ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代欧州統合論

久留米大学法政叢書21
現代欧州統合論
―EUの連邦的統合の深化とイギリス―
児玉昌己 著
現代欧州統合論
発 行2021年3月25日
税込定価5,500円(本体5,000円)
判 型A5判上製
ページ数328頁
ISBN978-4-7923-3408-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次

はしがき

初出一覧

第1部 日本のEU認識―過去と現在

第1章 日本の近代化と欧州統合運動―外交官永富(鹿島)守之助の場合 2

 はじめに 2

第1節 日本の近代化としての欧米化と永富(鹿島)守之助 4

第2節 リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーと『パン・ヨーロッパ』 5

第3節 守之助のリヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーとの出会いと

『汎亜細亜運動と汎欧羅巴運動』 9

第4節 リヒャルトと守之助の国際政治認識の異同 12

第5節 守之助のその後 18

 結論 20

第2章 日本におけるEU認識とその問題 28

 はじめに 28

第1節 EUの画期性とEU認識の困難さ 30

第2節 翻訳の表題を通したEU認識の問題 42

第3節 原タイトルと一致しない翻訳書の表題の事例 44

第4節 危機に極度に影響を受けたわが国のEU関係書とEU認識 53

第5節 フランスの人口学者トッドの書の問題と日本語タイトルの異様さ 59

 結論 69

第2部 危機の中での欧州議会の権限強化

第3章 欧州議会選挙法改正案(二〇〇九年A・Duff草案)に見るEUの危機と

欧州連邦形成に向けた欧州議会統合推進派の対応 78

第1節 EUの危機と正統性が問われる欧州議会 78

第2節 欧州議会の発展と欧州議会選挙法の史的背景 84

第3節 欧州議会の正統性を脅かす投票率―改正法案の背景 91

第4節 二〇〇九年までの欧州議会選挙法と二〇〇九年の選挙法改正案 96

第5節 欧州議会選挙法改正案の欧州議会での審議状況 110

 結論 113

第4章 欧州議会議院規則の改正に見る欧州極右への欧州議会の対応 123

 はじめに 123

第1節 ヒトの自由移動とEUでの極右政党の進出の現状 125

第2節 欧州統合運動と極右の交差地点 130

第3節 リスボン条約と欧州議会及び欧州政党・院内会派 137

第4節 院内会派を規律する欧州議会議院規則 140

第5節 阻まれる極右 二つの事例 143

 結論 152

第3部 イギリスの議会政治へのEUの影響とEU離脱の始まりとしての国民投票

第5章 多党化する欧州議会選挙の英選挙区と二〇一〇年の英下院議会選挙

―欧州統合運動の英議会政治への影響 158

 はじめに 158

第1節 イギリスにおける選挙制度改革の動き 161

第2節 欧州議会選挙イギリス選挙区での比例制導入と多党化現象の加速 165

第3節 二〇一〇年の英下院議会選挙の経緯と結果 169

第4節 掘り崩される二大政党制 ブライトン・パビリオン選挙区における緑の党の選挙分析 177

第5節 欧州議会選挙実績に見るイギリスの二大政党の実力 180

 結論 181

第6章 連邦的な統合深化を拒絶したイギリス EU離脱を巡る二〇一六年の国民投票 187

 はじめに 187

第1節 EU条約五〇条の発動の時期とそれまでの推移 188

第2節 EU離脱の意味 190

第3節 Brexitの理由 連邦形成を深めるEUと理念を共有しない英国 195

第4節 英離脱の欧州議会へのインパクト ECRとEFDDの反EU・懐疑勢力縮減の可能性 199

 結論 200

第4部 欧州議会選挙と欧州委員会の成立 転倒する機関間関係と英のEU離脱

第7章 二〇一四年の欧州議会選挙と「筆頭候補制」(Spitzenkandidaten)による

ユンケル欧州委員会の成立 208

 はじめに 208

第1節 欧州議会選挙 結果の概観 209

第2節 反EU勢力のEU政治進出の条件と限界 EAFの院内会派形成失敗と薄氷のEFDD形成 214

第3節 EUの統治構造へのインパクト 筆頭候補制の導入 215

第4節 筆頭候補制の実践 主要欧州政党の党内「予備選挙」の実施 216

第5節 筆頭候補制への国家の側の逡巡 218

第6節 イギリスの抵抗と欧州理事会でのキャメロン首相の惨敗 219

第7節 欧州委員会の政治的中立性の問題と力を増す欧州議会 220

 結論 222

第8章 EU政治の主戦場としての欧州議会選挙 二〇一九年の選挙まで 228

 はじめに 228

第1節 欧州議会の発展 共同立法権者と代表民主主義の機関 229

第2節 BrexitのEU政治における意味と欧州議会への影響 230

第3節 問われる欧州議会の正統性と議院内閣制にむけた筆頭候補制(Spitzenkandidaten)導入 231

第4節 欧州議会における欧州政党・院内会派と筆頭候補制の動向 234

第5節 二〇一九年欧州議会選挙と右派ナショナリスト勢力の続伸予測 239

 結論 241

第9章 英のEU離脱、二〇一九年の欧州議会選挙結果、フォンデアライエン欧州委員会誕生 247

 はじめに 247

第1節 英のEU離脱の本質―EUの連邦化とEU法の拘束を嫌った英国 248

第2節 EU離脱の英国への影響 249

第3節 英のEU離脱のEUへの影響 251

第4節 欧州議会選挙結果とVDL委員会成立及び英のEU離脱後の欧州議会新勢力 253

第5節 筆頭候補制の中断とVDL委員長選出 議会公聴会 257

第6節 VDL委員会の組織改革とグリーンディールの推進 259

 結論 261

第5部 欧州連邦に接近するEU

第10章 「ハミルトン・モーメント」―EUの連邦的財政金融一体化への一歩としての

二〇二〇年コロナ復興基金 266

 はじめに 266

第1節 コロナ禍の世界的影響とEUへの影響 269

第2節 コロナ禍への欧州中央銀行(ECB)と欧州委員会の対応 271

第3節 復興基金創設への独仏首脳による二〇二〇年五月一八日の共同提案

―EUの「ハミルトン・モーメント」 276

第4節 フォンデアライエン欧州委員会による復興基金の新提案 283

第5節 シャルル・ミシェル欧州理事会常任議長の修正案と三つの抵抗勢力 287

第6節 二〇二〇年七月一七―二一日のマラソン欧州理事会 290

第7節 欧州議会の対応と払戻金減価問題 298

 結論 301

あとがき





プライバシーポリシー | お問い合わせ