ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 「法と経済学」の揺籃

新基礎法学叢書20
「法と経済学」の揺籃
菊地 諒 著
「法と経済学」の揺籃
発 行2021年3月31日
税込定価6,050円(本体5,500円)
判 型A5判上製
ページ数274頁
ISBN978-4-7923-0688-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》
はしがき     i

序     1
第1節 課題の設定     1
第2節 全体の構成     5

第1章 金メッキ時代の光と影     9
第1節 産業社会小史     9
 第1項 鋼鉄と蒸気     9
 第2項 泥棒男爵     14
第2節 社会ダーウィニズム小史     19
 第1項 適者生存     19
 第2項 サムナーの社会学     22
第3節 小括     27

第2章 ラヴレーの「法と経済学」     31
第1節 歴史学派     32
 第1項 自由と制約     32
 第2項 ドイツにおける議論     37
 第3項 イギリスにおける議論     41
第2節 経済学における新動向     48
 第1項 古典派と新動向の関係     48
 第2項 経済学の性質     53
 第3項 経済学とキリスト教     57
第3節 立法と経済学     58
 第1項 経済学の再定義     58
 第2項 民法と経済     61
第4節 小括     63

第3章 イーリー=ニューカム論争     67
第1節 イーリーの主張     69
 第1項 「古い学派」     69
 第2項 「新しい学派」     75
第2節 ニューカムの反論     79
 第1項 物理学のアナロジー     79
 第2項 物理法則のアナロジー     82
第3節 論争の再燃     83
 第1項 イーリーの再反論     83
 第2項 ニューカムの再々反論     88
 第3項 イーリーの再々々反論     91
第4節 小括     93

第4章 アダムズの「法と経済学」     97
第1節 レッセ・フェールの検討     98
 第1項 空位時代の訪れ     98
 第2項 科学から指針へ     101
 第3項 ケアンズに対する批判     103
第2節 産業社会の立法に関する原則     106
 第1項 自由競争の功罪     106
 第2項 第一の悪     108
 第3項 第二の悪     110
 第4項 第三の悪     115
 第5項 州の役割     117
第3節 法学と経済学の関係     120
 第1項 法学に注目する理由     120
 第2項 労働問題の解決     125
 第4節 小括     130

第5章 制度学派の登場     133
第1節 ヨーロッパからアメリカへ     135
 第1項 アメリカ経済学会の設立     135
 第2項 社会ダーウィニズムと歴史学派     141
第2節 ハミルトンの制度経済学     145
 第1項 経済理論とは何か     145
 第2項 第一のテスト     148
 第3項 第二のテスト     149
 第4項 第三のテスト     150
 第5項 第四のテスト     151
 第6項 第五のテスト     153
 第7項 プロセスの中の理論     154
第3節 小括     156

第6章 コモンズの取引分析     159
第1節 法学と経済学の関係     160
 第1項 希少性     160
 第2項 慣習     161
 第3項 主権     164
 第4項 将来性     165
 第5項 価値     167
 第6項 制定法の役割     168
第2節 法律関係論に基づく取引分析     170
 第1項 取引の当事者     170
 第2項 権威の下の取引     173
 第3項 ホーフェルドの応用     177
 第4項 権威的な取引     183
 第5項 集団的な権能     187
第3節 小括     191

第7章 法学と経済学の架橋     197
第1節 ルウェリンの「法と経済学」     198
 第1項 希少性の原則     198
 第2項 内規の効果     202
 第3項 法学と経済学の相互貢献     205
第2節 コモンズの「法と経済学」     209
 第1項 取引     209
 第2項 制度     212
 第3項 コモンズの公式     215
第3節 ヘイルの「法と経済学」     219
 第1項 強制の理論     219
 第2項 強制力の再分配     223
第4節 小括     226
おわりに     231

参考文献     239
人名索引     258
事項索引     261





プライバシーポリシー | お問い合わせ