ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 公法・人権理論の再構成

公法・人権理論の再構成
後藤光男先生古稀祝賀
秋葉丈志・片上孝洋・平岡章夫・藤井正希 編集委員
公法・人権理論の再構成
発 行2021年12月1日
税込定価8,250円(本体7,500円)
判 型A5判上製
ページ数348頁
ISBN978-4-7923-0696-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


《目 次》

はしがき


永住市民の人権について ―後藤光男教授の所説を中心として―   藤井正希(1)

憲法秩序の保障について ―有倉遼吉博士の所説を中心として―   片上孝洋(17)

日本における抵抗権論 ―田畑忍博士の所説を契機として―   竹嶋千穂(41)

代表制のあり方と「一票の格差」論 ―原点からの再検討―   秋葉丈志(67)

解散権論再考   三浦一郎(93)

「多元主義」理論の歴史と「多極競合的人権理論」の概念   平岡章夫(133)

共生社会の成員としての権利と義務 ―ジョン・ロックの社会契約論の観点から―   片上孝洋(163)

ヘイトスピーチ規制の公法的研究   藤井正希(193)

刑法の域外適用と罪刑法定主義   渡邉卓也(223)

弁護士の自己規定 ―日独の比較―   大橋憲広(241)

源泉徴収制度の法律関係再考   奥谷健(265)

近現代日本のハンセン病政策史   西村淑子(297)



後藤光男先生 年譜・著作目録   (325)




プライバシーポリシー | お問い合わせ