ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 秩序形成の基本権論

秩序形成の基本権論
篠原永明 著
秩序形成の基本権論
発 行2021年3月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数310頁
ISBN978-4-7923-0683-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

はしがき(顱
初出一覧(鵝

序章 1
機)椽颪硫歛蝓1
 1 自由保障の意義の変化?(1)
 2 議論の枠組みの再検討の必要性(3)
供)椽颪旅柔 4
 1 第一部:「国家による秩序形成と指導原理としての自由」(5)
 2 第二部:「基本権規定の客観法としての規範内容の探究」(6)
 3 第三部:「『憲法上の権利』の導出」(7)

第一部 国家による秩序形成と指導原理としての自由
導入 11
 1 国家による「自由」の実現(11)
 2 我が国の議論とドイツの議論の親和性(12)
 3 我が国における批判的見解(13)
 4 第一部の課題(15)

第1章 国家による秩序形成と自由保障 18
機,呂犬瓩法18
 1 自由の実現に係る国家活動を巡る日独の議論(18)
 2 Carl Schmittの基本権論(19)
 3 本章の課題(21)
供ー由保障と国家活動 夙塾禝擇咫嵜祁晃」の議論 23
 1 連邦憲法裁判所の基本権の客観的価値秩序論(23)
 2 Konrad Hesseによる体系化(29)
 3 Peter Häberleの制度的基本権論(35)
 4 小括(40)
掘ー由保障と国家活動◆宗峙豬晃」による批判 41
 1 Ernst-W. Böckenfördeによる批判(41)
 2 Hans H. Kleinによる批判(49)
 3 小括(54)
検ー由保障と国家活動―論争の再検討 55
 1 論争における共通点(55)
 2 論争における対立点 宗崋由」の内容の変性?(59)
 3 論争における対立点◆酋饌療な権限配分のあり方(61)
 4 小括(63)
后,わりに 64
 1 文脈の共有可能性(64)
 2 次章以降の検討課題(66)

第2章 "指導原理"としての自由 69
機,呂犬瓩法69
供|畚形成の"指導原理"としての自由 70
 1 「原理」としての自由という理解(70)
 2 指導原理としての自由の性質(75)
掘Ernst-W. Böckenfördeによる批判 76
 1 客観的価値秩序の側面についての理解(76)
 2 客観的価値秩序の側面が憲法構造にもたらす諸帰結(78)
 3 二者択一的な問題設定(81)
 4 小括(82)
検ヾ蔽韻文‘ぁ83
 1 承前(83)
 2 憲法による秩序形成の方向付け(83)
 3 裁判国家化は必然か?(85)
后,わりに 87
 1 我が国の基本権論と指導原理としての自由(87)
 2 課題の設定(88)

第二部 基本権規定の客観法としての規範内容の探究
導入 93
第3章 内容形成の領分 96
機,呂犬瓩法96
 1 「介入に対する防御」と「基本権の内容形成」(96)
 2 議論の素材(98)
供ゝ範による構成100
 1 「規範による構成」とは(100)
 2 簡単な検討(104)
掘ゝ範による輪郭付与 106
 1 「規範による輪郭付与」とは(106)
 2 簡単な検討(112)
検ゝ範による具体化 117
 1 「規範による具体化」とは(117)
 2 簡単な検討(121)
后,わりに 124

第4章 基本権保護義務の成否 127
機,呂犬瓩法127
供_罎国における保護義務の論じ方 130
 1 保護義務論の狙い(131)
 2 保護義務の実現(133)
 3 保護義務の根拠(135)
 4 保護義務論に対する批判(140)
掘〃法論としての保護義務の成否 143
 1 保護義務を語る上での二つの関門(143)
 2 「価値」ないし指導原理としての自由(144)
 3 実定憲法上の法的義務としての保護義務(150)
検ー由の保護の論じ方 154
 1 承前(154)
 2 法律の解釈・適用の次元(155)
 3 立法の次元(156)

第5章 制度形成の統制 159
機,呂犬瓩法159
供\度形成の統制に関する幾つかの議論 161
 1 承前(161)
 2 妨害排除的・防御権的な構成を説く議論(162)
 3 立法者の作為義務を正面から問題にする議論(165)
掘\度形成の合憲性の判断枠組み 167
 1 承前(167)
 2 結果に着目した判断枠組み―Christian Bumkeの議論(168)
 3 判断過程に着目した判断枠組み―Sebastian Lenzの議論(170)
 4 検 討(172)
検_罎国における裁判例の展開 177
 1 承前(177)
 2 最高裁の採用する合憲性の判断枠組み(177)
 3 各判断枠組みの意義と課題(181)
后,わりに 185

第6章 親権制度の制度形成 187
機,呂犬瓩法187
供/童△抜靄榾6条2項・3項 189
 1 親権の法的性格(189)
 2 国家の義務(191)
 3 制度形成に関する諸要請(193)
掘ヾ道訖μ海亡陲鼎国家の関与の合憲性 195
 1 承前(195)
 2 子の保護のための国家の措置(195)
 3 合憲性の判断枠組み 醜餡箸隆慷燭膨餽海垢覺囘世ら(196)
 4 合憲性の判断枠組み◆醜餡箸隆慷燭鰺彑舛垢覺囘世ら(201)
検〃法24条の解釈論との比較 203
 1 子の監護及び教育をなす親の権限としての親権とその内容形成(203)
 2 ドイツと同様の判断枠組みは採用可能か?(206)
 3 憲法24条2項の下での合憲性の判断枠組み(207)
 4 その他の論点:補遺(212)
后,わりに 214
 1 共通点(214)
 2 相違点(215)

第三部 「憲法上の権利」の導出
導入 219
第7章 指導原理・客観法・憲法上の権利 222
機,呂犬瓩法222
供仝従の確認:指導原理としての自由 224
 1 私人間効力論(224)
 2 「公共の福祉」論(226)
 3 小括(228)
掘ー由保障の「私益」保護・境界設定モデルと指導原理実現モデル229
 1 自由保障の「私益」保護・境界設定モデル(229)
 2 自由保障の指導原理実現モデルの成立可能性(231)
 3 指導原理実現モデルの帰結(233)
検ヾ靄楔規定の規範内容を捉える観点 234
 1 承前(234)
 2 観点 醜餡箸伴匆颪慮限関係(236)
 3 観点◆週腸颪蛤枷十蠅量魍篳担(237)
 4 小 括(238)
后ヾ靄楔規定の客観法としての内容 239
 1 承前(239)
 2 客観法としての内容の確定 醜餡箸伴匆颪慮限関係という観点から(240)
 3 客観法としての内容の確定◆週腸颪蛤枷十蠅量魍篳担という観点から(241)
此〃法上の権利としての基本権 244
 1 承前(244)
 2 ドイツにおける「主観的公権」論(245)
 3 基本権を捉える視点(249)
 4 基本権の導出(250)
察,わりに 253

第8章 立法義務に対応した「憲法上の権利」の構想 254
機,呂犬瓩法254
供]帆箸澆量と達 255
 1 承前 (255)
 2 学説の状況(256)
 3 小括(258)
掘ゝ甸冕,箸靴討竜範内容 259
 1 憲法24条の客観法としての規範内容(259)
 2 憲法25条の客観法としての規範内容(261)
 3 小括(264)
検〃法上の権利の導出 伝統的見解から 265
 1 公権論の原初と「保護規範説」(265)
 2 状況の変化と現在の到達点(267)
 3 憲法上の権利の導出(270)
后〃法上の権利の導出◆Г發Π譴弔硫椎柔 272
 1 視座の転換(272)
 2 Johannes Masingの公権論(273)
 3 義務履行の統制と主観的公権(274)
 4 憲法上の権利の導出(275)
此,わりに 276

終章 279
 1 今日における自由保障の意義(279)
 2 基本権規定の客観法としての内容(282)
 3 「憲法上の権利」の導出とその機能(287)
 4 今後の課題(291)
 5 結語(293)

事項索引 295





プライバシーポリシー | お問い合わせ