ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 川端刑法学の歩み

川端刑法学の歩み
主客反照性の視角から
明照博章・今村暢好 編著
川端刑法学の歩み
発 行2022年2月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数324頁
ISBN978-4-7923-5351-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

はしがき   i

第一部 川端刑法学の歩み(概要)
 第一章 本書の趣旨   3
 第二章 本書の成果   12

第二部 川端刑法学の顕彰
 第一章 川端博先生による川端刑法学の省察   15
 第二章 川端博先生との対話を通じた川端刑法学の顕彰   66
 第三章 第三者による川端刑法学の顕彰   127

第三部 川端博先生の教育に関する顕彰
 第一章 川端博先生と余振華教授に聞く   179
 第二章 川端博先生の門下生からの質問   201

第四部 川端刑法学の歩みの意義づけ
 第一章 「昭和時代末期および平成時代の刑法学 ──自著を通して見る学説史の試み」補足   253
 第二章 刑法解釈学と刑事政策 ──川端刑法学の歩みの意義づけ   260

第五部 客観的指標としての川端刑法学の歩み

略歴・業績リスト   269

あとがき   313





プライバシーポリシー | お問い合わせ