ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法と精神医療 第34号

法と精神医療 第34号
法と精神医療学会 編
法と精神医療 第34号
発 行2020年3月1日
税込定価1,650円(本体1,500円)
判 型A5判並製
ページ数120頁
ISBN978-4-7923-5295-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
[目 次]

論説
精神科医療におけるインフォームド・コンセント ―日本・ドイツ刑法学における論議を中心に― (富山侑美)
刑事責任能力について ―その意義と判断― (箭野章五郎)

シンポジアム 峪碧,醗緡鼎力携による更生支援型刑事司法を考える:治療的司法の観点から」
シンポジアムの趣旨について (川本哲郎)
治療的司法とは何か (指宿 信)
治療の現場から (芦沢 健)
弁護士の立場から (菅原直美)

シンポジアム◆嵋務て擦砲ける指定入院医療機関の設置について」
シンポジアムの趣旨について (城下裕二・北潟谷仁)
指定医療機関が設置されていない不都合について ―弁護士の立場から― (磯田丈弘)
北海道における指定入院医療機関の設置について ―裁判所の立場から― (中桐圭一)
精神科医の立場から (三井信行)
北海道において医療観察法に基づく入院決定を受けた者の状況及び課題等 (澤下靖典)
北海道における医療観察病棟の開設について (田中央吾)

大会記事
法と精神医療学会規約





プライバシーポリシー | お問い合わせ