ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 裁判所と世界

裁判所と世界
アメリカ法と新しいグローバルの現実
大林啓吾・石新智規・樫尾 洵・小林祐紀・盒倶一 訳/スティーブン・ブライヤー 著
裁判所と世界
発 行2021年7月4日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判並製
ページ数392頁
ISBN978-4-7923-0690-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

訳者はしがき i
イントロダクション 1

第1部 過去は始まりにすぎない ―憲法,安全,人権 7
第1章 沈黙―キケロの“政治問題” 12
“法の沈黙” (12)  
“政治のやぶ” (16)

第2章 2つ目のアプローチ ―“大統領の勝利” 24
United States v. Curtiss-Wright Export Corporation判決 (24)
Korematsu判決 (30)  
Quirin判決 (37)

第3章 第3のアプローチ ―“膨張する大統領権限” 50
背景 (51)  
ストライキの脅威 (54)  
大統領の選択 (58)
裁判所の見解―下級裁判所 (62)
裁判所の見解―連邦最高裁判決 (64)  
その後 (72)

第4章 “自由裁量権の不在” ―グアンタナモ 81
背景事情 (83)  
Rasul判決とHamdi判決 (84)
Hamdan判決 (90)  
Boumediene判決 (91)
見解―諸判決 (94)  
含意―序章の先 (97)

第2部 国内で国外の問題を扱う ―アメリカの法律の海外における適用範囲 113
第5章 国際取引を規律すること 118
Empagran判決―独占禁止法 (120)
Intel判決―ディスカバリー (131)
Morrison判決―証券規制 (139)  
過去 (140)
現在―Morrison判決 (144)  
Kirtsaeng判決―著作権 (149)
考察 (158)

第6章 裁判所の扉を開くこと ―外国人不法行為法と人権 172
Filartiga判決 (172)
Filartiga判決の結末 ―法律の適用範囲を拡大すること (178)
諸問題 (182)  
連邦最高裁の解釈―Sosa判決 (191)
Sosa判決に続いて (195)  
Kiobel判決 (197)  
考察 (200)

第3部 海を越えて ―国際的合意 213
第7章 条約解釈 ―子供の監護 220
Abott事件 (222)  
Lozano事件 (228)

第8章 投資協定 ―仲裁 234
アメリカにおける背景事情 ―労働仲裁 (237)  
BG Group (242)
協定 (246)  
公序良俗 (248)

第9章 条約締結権限 ―構造 259
裁判権 ―Sanchez-Llamas事件とMedellin事件 (262)
Sanchez-Llamas事件(マリオ・バスティロの事案) (269)
Medellin事件 (275)  
立法権限―Bond事件 (283)
考察―法制定権限の委譲 (292)

第10章 追伸 ―独りぼっち 316

第4部 外交官としての裁判官 333
第11章 交流とその大いなる進展 338
ヨーロッパの分析 (339)  
アメリカの分析 (347)
手続 (350)

第12章 法の支配を進める 363

エピローグ 375
謝辞 379

索引 381





プライバシーポリシー | お問い合わせ