ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法律行為法・契約法の課題と展望

法律行為法・契約法の課題と展望
磯村 保・後藤巻則・窪田充見・山本敬三 編
法律行為法・契約法の課題と展望
発 行2022年3月31日
税込定価16,500円(本体15,000円)
判 型A5判上製
ページ数720頁
ISBN978-4-7923-2783-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

 はしがき


事実錯誤(基礎事情錯誤)と民法95条2項の「表示」 ...... 山本敬三   1

フランス法における障害錯誤論─?錯誤における意思欠缺をめぐって─ ...... 山城一真   47

債権法改正と消費者契約法による承継 ...... 後藤巻則   71

表見代理における白紙委任状の機能と解釈 ─意思表示理論をその基礎として─ ...... 大澤慎太郎   93

処分行為と公示の関係 ─ALRにおけるius ad rem概念を手がかりとして─ ...... 大場浩之   131

契約としての保証 ...... 山本宣之   147

個人保証の成立要件と方式の概念 ...... 山野目章夫   173

債権譲渡における債務者の包括的抗弁放棄の効力 ...... 白石 大   195

契約類型の戦略的選択 ─Strategy of Contract Choice─ ...... 山本顯治   217

時効消滅した債権を自働債権とする相殺の抗弁と重複起訴の禁止 ...... 山本克己   245

競争排除としての独占交渉権 ─不作為の履行請求と差止請求─ ...... 上北正人   267

双務契約の法定解除の効果 ─損害賠償と併存可能な解除─ ...... 福田清明   295

解除権の権利行使期間と催告による解除権の消滅 ...... 鶴藤倫道   319

不当条項の内容規制と契約全体の考慮 ...... 野田和裕   349

他人物贈与における贈与者の義務と責任 ...... 潮見佳男   371

贈与者の契約不適合責任の課題と展望 ...... 田中 洋   409

契約不適合がある種類物が引渡し後に滅失・損傷した場合における危険の移転について ─改正民法567条1項括弧書きの存在意義─ ...... 渡邉   拓   433

売買契約の附款としての所有権留保 ─継続的売買の事例を中心に─ ...... 小山泰史   457

金銭消費貸借における損害賠償をめぐる問題についての覚書 ...... 窪田充見   481

サヴィニの金銭消費貸借論について ...... 守矢健一   511

借上げ公営住宅と契約法理 ─神戸市借上げ住宅訴訟を素材として─ ...... 鎌野邦樹   535

不動産賃料の前払とその対抗力 ...... 占部洋之   557

借地借家法における「建物所有目的」の意義 ...... 宮下修一   581

事務管理制度と土地所有権に対する制約─所有者不明土地問題を契機として─ ...... 秋山靖浩   609

不当利得法における使用利益返還義務と類型論 ─返還義務の対象とその算定基準の明確化─ ...... 油納健一   631

責任保険による故意不法行為の損害填補の可能性の検討 ...... 手嶋 豊   657

ドイツ民法におけるデジタル遺産─フェイスブック事件─ ......田中宏治   683

法律行為概念をめぐって ...... 磯村 保   703





プライバシーポリシー | お問い合わせ