ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ビギナーズ犯罪法

ビギナーズ犯罪法
守山 正・安部哲夫 編著
ビギナーズ犯罪法
発 行2020年6月20日
税込定価3,520円(本体3,200円)
判 型A5判並製
ページ数514頁
ISBN978-4-7923-5304-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目 次

 はしがき (i)
 法令略称 (iv)
第1講「犯罪法」総説 …… 1
1 犯罪法とは …… 1
1 犯罪法と刑法  (1)  2 犯罪法と刑罰法 (2)  
3 犯罪法の意義 (3)  4 犯罪法と特別刑法 (4)  
5 犯罪法と類似の視点 (6)  6 犯罪学の視点 (7)  
7 イギリス法 (8)
2 現代社会における犯罪法の意義 …… 9
1 犯罪法の時代 (9)  2 近年の犯罪法の事例 (10)
3 本書の構成 …… 13
1 犯罪の実態と犯罪法 (13)  2 犯罪類型 (13)
4 まとめ …… 21
第2講生命侵害に関する犯罪 …… 23
1 生命という法益の重要性 …… 23
1 生命侵害犯罪 (23)  2 結果的加重犯 (24)  
3 殺人に関する規定 (25)
2 生命の保護範囲 …… 26
1 人の意義 (26)  2 人の始期と人の終期 (27)  
3 人の始期の判定基準 (28)  4 人の終期の判定基準 (29)
3 生命を侵害する犯罪 …… 31
1 殺人罪 (31)  2 自殺関与罪・同意殺人罪 (35)
4 生命を侵害する犯罪 …… 38
1 傷害致死罪 (38)  2 危険運転致死傷罪 (39)  
3 過失致死傷罪 (42)
5 生命に対する危険を発生させる犯罪 …… 44
1 堕胎罪 (44)  2 遺棄罪 (47)
6 事例と解説 …… 49
第3講身体の安全に関する犯罪 …… 55
1 はじめに …… 55
2 暴力行為(暴行と傷害)の近時の動向 …… 56
3 暴行の意義 …… 58
4 傷害罪(傷害の意義) …… 60
5 胎児性傷害 …… 64
6 同意傷害 …… 65
7 現場助勢(206条)と同時傷害の特例(207条) …… 66
8 凶器準備集合・結集罪(208条の2) …… 67
9 暴力行為等処罰法 …… 68
10 事例と解説 …… 69
第4講行動の自由に関する犯罪 …… 73
1 行動の自由に関する犯罪とは …… 73
2 脅迫・強要罪(刑法222条, 223条) …… 74
3 逮捕・監禁罪(刑法220条) …… 75
4 逮捕・監禁の具体的事例 …… 77
5 略取・誘拐の罪(刑法224条以下) …… 78
6 人身売買罪(刑法226条の2) …… 80
7 労働搾取型人身取引と司法的救済 …… 83
8 事例と解説 …… 85
第5講性に関する犯罪 …… 89
1 性に関する犯罪 …… 89
2 性的自由ないし性的自己決定を侵害する犯罪類型 …… 92
3 性売買に関連する犯罪類型 …… 97
4 性的プライバシーを侵害する犯罪類型 …… 101
5 事例と解説 …… 103
第6講プライバシーと表現に関する犯罪 …… 109
1 現代社会における「秘密」「プライバシー」保護の意義 …… 109
2 表現の自由と刑事法 …… 110
3 刑法上の秘密に関わる犯罪 …… 111
1 信書開封罪(133条) (111)  2 秘密漏示罪(134条) (112)  
3 名誉毀損・侮辱罪(230条、231条) (113)
4 特別法上の秘密に関わる犯罪 …… 115
1 不正アクセス禁止法 (116)  2 個人情報保護法 (117)  
3 私事性的画像被害防止法 (120)
5 事例と解説 …… 122
第7講財産に関する犯罪 …… 127
1 「財産に関する犯罪」の基礎 …… 127
1 財産犯とは (127)  2 財産犯に関する基本概念 (128)
2 財産犯の分類 …… 129
1 客体(行為の対象)による分類 (129)  
2 行為態様による財物罪の細分類 (131)
3 窃盗罪(刑法235条) …… 134
4 奪取罪(窃盗罪、強盗罪、詐欺罪、恐喝罪)の保護法益 …… 135
5 不法領得の意思 …… 138
1 権利者排除意思と使用窃盗 (138)  
2 利用・処分意思と毀棄・隠匿目的 (139)
6 強盗罪(刑法236条) …… 140
7 強盗罪の派生類型 …… 143
1 強盗致死傷罪 (143)  2 事後強盗罪 (143)  
3 昏酔強盗罪 (145)  4 強盗・強制性交等罪 (145)
5 強盗・強制性交等致死罪 (146)
8 恐喝罪(刑法249条) …… 147
9 親族間の犯罪の特例 …… 151
10 盗犯等防止法 …… 152
11 事例と解説 …… 152
第8講財産に関する犯罪 …… 159
1 詐欺罪(246条) …… 159
2 詐欺罪が成立するための要件 …… 160
3 クレジットカードの不正使用と詐欺罪 …… 163
4 詐欺罪に関するその他の問題 …… 163
5 オレオレ詐欺に代表される特殊詐欺 …… 165
6 横領罪(252条) …… 165
7 遺失物等横領罪(254条) …… 167
8 事例と解説 …… 168
第9講公共安全に関する犯罪 …… 173
1 公共の安全の意義と危険犯 …… 173
1 伝統的な保護法益である公共の安全 (173)  
2 公共の安全の保護の変容 (174)  
3 社会の安全の確保と危険犯の意義 (175)
2 公共危険犯 …… 175
1 犯罪類型ごとの考察の必要性 (175)  
2 社会状況の変化と条文解釈・立法的対応 (176)
3 暴力団の取締り …… 177
1 暴力団とは何か (177)  
2 暴力団対策法と暴力団排除条例 (178)  
3 暴力団の現状と暴力団対策の課題 (179)
4 組織犯罪対策と公共の安全の確保 …… 180
1 組織的犯罪処罰法 (180)  2 犯罪収益対策の必要性 (180)
5 テロ対策 …… 181
1 戦後のテロ事象の変遷と法的対応 (181)  
2 オウム真理教事件とその対策 (183)  
3 テロ等準備罪─テロ対策と国際協調 (184)  
4 サイバーテロとその対策 (185)
6 公共の安全確保への法的対応のあり方 …… 186
7 事例と解説 …… 187
第10講交通に関する犯罪 …… 193
1 モータリゼーションと交通事故 …… 193
2 交通犯罪とは …… 197
3 自動車運転死傷行為処罰法 …… 200
1 法の変遷 (200)  2 自動車運転死傷行為処罰法 (202)  
3 危険運転致死傷・過失運転致死傷等の罪名別検挙人員 (206)
4 道路交通法上の犯罪 …… 208
1 道路交通法とは (208)  2 ひき逃げ (208)  
3 飲酒運転 (210)  4 無免許運転 (210)
5 その他の道路交通に関する犯罪 …… 211
1 道路運送車両法 (211)  2 保管場所法 (212)  
3 自動車損害賠償保障法 (212)
6 事例と解説 …… 213
第11講薬物に関する犯罪 …… 219
1 薬物犯とは …… 219
2 わが国における薬物の法的規制 …… 220
3 各種規制法 …… 221
1 覚せい剤取締法 (221)  2 麻薬及び向精神薬取締法 (224)  
3 大麻取締法 (227)  4 あへん法 (230)  
5 麻薬特例法 (230)  6 医薬品医療機器法 (231)
4 事例と解説 …… 232
第12講環境に関する犯罪 …… 239
1 環境犯罪の意義 …… 239
1 歴史的経緯 (239)  2 環境犯罪の類型 (242)
2 環境犯罪の現状と取締り …… 244
3 公害罪法 …… 246
1 立法の経緯と規定の内容 (246)  2 本法の適用対象 (248)
4 水質汚濁防止法 …… 248
5 廃棄物処理法 …… 249
1 法の基本的構造 (249)  2 罰則の概要 (250)  
3 検挙の状況 (252)  4 違反への対応 (252)
6 事例と解説 …… 253
第13講企業と経済に関する犯罪 …… 257
1 企業の経済活動と犯罪 …… 257
1 株主・会社債権者・投資家に対する犯罪 (257)  
2 事業活動に伴う犯罪 (258)  3 脱税・破産ほか (259)  
4 両罰規定 (260)
2 株主・会社債権者に対する犯罪 …… 261
1 取締役等の贈収賄罪 (262)  
2 株主等の権利行使に関する贈収賄罪・利益供与罪 (262)  
3 取締役等の特別背任罪 (263)  
4 会社財産を危うくする罪、預合い罪・応預合い罪 (263)
3 投資家に対する犯罪 …… 263
1 企業情報の開示を阻害する犯罪 (264)  
2 不公正取引の規制 (265)
4 市場競争を阻害する犯罪 …… 268
1 独禁法 (268)  2 入札談合 (269)  3 不競法 (270)
5 事例と解説 …… 272
第14講労働に関する犯罪 …… 277
1 労働者の権利 …… 277
1 日本国憲法と労働権 (277)  2 労働者の刑法的保護 (278)  
3 新たな問題領域 (279)
2 労働刑法における犯罪 …… 280
1 労働法分野の犯罪 (280)  
2 公務員の労働基本権と犯罪 (284)  
3 労働者の権利行使と刑法上の犯罪 (287)
3 外国人の不法就労 …… 289
1 在留資格 (290)  2 不法就労助長行為 (291)  
3 入管法の改正 (292)
4 事例と解説 …… 294
第15講風俗に関する犯罪 …… 297
1 風俗に対する犯罪 …… 297
1 刑法犯・特別法犯における風俗犯 (297)
2 刑法上の風俗犯罪 …… 298
1 社会的法益に対する性犯罪 (298)  
2 公然わいせつ罪(174条)・わいせつ物頒布等罪(175条) (300)
3 特別刑法上の風俗犯罪に対する規制 …… 302
1 風営適正化法 (302)  2 売春防止法 (304)  
3 児童買春・児童ポルノ禁止法 (307)
4 事例と解説 …… 310
第16講内乱・外患・国交に関する犯罪 …… 315
1 内乱・外患・国交に関する罪とは …… 315
2 内乱に関する罪 …… 315
1 内乱罪(刑法77条) (317)  
2 内乱予備・陰謀罪(刑法78条) (319)  
3 内乱等幇助罪(刑法79条) (319)
3 外患に対する罪 …… 323
1 外患誘致罪(刑法81条) (323)  
2 外患援助罪(刑法82条) (324)
4 国交に関する罪 …… 324
1 外国国章損壊等罪(刑法92条) (324)  
2 私戦予備及び陰謀罪(刑法93条) (327)  
3 中立命令違反罪(刑法94条) (329)
5 事例と解説 …… 329
第17講公職および政治活動に関する犯罪 …… 333
1 刑法上の公務員犯罪 …… 333
1 刑法における公務員犯罪処罰 (333)  2 職権濫用罪 (333)  
3 賄賂罪 (335)
2 あっせん利得処罰法違反 …… 338
3 国家公務員法・地方公務員法違反 …… 339
4 政治資金の授受の規制等に関する犯罪 …… 341
1 政治資金に関する犯罪 (341)  2 政党助成法違反 (344)
5 選挙犯罪 …… 345
1 選挙犯罪とは (345)  2 選挙犯罪の類型 (346)
6 事例と解説 …… 348
第18講公務に関する犯罪 …… 351
1 公務に関する犯罪とは …… 351
2 公務執行妨害罪 …… 352
1 公務執行妨害罪(95条1項) (352)  
2 職務強要罪(95条2項) (358)
3 強制執行妨害罪 …… 358
1 刑法改正について (358)  2 封印等破棄罪(96条) (359)  
3 強制執行妨害目的財産損壊等罪(96条の2) (360)  
4 強制執行行為妨害等罪(96条の3) (361)  
5 強制執行関係売却妨害罪(96条の4) (362)  
6 加重封印等破棄等罪(96条の5) (362)  
7 公契約関係競売等妨害罪(96条の6) (363)
4 偽証罪 …… 363
1 偽証罪(169条) (363)  
2 自白による刑の減免(170条) (365)  
3 虚偽鑑定等罪(171条) (365)
5 事例と解説 …… 365
第19講サイバー空間に関する犯罪 …… 371
1 サイバー犯罪、サイバー攻撃とサイバーセキュリティ …… 371
2 サイバー犯罪の多様化と深刻化 …… 373
3 サイバー犯罪の行為と刑罰法規 …… 376
1 マルウエアの投入 (376)  
2 サーバへの不正なアクセス (378)  
3 フィッシング行為 (380)  4 情報の不正入手 (381)  
5 情報システムの阻碍行為 (382)
4 サイバー犯罪の捜査・対応 …… 383
5 事例と解説 …… 385
第20講人種に関する犯罪 …… 389
1 人種に関する犯罪 …… 389
2 国際基準 …… 391
1 人種差別撤廃条約 (391)  2 自由権規約 (393)
3 各国の国内法整備 …… 394
4 国際裁判 …… 397
5 わが国の対応 …… 399
6 事例と解説 …… 404
第21講医療に関する犯罪 …… 409
1 医療の法的意義 …… 409
1 医療・医学とは何か (409)  
2 法概念としての「医業」・「医行為」・「医業類似行為」 (410)
2 行為者規制としての特徴 …… 412
1 医療従事者に対する刑事規制 (412)  
2 医療提供機関に対する刑事規制 (413)
3 一般的な臨床医療と犯罪 …… 413
1 医的侵襲行為の法的意義 (413)  
2 いわゆる「医療過誤」の問題 (414)  
3 チーム医療と刑事過失責任 (415)
4 確立された特殊な医療と犯罪 …… 416
1 人工妊娠中絶 (416)  2 臓器移植医療 (417)  
3 終末期医療 (418)
5 未確立の実験的医学研究と犯罪 …… 420
1 医薬品・医療機器の開発 (420)  2 再生医学研究 (420)
6 事例と解説 …… 421
第22講少年の福祉に関する犯罪 …… 427
1 福祉犯とは …… 427
2 子どもの性と尊厳を害する犯罪 …… 430
3 子どもの健康を害する犯罪 …… 433
4 子どもの生存そのものを害する犯罪 …… 435
5 事例と解説 …… 437
第23講親密領域に関する犯罪 …… 441
1 親密領域と法的介入 …… 441
1 「法は家庭に入らず」 (441)  2 親族相盗例 (441)  
3 「不介入主義」からの脱却 (442)
2 ストーカー規制法 …… 442
1 ストーカー規制法の成立 (442)  
2 ストーカー規制法の改正 (444)  
3 ストーカー規制法の概要 (446)  
4 ストーカー事案の現状と今後の課題 (451)
3 配偶者暴力防止法 …… 455
1 配偶者暴力防止法の成立 (455)  
2 配偶者暴力防止法の改正 (455)  
3 配偶者暴力防止法の概要 (456)  
4 DV事案の現状と今後の課題 (459)
4 事例と解説 …… 461
犯罪関連法令年表 …… 467
事項索引 …… 485


コラム一覧

1 受精卵の法的地位について …… 27
2 殺人事件の動向と量刑 …… 33
3 尊属殺人規定と憲法14条 …… 34
4 堕胎罪・母体保護法と国の人口政策 …… 45
5 217条と218条の遺棄概念について …… 48
6 水戸五中事件 …… 61
7 PTSDと傷害罪 …… 63
8 精神障害者とその家族をどう支援するか …… 76
9 強制わいせつ罪における性的意図 …… 94
10 「貞操」から「性的自由」へ …… 96
11 セックスワーク論 …… 100
12 月刊ペン事件 …… 114
13 ベネッセ個人情報流出事件 …… 119
14 死者の占有 …… 132
15 ひったくりと窃盗罪・強盗罪 …… 142
16 反抗抑圧後の財物取得意思 …… 142
17 居直り強盗と事後強盗罪 …… 144
18 権利行使と恐喝罪 …… 149
19 機械はだまされない…… 162
20 無銭飲食と詐欺罪 …… 162
21 窃盗罪と横領罪の区別 …… 167
22 不法原因給付と横領罪 …… 167
23 条文解釈における公共の危険の判断 …… 176
24 戦後の日本社会における暴力団の形成 …… 177
25 ボットネット対策 …… 185
26 第4次産業革命がもたらす自動運転社会 …… 199
27 戦争と薬物 …… 222
28 主要な規制薬物の薬理 …… 226
29 薬物犯罪と国連の活動 …… 231
30 公害国会と環境庁の設置 …… 240
31 水俣病刑事事件 …… 243
32 おからは産業廃棄物か …… 253
33 司法取引 …… 261
34 粉飾決算 …… 267
35 知的財産権と犯罪 …… 271
36 ハラスメント …… 279
37 事業主の処罰の態様 …… 283
38 判例の不利益変更 …… 287
39 女性器オブジェ・画像はアートか …… 301
40 5.15事件 …… 320
41 オウム真理教と内乱罪 …… 321
42 中華民国国章遮蔽事件 …… 326
43 IS戦闘員志願者と私戦予備・陰謀罪 …… 328
44 ホワイト・カラー犯罪と公務員犯罪 …… 341
45 政治献金と賄賂の違い …… 344
46 刑法における公務員とは …… 354
47 職務行為の適法性 …… 355
48 強制執行妨害罪の保護法益 …… 361
49 コインハイブ(coinhive) …… 377
50 秘密管理性と情報セキュリティ …… 382
51 PC遠隔操作事件 …… 384
52 ブルカ禁止法 …… 396
53 マイノリティへの害悪告知 …… 400
54 タトゥーを彫る行為は 「医行為」 か …… 411
55 医師による 「異状死」 の届出義務 …… 412
56 刑事医療過誤事件の動向 …… 415
57 臓器売買事件 …… 418
58 児童ポルノと有害図書(不健全図書) …… 432
59 家裁の福祉犯判決例(未成年者喫煙禁止法違反) …… 434
60 桶川事件とは …… 443
61 逗子事件とは …… 445
62 DVにおける暴力のサイクル …… 458




プライバシーポリシー | お問い合わせ