ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 社会保障法へのアプローチ

社会保障法へのアプローチ
―方法としての「ソモソモ」と「深掘り」―
久塚純一 著
社会保障法へのアプローチ
発 行2020年6月1日
税込定価3,190円(本体2,900円)
判 型四六判並製
ページ数268頁
ISBN978-4-7923-3398-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

イントロ―“「社会保障法ワールド」探検隊”のその後―………1
『この本』の「狙い」と「全体像」………7

第1部 アプローチの練習―「社会保障法」を使用しないで「問い」を続ける―………17

第1章 [「対象」に関する「問い」]の生成………21
 機 屏ああい砲弔い董廚箸い場合の「△△△」とは?(22)
 供 屏ああぁ廚乏笋蠹てたいという「欲望」(23)
 掘 屏ああぁ廚篭νされる?(24)
 検 龍νされる「△△△」]との関係での[△△△にしたい「コト」](25)
 后 屏ああい砲弔い董廚痢屏ああぁ廚箸呂匹里茲Δ冒呂蟒个気譴襦(26)

第2章 [「論理」に関する「問い」]の生成………27
 機 屐○○だから×××なのだ」というコト(28)
 供 崚え」が得られたように感じられる状態(29)
 掘 崛按鵝廚函峽誅澄廚箸隆愀検30)
 検 亮蠅貌れたい「結論(の内容)」=確定形]と「論理」(31)
 后ー蠅貌った「モノ」とは(32)

第3章 [「分類・整序」に関する「問い」]の生成………33
 機 屮灰譟廚「ココ」にあるコト(34)
 供 岼銘屐廚諒儔宗35)
 掘 屮灰譟廚諒冤董36)
 検 A さんにとっての「コレ」]と[B さんにとっての「コレ」](37)
 后 嵎類・整序」の実施(38)

第4章 [「解釈・理解・価値評価」に関する「問い」]の生成………39
 機 屬△訖佑らの文字の書かれた紙」が届けられた(40)
 供 嵋[Г両鯤犬僚颪れた紙」が届けられた(41)
 掘 痢峺譟廚函崗鯤検廖呂函屬△訖佑らの文字の書かれた紙」(42)
 検ヾ愀犬鼎韻蕕譟解釈される「対象物」(43)
 后 峅鮗瓠廚陵消呂里覆ぁ!「△△△」(44)

第5章 [「説明・表現・技術」に関する「問い」]の生成………45
 機 屬△訖佑慂源の書かれた紙」を届けた(46)
 供 屬△訖佑慄[Г両鯤犬僚颪れた紙」を配布した(47)
 掘 屬△訖佑悗諒源の書かれた紙」と「法律の条文の書かれた紙」(48)
 検 崟睫澄ι集宗廚気譴襦崑仂檗癖)」(49)
 后 崟睫澄ι集宗廚垢詆要などない!!「灰皿」は「灰皿」だ!!(50)
 「アプローチの練習」のための補足テーマ………51

第2部 「対象」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ〈わたしたちの「枠組み」によって表現されてしまう「対象」(「ソモソモ」)〉と〈システムとして存在しているモノとして自己規定してしまう「対象」(「深掘り」)〉―………53

第1章 導入―「社会保障法」に当てはめる「問い」………57
 機 崋匆駟歉稻 廚鬟▲廛蹇璽舛痢崑仂檗廚箸靴討い襪半里靴動戮気譴討い襯灰函58)
 供 痢崔蠑歸」な「社会保障法」]と[「具体的」な「社会保障関係法」](59)
 掘 崋匆駟歉稻 廚鬟▲廛蹇璽舛痢崑仂檗廚箸垢襪燭瓩防要になる「枠組み」(60)
 検 離轡好謄牴修靴拭崋匆駟歉稻 廖呂箸いΕ皀里「社会保障法」を「対象」とするコトはないのか(61)
 后.▲廛蹇璽舛痢崑仂檗廚箸覆辰討い襦崋匆駟歉稻 廚瞭鵑弔了僉62)

第2章 「観察する側」の設定した「枠組み」で捉えられ表現される「対象」………63
 機 崑仂檗廚鯢集修垢觝櫃防要となる「枠組み」(64)
 供 崑仂檗廚狼甸囘なモノとして存在しないのか(65)
 掘 痢崋匆駟歉磧廚縫ΕДぅ箸鮹屬い拭嶇帆箸漾廚派集修気譴襦崑仂檗廖呂函痢嵋 廚縫ΕДぅ箸鮹屬い拭嶇帆箸漾廚派集修気譴襦崑仂檗廖蓮66)
 検‐貪たり的な「枠組み」による「対象」の表現(67)
 后 崋匆駟歉稻 廚鯢集修垢襦嶇帆箸漾廖68)

第3章 [「システム」としてすでに存在している「モノ」]としての「対象」………69
 機 屮轡好謄燹廚箸靴涜減澆靴討い襦痢屮灰函廖Α屮皀痢廖蓮70)
 供 屮轡好謄燹廚箸靴涜減澆靴討い襦痢屮灰函廖Α屮皀痢廖呂箸靴討痢崑仂檗廖71)
 掘 屮轡好謄燹廚箸靴涜減澆靴討い襦痢屮灰函廖Α屮皀痢廖呂箸靴討痢崋匆駟歉稻 廖72)
 検 屮轡好謄燹廚任△襪ら、自身が自己を「対象」とする(73)
 后 痢屮轡好謄燹廚任△襦崋匆駟歉稻 廖呂任△襪里納己を「対象」とする(74)

第4章 [「観察する側」の設定した「枠組み」で捉えられ表現される「対象」]と[システムとしてすでに存在しているモノとしての「対象」]………75
 機 痢峇兒,垢訛Α廚寮瀋蠅靴拭嶇帆箸漾廚蚤えられ表現される「対象」]と[システムとしてすでに存在しているモノとしての「対象」]の同異(76)
 供 痢峇兒,垢訛Α廚寮瀋蠅靴拭嶇帆箸漾廚蚤えられ表現される「対象」]と[システムとしてすでに存在しているモノとしての「対象」]の併置(77)
 掘 峺帖垢両鞠Г箸いΕ灰函廚函峇兒ー圓梁崚戞廖78)
 検 痢崚合された一つのモノ」とするコト]と「観察者の態度」(79)
 后 辧痢峇兒,垢訛Α廚寮瀋蠅靴拭嶇帆箸漾廚蚤えられ表現される「社会保障法」]と[システムとしてすでに存在しているモノとしての「社会保障法」]〉についての研究者の態度(80)

第5章 「社会保障法」を「対象」とする試み………81
 機 嶇帆箸漾廚如崋匆駟歉稻 廚髻崑仂檗廚箸垢襯灰函82)
 供 痢峇愀犬里△蠅茲Α廚函崟嫻い里△蠅茲Α廖呂箸いΑ嶇帆箸漾廚如崋匆駟歉稻 廚髻崑仂檗廚箸靴討澆襦83)
 掘 痢峇愀犬里△蠅茲Α廚函岼媚廚里△蠅茲Α廖呂箸いΑ嶇帆箸漾廚如崋匆駟歉稻 廚髻崑仂檗廚箸靴討澆襦84)
 検 痢崟嫻い里△蠅茲Α廚函岼媚廚里△蠅茲Α廖呂箸いΑ嶇帆箸漾廚如崋匆駟歉稻 廚髻崑仂檗廚箸靴討澆襦85)
 后 痢峇愀犬里△蠅茲Α廚函崟嫻い里△蠅茲Α廚函岼媚廚里△蠅茲Α廖呂箸いΑ嶇帆箸漾廚如崋匆駟歉稻 廚髻崑仂檗廚箸靴討澆襦86)
 [「対象」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ]のための補足テーマ………87

第3部 「論理」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ―〈探究する私たちにとっての「論理」(「ソモソモ」)〉と〈「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「論理」](「深掘り」)〉―………89

第1章 導入―「社会保障法」に当てはめる「問い」………93
 機 痢崋匆駟歉稻 廚縫▲廛蹇璽舛垢襪半里靴動戮気譴討い襯灰函呂髻◆嶇斥(というモノ)」を手掛かりにして見てみる(94)
 供 痢崔蠑歸」な「社会保障法」にみられる「論理」]と[「具体的」な「社会保障関係法」にみられる「論理」](95)
 掘 崋匆駟歉稻 廚縫▲廛蹇璽舛垢襪燭瓩防要になる「論理」(96)
 検 離轡好謄牴修靴拭崋匆駟歉稻 彈体]が[「社会保障法」を「論理」化するコト]はないのか(97)
 后 離▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廖呂鯢集修垢襦嶇斥」(98)

第2章 探究する私たちにとっての「論理」(というモノ)………99
 機 崋匆駟歉稻 廖覆箸いΕ皀痢砲鯢集修垢觝櫃防要となる「論理」(100)
 供 痢崋匆駟歉稻 廚砲ける「論理」]は独立的なモノとして存在しないのか(101)
 掘 痢崋匆駟歉磧廚縫ΕДぅ箸鮹屬い疹豺腓痢嶇斥」]と[「法」にウェイトを置いた場合の「論理」](102)
 検 崙海出したい結論」と「論理」(103)
 后 崋匆駟歉稻 廖覆箸いΕ皀痢砲鯢集修垢襦嶇斥」(104)

第3章 「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「論理」]………105
 機 崋匆駟歉稻 廚函嶇斥」の関係(106)
 供 痢屮轡好謄燹廚箸靴討痢崋匆駟歉稻 廖呂貌睚颪気譴襦嶇斥」(107)
 掘 嶇斥」を内包する[「システム」としての「社会保障法」]とは(108)
 検 瞭伴の法としての「社会保障法」]と[「社会保障法」の「論理」](109)
 后 嶇斥」を手掛かりに「社会保障法」を表現する(110)

第4章 [探究する私たちにとっての「論理」(というモノ)]と「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「論理」]………111
 機 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢嶇斥」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「論理」]の存在(112)
 供 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢嶇斥」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「論理」]の関係(113)
 掘 峺帖垢両鞠Г箸いΕ灰函廚函峇兒ー圓梁崚戞廖114)
 検 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]についての「観察者の態度」(115)
 后 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]において、[探究する私たちの「位置」]はどのようなモノなのか(116)

第5章 「論理」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する………117
 機 痢嵎撒覿愡漾廖Α嵎撒訥汗亜廚鮟笋襦嶇斥」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(量化)(118)
 供 痢峪篥な責任」・「社会的責任」を巡る「論理」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(入院時)(119)
 掘 痢崘ぐ奸廖Α峩制」を巡る「論理」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(年金の任意加入)(120)
 検 痢崘蕊佞靴織灰函廖Α嵒要性」を巡る「論理」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(121)
 后 痢峪猖粥廖Α岼貎叛貘粟」を巡る「論理」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(122)
 [「論理」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ]のための補足テーマ………123

第4部 「分類・整序」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ―〈探究する私たちにとっての「分類・整序」(「ソモソモ」)〉と〈「社会保障法」によってなされる[「社会保障法」の「分類・整序」](「深掘り」)〉―………127

第1章 導入―「社会保障法」に当てはめる「問い」………131
 機 嵎類・整序」を手掛かりに「社会保障法」にアプローチすると称して為されているコト(132)
 供 痢崔蠑歸」な「社会保障法」にみられる「分類・整序」]と[「具体的」な「社会保障関係法」にみられる「分類・整序」](133)
 掘 崋匆駟歉稻 廚縫▲廛蹇璽舛垢襪燭瓩防要になる「分類・整序」(134)
 検 離轡好謄牴修靴拭崋匆駟歉稻 彈体]が[「社会保障法」を「分類・整序」するコト]はないのか(135)
 后 離▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廖呂鯢集修垢襦嵎類・整序」(136)

第2章 探究する私たちにとっての「分類・整序」(というモノ)………137
 機 嵎類・整序」されていると感じられる状態(138)
 供 崋匆駟歉稻 廖覆箸いΕ皀痢砲鯢集修垢觝櫃防要となる「分類・整序」(139)
 掘 嵎類・整序」は「社会保障法」とは独立的なモノとして存在しないのか(140)
 検 涼蠑歸な「社会保障法」の「分類・整序」]と[具体的な「社会保障関係法」の「分類・整序」](141)
 后 崋匆駟歉稻 廖覆箸いΕ皀痢砲鯢集修垢襦嵎類・整序」(142)

第3章 「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「分類・整序」]………143
 機 崋匆駟歉稻 廚函嵎類・整序」の関係(144)
 供 痢屮轡好謄燹廚箸靴討痢崋匆駟歉稻 廖呂貌睚颪気譴襦嵎類・整序」(145)
 掘 嵎類・整序」を内包する[「システム」としての「社会保障法」]とは(146)
 検 瞭伴の法としての「社会保障法」]と[「社会保障法」の「分類・整序」](147)
 后 嵎類・整序」を手掛かりに「社会保障法」を表現する(148)

第4章 [探究する私たちにとっての「分類・整序」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「分類・整序」]………149
 機 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢嵎類・整序」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「分類・整序」]の存在(150)
 供 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢嵎類・整序」](というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「分類・整序」]の関係(151)
 掘 嵎類・整序」についての「個々の承認というコト」と「観察者の態度」(152)
 検 嵎類・整序」が[「統合された一つのモノ」としてあるコト]についての「観察者の態度」(153)
 后 嵎類・整序」が[「統合された一つのモノ」としてあるコト]において、[探究する私たちの「位置」]はどのようなモノなのか(154)

第5章 「分類・整序」を手掛かりとして「社会保障法」を表現する………155
 機 痢峪篥な出来事」と「社会的な出来事」を巡る「分類・整序」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(156)
 供 痢嵒要性が生じる単位」を巡る「分類・整序」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(157)
 掘 痢崘齢」を巡る「分類・整序」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(158)
 検 痢崘ぐ奸廚函峩制」を巡る「分類・整序」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(159)
 后 痢嵒要性の発生」を巡る「分類・整序」]を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(160)
 「分類・整序」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチのための補足テーマ………161

第5部 「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ―〈探究する私たちにとっての「解釈・理解・価値評価」(「ソモソモ」)〉と〈「社会保障法」によってなされる[「社会保障法」の「解釈・理解・価値評価」](「深掘り」)〉―………165

第1章 導入―「社会保障法」に当てはめる「問い」………169
 機 峅鮗瓠ν解・価値評価」を手掛かりに「社会保障法」にアプローチすると称して為されているコト(170)
 供 痢崔蠑歸」な「社会保障法」にみられる「解釈・理解・価値評価」]と[「具体的」な「社会保障関係法」にみられる「解釈・理解・価値評価」](171)
 掘 崋匆駟歉稻 廚縫▲廛蹇璽舛垢襪燭瓩防要になる「解釈・理解・価値評価」(172)
 検 離轡好謄牴修靴拭崋匆駟歉稻 彈体]が[「社会保障法」を「解釈・理解・価値評価」するコト]はないのか(173)
 后.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚鯢集修垢襦峅鮗瓠ν解・価値評価」(174)

第2章 アプローチされる「社会保障法」と「解釈・理解・価値評価」する探究者―静態的位置関係から相互規定的動態的関係へ………175
 機 峅鮗瓠ν解・価値評価」されていると感じられる状態とは(176)
 供.▲廛蹇璽舛垢訛Δ砲箸辰討痢峅鮗瓠ν解・価値評価」(177)
 掘 峅鮗瓠ν解・価値評価」は「社会保障法」とは独立的なモノとして存在しないのか(178)
 検.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚函峅鮗瓠ν解・価値評価」する探究者(179)
 后.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚諒冤討函峅鮗瓠ν解・価値評価」する探究者―静態的位置関係から相互規定的動態的関係へ(180)

第3章 変容する「社会保障法」と「解釈・理解・価値評価」する探究者―相互規定的動態的関係………181
 機.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚函峅鮗瓠ν解・価値評価」する探究者の相互規定的動態的関係(182)
 供.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚変容するコト(183)
 掘ゝい付かないかもしれないが、「解釈・理解・価値評価」する探究者は変容している(184)
 検.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚諒冤討函峅鮗瓠ν解・価値評価」する探究者(185)
 后 離轡好謄爐箸靴討△襦崋匆駟歉稻 廖呂肇愁譴髻峅鮗瓠ν解・価値評価」する探究者(186)

第4章 [探究する私たちにとっての「解釈・理解・価値評価」(というモノ)]と「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「解釈・理解・価値評価」]………187
 機 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢峅鮗瓠ν解・価値評価」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「解釈・理解・価値評価」]の存在(188)
 供 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢峅鮗瓠ν解・価値評価」(というモノ)]と[「社会保障法」に内在する「社会保障法」の「解釈・理解・価値評価」]の関係(189)
 掘 峺帖垢両鞠Г箸いΕ灰函廚函峇兒ー圓梁崚戞廖190)
 検 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]についての「観察者の態度」(191)
 后 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]において、[探究する私たちの「位置」]はどのようなモノなのか(192)

第5章 「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する………193
 機 嵒郎ぁ廚鮟笋襦峅鮗瓠ν解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(194)
 供 峭睥霄圓陵彌蠧世両態」を巡る「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(195)
 掘 嶌О」を巡る「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(196)
 検 痢崛蔀屐廚ら「契約」へ]を巡る「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(197)
 后ー匆駟歉磴痢嵌駘僉廚鮟笋襦峅鮗瓠ν解・価値評価」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(198)
 「解釈・理解・価値評価」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチのための補足テーマ………199

第6部 「説明・表現・技術」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチ―〈探究する私たちにとっての「説明・表現・技術」(「ソモソモ」)〉と〈「社会保障法」によってなされる[「社会保障法」の「説明・表現・技術」](「深掘り」)〉―………203

第1章 導入―「社会保障法」に当てはめる「問い」………207
 機 崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚鮗螻櫃りに「社会保障法」にアプローチすると称して為されているコト(208)
 供 痢崔蠑歸」な「社会保障法」にみられる「説明・表現・技術」]と[「具体的」な「社会保障関係法」にみられる「説明・表現・技術」](209)
 掘 崋匆駟歉稻 廚縫▲廛蹇璽舛垢襪燭瓩防要になる「説明・表現・技術」(210)
 検 離轡好謄牴修靴拭崋匆駟歉稻 彈体]が[「社会保障法」を「説明・表現・技術」するコト]はないのか(211)
 后.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚鯢集修垢襦崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖212)

第2章 アプローチされる「社会保障法」と「説明・表現・技術」する探究者―静態的位置関係………213
 機 崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚気譴討い襪抜兇犬蕕譴訃態とは(214)
 供.▲廛蹇璽舛垢訛Δ砲箸辰討痢崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖215)
 掘 崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚蓮崋匆駟歉稻 廚箸脇販的なモノとして存在しないのか(216)
 検.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚函崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚垢訝亀羲圈217)
 后.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚諒冤討函崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚垢訝亀羲圈柔殿崚位置関係から相互規定的動態的関係へ(218)

第3章 変容する「社会保障法」と「説明・表現・技術」する探究者―相互規定的動態的関係………219
 機.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚函崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚垢訝亀羲圓料蠍澣定的動態的関係(220)
 供 崋匆駟歉禊愀犬遼仝従檗廚変容するコトと「社会保障法」が変容するコト(221)
 掘ゝい付かないかもしれないが、「説明・表現・技術」する探究者は変容している(222)
 検.▲廛蹇璽舛気譴襦崋匆駟歉稻 廚諒冤討函崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚垢訝亀羲圈223)
 后 離轡好謄爐箸靴討△襦崋匆駟歉稻 廖呂肇愁譴髻崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚垢訝亀羲圈224)

第4章 [探究する私たちにとっての「説明・表現・技術」(というモノ)]と「社会保障法」に内在する[「社会保障法」の「説明・表現・技術」]………225
 機 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖覆箸いΕ皀痢法呂函痢崋匆駟歉稻 廚貌盧澆垢襦崋匆駟歉稻 廚痢崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖呂梁減漾226)
 供 涼亀罎垢觧笋燭舛砲箸辰討痢崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖覆箸いΕ皀痢法呂函痢崋匆駟歉稻 廚貌盧澆垢襦崋匆駟歉稻 廚痢崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廖呂隆愀検227)
 掘 崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚砲ける「個々の承認というコト」と「観察者の態度」(228)
 検 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]についての「観察者の態度」(229)
 后 痢崚合された一つのモノ」としてあるコト]において、[探究する私たちの「位置」]はどのようなモノなのか(230)

第5章 「説明・表現・技術」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する………231
 機 崗子化」を巡る「説明・表現・技術」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(232)
 供 峪童虐待」を巡る「説明・表現・技術」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(233)
 掘 峽鮃」を巡る「説明・表現・技術」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(234)
 検 嵒郎ぁ廚鮟笋襦崟睫澄ι集宗Φ蚕僉廚鮗螻櫃りにして「社会保障法」を表現する(235)
 后 峺」と「私」を巡る「説明・表現・技術」を手掛かりにして「社会保障法」を表現する(236)
 「説明・表現・技術」を手掛かりにした「社会保障法」へのアプローチのための補足テーマ………237
エピローグ―探査機5号“[「ソモソモ」と「深掘り」]”の中で―………241
あとがき………249




プライバシーポリシー | お問い合わせ