ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 社会秩序無価値説の構想

社会秩序無価値説の構想
中野正剛 著
社会秩序無価値説の構想
発 行2023年12月20日
税込定価2,970円(本体2,700円)
判 型A5判上製
ページ数122頁
ISBN978-4-7923-5409-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はしがき(iii)
収録論文初出一覧(vii)

序章 社会秩序無価値説の構想
 一 はじめに   1
 二 社会秩序無価値説について   3
 三 犯罪評価と違法性の実質についての管見   3
 四 犯罪評価にあたり注意しなければならないこと   5
 五 違法評価の局面について重要な事柄   6
 六 おわりに   10

第1章 オルトランの未遂犯論
 一 本章の目的と視点   11
  1 はじめに(11)
  2 オルトランとは何者か(12)
 二 なぜ国家は犯罪者を処罰する権力を持つのか? ―オルトランの国家刑罰権論(社会と犯罪者との間で交わされるダイアローグ)   14
 三 オルトランの未遂犯論   15
 四 未遂犯はなぜ処罰されなければならないのか? ―2つの結果=害悪(mal)の概念のもつ意義―   16
 五 未遂犯の量刑   17
 六 不能犯の構成   20
  1 客体の不能(21)
  2 方法の不能(21)
 七 おわりに   23
  1 不能犯論から、いえること(23)
  2 未遂犯の量刑論から、いえること(23)

第2章 不能犯論・覚書 ―末道書評を契機として―
 一 はじめに   27
 二 応答   29
  1 はじめに(29)
  2 不能犯における客観説と絶対的不能と相対的不能説(31)
  3 不能論的アプローチと危険論的アプローチ(33)
 三 オルトランの未遂犯論の研究から得られること   34
 四 「不能犯とは未遂犯の幻影である」オルトランの未遂犯論からみえる構図―不能犯論に関する覚書   35
  1 具体的危険説(36)
  2 客観的危険説(38)
  3 修正客観的危険説(42)
 五 私見   46
 1 客体の不能(46)
 2 方法の不能(47)
 3 主体の不能(50)
 六 むすびにかえて   51

第3章 不能犯論 ―客観的危険説を基点とした多元的不能犯論―
 一 はじめに   53
  1 不能犯とは何か(53)
  2 不能犯と実行の着手との関係(54)
  3 不能犯と既遂犯の関係(54)
  4 不能犯の判断(55)
 二 前章の要約(補遺)と本章の帰結   56
  1 前章で明示した不能犯の判断基準の要点(56)
  2 前章で示した不能犯の事例―保護される法益の欠如、定型性の欠如(58)
 三 応答   60
  1 問い(60)
  2 応答(61)
  3 再び問い(63)
  4 応答(64)
 四 私見の基本的な立場   64
  1 問題の所在──法益侵害説と規範違反説(64)
  2 法益侵害説と規範違反説とは万能か?(67)
  3 私見の立場──社会秩序無価値説の構想(68)
  4 不能犯の評価(71)
 五 具体的適用   74
  1 ①について―殺人罪(75)
  2 ②について―強窃盗罪、詐欺罪(76)
  3 ③について―建造物放火罪(78)
 六 まとめにかえて   78

第4章 期待可能性についての覚書 ―「法は不能を強いない」垂水補足意見を契機として―
 一 はじめに   81
  1 著者の問題関心(81)
  2 期待可能性と「法は不能を強いない」(83)
 二 期待可能性とは   84
  1 定義(84)
  2 期待可能性の体系的位置づけ(84)
  3 期待可能性と刑事立法(86)
  4 法は不能を強いない(87)
  5 期待可能性の理論を立てることへの疑問の提示(88)
 三 最高裁(大審院)判例の立場   89
 四 私見の立場   95
 五 おわりに   107





プライバシーポリシー | お問い合わせ