲瓮螢軍事司法制度の基本構造 …… 321
 1 概要 …… 321
 2 軍法会議 …… 322
 3 各軍刑事上訴裁判所 …… 324
 4 連邦軍上訴裁判所 …… 325
掘〃鎧裁判は「裁判」たり得るのか? ─連邦軍上訴裁判所に焦点を当てて …… 325
 1 連邦軍上訴裁判所における憲法訴訟の実態 ─「二重の危険」を巡る連邦軍上訴裁判所判決の検討 …… 326
 2 連邦軍上訴裁判所の本質的な役割 …… 330
おわりに …… 332

第10章 選挙法の憲法訴訟手続 …… [吉川智志] … 335
はじめに …… 335
機\度 …… 337
 1 選挙区割りをめぐる訴訟 …… 337
 2 連邦選挙運動法所定の憲法訴訟手続 …… 341
 3 2002年超党派選挙運動資金改革法をめぐる憲法訴訟 …… 345
 4 小括 …… 348
供 ̄人 …… 348
 1 選挙区割り …… 348
 2 選挙運動資金規制 …… 351
 3 小括 …… 356
掘〕論的動向 …… 356
 1 諸目標 …… 357
 2 改革案 …… 358
 3 若干のコメント …… 360
おわりに …… 361

事項索引 363
判例索引 367





プライバシーポリシー | お問い合わせ