ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 第29号

犯罪と刑罰 第29号
刑法読書会 編
犯罪と刑罰 第29号
発 行2020年3月20日
税込定価1,980円(本体1,800円)
判 型A5判並製
ページ数120頁
ISBN978-4-7923-5302-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
犯罪と刑罰
第 29 号
〈特集〉捜査活動に対する法律による規律
特 集
特集「捜査活動に対する法律による規律」の企画趣旨  斎 藤   司 (1)
裸の強制処分法定主義
 ──刑事訴訟法197条1項の解釈試論─  中 川 孝 博 (5)
捜査法における明文規定の必要性とその規律の密度  緑   大 輔 (25)
「議会の自己決定義務」と「法律の留保原則」、そして「強制処分法定主義」
 の意義  斎 藤   司 (49)
法律の留保原則と強制処分法定主義
 ──憲法学の観点から  山 田 哲 史 (73)
行政法学から見た強制処分法定主義  原 田 大 樹 (93)
雑 報
刑法読書会の研究活動について  松 宮 孝 明 (109)
編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ