ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法の支配と法治主義

早稲田大学比較法研究所叢書47
法の支配と法治主義
岡田正則・紙野健二・高橋明男 編訳
法の支配と法治主義
発 行2020年3月31日
税込定価7,348円(本体6,680円)
判 型A5判上製
ページ数534頁
ISBN978-4-7923-0663-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

目  次


序  文

第吃堯),了拉曚繁ー9餡箸粒鬼
第  1  章 法の支配とは何であるか,それは何故重要なのか 3
モーティマー N. S.セラーズ(訳:荒木 修)
1.1 序 4
1.2 法の支配とは何であるか 5
1.3 法の支配は我々に何を命じているか 7
1.4 法の支配は何処から生まれてきたか 8
1.5 法の支配は何故に価値あるものなのか 10
1.6 法の支配を如何にすれば保障し得るか 12
1.7 実践的ないくつかの要求 14
1.8 法の支配にとっての例外 16
1.9 結論 18
第  2  章 法の支配と法治国原理の基礎について 20
ディートマール=フォン-デェァ・プフォーテン(訳:柴田尭史)
2.1 導入 20
2.2 法という形式 21
2.3 法の支配の倫理的な基礎づけ 29
2.4 法の支配と法治国原理が一致する核心 30
2.5 法の支配と法治国原理が分かれる具体的な適用 35
第  3  章 法治国家原理と法の支配の哲学的基礎 39
ステファン・キルステ(訳:高橋明男)
3.1 法の支配と法治主義の原理の共通の目指す地点 40
3.2 法の支配と法治国家原理の基礎 47
3.3 法的自由,法の支配,そして法治国家原理 54
第  4  章 法の支配(と法治国) 58
マルテイン・クリュギアー(訳:磯村篤範)
4.1 法と国家 60
4.2 恣意的な実力──非統制か無規則か 63
4.3 浅薄性か濃厚性か 67
4.4 解剖学か目的論か 72
4.5 法か社会法か 76
第  5  章 法哲学方法論としての法の支配論と法治国家論 82
ドミトリ・デドフ(訳:福重さと子)
5.1 理論的な問題 82
5.2 実際上の問題 88
5.3 結論 93
第  6  章 国家を超えた場面への法の支配の適用 95
マティアス・ケッター,グンナー・F・シュッペルト(訳:梶 哲教)
6.1 法の支配パラダイム 95
6.2 非国家的な法的仕組みへの法の支配概念の拡張 99
6.3 グローバルな尺度としての法の支配,国家を超えた場面ですらの,そして特にそのような場面での法の支配 112
6.4 結論 121
第  7  章 立憲主義のためのグローバルな規範としての法の支配 122
フランソワ・ヴェンター(訳:近藤卓也)
7.1 はじめに 122
7.2 基本原理の用法 123
7.3 法の支配から立憲主義へ 130
7.4 立憲主義の文脈における法の支配の本質 132
7.5 比較の第三項としての法の支配 138
7.6 結論と提案 140
第  8  章 憲法による権利の塹壕化と意思理論の不幸な結合
──ルソーからウォルドロンまで─ 142
アニセト・マスフェレール,アンナ・テイツリン(訳:人見 剛)
8.1 序言 142
8.2 国家の自己制限としての法治国家というイェリネックの概念 144
8.3 法の支配に関するダイシーの観念 150
8.4 意思理論の基礎 154
8.5 ウォルドロンの「民主的」実証主義
──ルソーのリバイバルか? 169
8.6 結論 173
第  9  章 法という測定基準
──国家からグローバルな場面に(そしてHamdanから
Al Jeddaに)至るまでの法の非手段的な側面── 175
ジャンルイジ・パロムベッラ(訳:前田定孝/岡田正則)
9.1 はじめに──法の支配そのものに内在する問題 176
9.2 合法性原理としての法の支配? 178
9.3 規範的・制度的な歴史 183
9.4 国家の外側において問題となる法の支配
およびその「実益」について 188
9.5 法の支配のダイナミックスとAl Jedda事件
(欧州人権裁判所)の教訓 193
第  10  章 法の支配,法治国家その他の国際的な法理
──その収斂と差異の言語上の諸側面─ 199
ユーリ・ア・シャランディン,ドミトリー・ヴェ・クラフチェンコ
(訳:中山 顕)
10.1 はじめに 200
10.2 定義上の問題 201
10.3 結論 207

第局堯),了拉曚繁ー9餡箸亡悗垢覲届静状況
第  11  章 自由,平等,適法性 211
T.R.S. アラン(訳:前田 萌)
11.1 導入 211
11.2 自由,平等および適正手続 216
11.3 議会主権,適法性,憲法上の権利 224
11.4 結論 230
第  12  章 ドイツにおける法治国家原理
──その始まりから今日までの展開── 232
パウル・ティーデマン(訳:岡田正則)
12.1 はじめに 233
12.2 形式的法治国家 235
12.3 実質的法治国家 248
12.4 社会的法治国家 256
12.5 「緑の」法治国家 259
第  13  章 比較的視点でみるドイツの法治国家 263
ライナー・グローテ(訳:川合敏樹)
13.1 19世紀におけるドイツの法治国家の起源 263
13.2 第2次大戦後の法治国家の変質 267
13.3 比較的視点でみるドイツの法治国家 274
第  14  章 法の支配というロシアの裁判法理─その後20年─ 283
ガジス・A・ガジーエフ(訳:安田理恵)
14.1 法の支配とその法理論──歴史的文脈 283
14.2 法の支配というロシアの裁判法理 292
14.3 新たな立憲主義 311
第  15  章 法とは土手道である
──比喩とロシアにおける法の支配── 314
ジェフリー・カーン(訳:竹中 浩)
15.1 はじめに 315
15.2 法の支配のための比喩 318
15.3 ロシアにおける法の支配という土手道 323
15.4 事例研究 大統領の人権評議会 330
15.5 結論 343
第  16  章 アメリカにおける憲法解釈と法の支配の実体的理解 347
ロビン・シャーロウ(訳:黒澤修一郎)
16.1 イントロダクション 348
16.2 法の支配と法治国家のパラレルな展開 350
16.3 決定要因としての文化 358
16.4 21世紀におけるアメリカの憲法上の権利と法の支配 360
16.5 結論 369
第  17  章 法による政府の樹立
──1776年から1779年にかけてのアダムズと
ジェファーソン── 371
ジェイムズR. マクセイナー(訳:永松正則)
17.1 序論 371
17.2 現代のコモンロー 375
17.3 立法者としてのアダムズとジェファーソン 383
17.4 アダムズによる憲法──マサチューセッツ州政府組織 385
17.5 ジェファーソンによる立法──ヴァージニア州の法による政府 390
17.6 結論 401
第  18  章 「法の支配」と「法治国家」──我々はどこから来たか,
そしてどこへ向かっているか── 402
ナディア・E・ネドゼル(訳:ペドリサ・ルイス)
18.1 はじめに 402
18.2 法の支配の歴史 405
18.3 法治国家─建国の父ではなく,建国の将軍 407
18.4 英米人と建国の父 414
18.5 法の支配の改革と司法の独立 420
18.6 経済的自由と法の支配 423
18.7 文化と自由 429
18.8 ロシア文化と法治国家 434
18.9 おわりに 436
第  19  章 中東における法の支配 437
フサイン・イスマイーリー(訳:高橋明男)
19.1 はじめに 437
19.2 中東における法の支配の現状 438
19.3 イスラム法と法の支配の現代的概念 440
19.4 法の支配の欠如の原因 445
19.5 中東における法の支配に対する現在のアプローチ 450
19.6 将来への展望 454
19.7 結論 456
第  20  章 ブラジルにおける法の支配の待望
──ブラジルの法の支配の不十分な実現についての
メタ法的な分析── 458
アウグスト・ツィンマーマン(訳:マルセロ・カルガノ/高橋明男)
20.1 はじめに 458
20.2 法の支配を定義する 459
20.3 合法性の文化としての法の支配 462
20.4 ブラジルにおける法律の非実効性 466
20.5 法律の社会的地位への服従 469
20.6 ブラジル国家の全能性 475
20.7 国家統制主義と汚職 477
20.8 結論 480
第  21  章 法の支配と国際連合 482
エドリック・セルース,ジョバンニ・バス(訳:村上正直)
21.1 基礎 482
21.2 国際的レベルおよび国内的レベルにおける法の支配 483
21.3 法の支配,平和と安全,人権および開発 485
21.4 法の支配と総会 488
21.5 法の支配と安全保障理事会 491
21.6 法の支配と国連システム 494
21.7 法の支配支援における調整の強化 495
21.8 結論 496

編訳者あとがき 497
索引 499
欧文目次 504
原著者(編者)紹介 507




プライバシーポリシー | お問い合わせ