ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不確実な時代の大学戦略

不確実な時代の大学戦略
―日本社会のグローバル化と大学の役割―
内田勝一 著
不確実な時代の大学戦略
発 行2020年12月10日
税込定価3,080円(本体2,800円)
判 型A5判並製
ページ数248頁
ISBN978-4-7923-6119-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はじめに i

第1章 不確実な時代でも確実なこと1
 1 不確実・不透明・不安定な時代でも確実なことは 1
 2 人口構造の変化 4
 3 グローバル化・全地球化の進展と独自性の保持 12
 4 科学技術の発展と制御 21

第2章 大学の発展段階と大学の三類型25
 1 大学の起源と3つの類型 25
 2 大学教育のユニバーサル化 38
 3 大学の多様性 40

第3章 大学の発展戦略 ―危機と希望の狭間で―43
 1 日本の大学の特徴 43
 2 戦略ということば 62

第4章 激しくなる世界の大学間競争69
 1 国民言語による高等教育の発展 69
 2 日本の科学技術力の失速 77
 3 大学における科学技術研究 83
 4 世界大学ランキング 87

第5章 国境を越える学生移動101
 1 国境を越える学生移動 101
 2 学生移動の現状 107
 3 留学生戦略のない日本 112

第6章 外へのグローバル化と内なるグローバル化129
 1 グローバル化の発展段階 129
 2 グローバルな大学 134
 3 グローバル人材とは 138

第7章 グローバル化とカリキュラム ―リベラルアーツと国際教養―149
 1 日本の大学の教育方法の特徴 149
 2 リベラルアーツ教育 156
 3 リベラルアーツとしての法学教育 166
 4 国際教養とはなにか 178

第8章 グローバル化した大学の研究・ガバナンス・財政191
 1 グローバル化の研究に及ぼす影響 191
 2 グローバル化と大学のガバナンス 205
 3 グローバル化と大学の財政システム 208

第9章 パンデミック後の社会と大学 ―新たな常態(New Normal)とは―215

 参考文献リスト 225
 事項索引 232
 
 




プライバシーポリシー | お問い合わせ