ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 2020年東京オリンピックの変質

2020年東京オリンピックの変質
―コロナ禍で露呈した誤謬―
中村祐司 著
2020年東京オリンピックの変質
発 行2021年4月10日
税込定価2,970円(本体2,700円)
判 型A5判上製
ページ数136頁
ISBN978-4-7923-3411-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はしがき
初出一覧

第1章 東京延期のガバナンスプロセス
 1 近代オリンピック史上例のない延期   1
 2 ネットワークガバナンス、官僚制、周縁   3
 3 予定通りの開催への固執(2020年2月18日-2月28日)   6
 4 ガバナンス内の動揺(2020年3月1日-3月14日)   10
 5 ガバナンス内外の動揺(2020年3月15日-3月25日)   13
 6 政権主導による1年延期   19
 7 ガバナンス理論と東京五輪   23
 8 延期をめぐるガバナンスプロセスの変容   25

第2章 東京五輪延期の論点
 1 東京五輪延期と政策実施   27
 2 政策実施研究における類型、摩擦、ブランド化   28
 3 延期決定以前の論点   32
 4 延期決定以後の論点   35
 5 東京五輪をどうすべきなのか ―無観客試合を主軸に―   46

第3章 東京五輪の国家事業への変質
 1 大会の延期へ   53
 2 政策変更、PPP、協働ガバナンス   56
 3 協働メカニズム、参加型ガバナンス、スペシャリスト・ジェネラリスト   56
 4 感染防止策と簡素化が軸に   58
 5 コロナ対策・簡素化案の輪郭   60
 6 中止回避で政府・都・組織・IOCが一致   61
 7 追加費用、五輪会場・競技日程、入国緩和へ   63
 8 日程・会場・予選方式の確定   64
 9 感染症・熱中症対策、無観客回避   65
 10 コロナ対策、収入減、コスト削減   67
 11 選手強化、スポンサー、ホストタウン、追加費用   69
 12 不均衡な発言   70
 13 調整会議の設置   71
 14 変質の帰結   73
 15 東京五輪ネットワーク組織体   76

第4章 東京五輪の政府中枢による管理の特質
 1 コア・エグゼクティブとしての調整会議   81
 2 CPA、外部インセンティブ、スポーツ政策共同体   82
 3 批判・懸念・懐疑や期待・決意・希望の混在   85
 4 風向きの変化   90
 5 簡素化と五輪コロナ対策の輪郭   93
 6 簡素化の結末   95
 7 調整会議とIOCの後押し   96
 8 調整会議の特質   101

第5章 東京五輪変質の帰結
 1 招致活動とガバナンス変容   107
 2 東京五輪と復興五輪   108
 3 スポーツグローバル公共圏   109
 4 日中韓スポーツ・ガバナンス   110
 5 スポーツ省の設置提案   111
 6 新国立競技場建設問題   112
 7 東京五輪施設のコスト分担問題   113
 8 費用分担のガバナンス   114
 9 東京都の大会関連経費   116
 10 管理・統制五輪へ   117
 11 スポーツ団体ガバナンスの破綻   118
 12 スポーツ団体自治の終焉   119
 13 迷宮の大会経費   120
 14 競技施設の後利用問題   121
 15 東京五輪統治の歪み   122
 16 東京五輪の変質と誤謬   123





プライバシーポリシー | お問い合わせ