ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 横領罪と背任罪の連関性

横領罪と背任罪の連関性
改正刑法假案の視座
林 弘正 著
横領罪と背任罪の連関性
発 行2022年5月16日
税込定価5,720円(本体5,200円)
判 型A5判上製
ページ数260頁
ISBN978-4-792-563-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

題言   iii
序論   1

第一章 明治初年から明治三〇年改正案に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性
 第一節 明治初年から改定律例に至る各法律の横領罪と背任罪の連関性   13
 第二節 明治一五年刑法に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性   37
 第三節 明治一五年刑法から明治三〇年改正案に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性   55

第二章 明治三四年改正案から明治四〇年刑法に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性
 第一節 明治三四年改正案から明治三五年刑法改正案に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性   69
 第二節 明治三九年刑法改正案から明治四〇年刑法に至る各草案の横領罪と背任罪の連関性   83

第三章 刑法改正事業における横領罪と背任罪の連関性の論議
 第一節 「刑法改正ノ綱領」に基づく刑法改正事業   97
 第二節 刑法改正起草委員会での横領罪と背任罪の連関性の論議   101
 第三節 刑法竝監獄法改正調査委員会総会での横領罪と背任罪の連関性の論議   124
 第四節 小括   136

第四章 戦後の刑法改正事業における横領罪と背任罪の連関性の論議
 第一節 改正刑法準備草案における横領罪と背任罪の連関性の論議   155
 第二節 改正刑法草案における横領罪と背任罪の連関性の論議   164

第五章 横領罪と背任罪の連関性に関する立法例とわが国の学説
 第一節 若干の立法例   209
 第二節 わが国の学説   221

結語   237
跋文   245





プライバシーポリシー | お問い合わせ