ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不法行為法における原因競合

不法行為法における原因競合
―共同不法行為論及び過失相殺論の研究―
松原 哲 著
不法行為法における原因競合
発 行2024年2月20日
税込定価8,250円(本体7,500円)
判 型A5判上製
ページ数376頁
ISBN978-4-7923-2803-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

はしがき 
第吃堯ゞζ栄塰々坩拵
第一章 フランスにおける共同不法行為論 3
 一 はじめに 3
 二 全部義務 4
 三 部分的因果関係論 6
 四 伝統的判例法理への復帰と新しい傾向 10
 五 まとめ 14

第二章 フランスにおける加害者不明の共同不法行為 21
 一 はじめに 21
 二 判例 22
 三 学説 38
 四 まとめ 54

第三章 二重轢過と共同不法行為責任 65
 一 はじめに 65
 二 東京地裁平成元年一一月二一日判決 66
 三 共同不法行為の成立と関連共同性 67
 四 二重轢過と共同不法行為責任 68
 五 一部連帯論について 73
 六 まとめ 74

第四章 原野商法関与者の責任 77
 一 はじめに 77
 二 悪質商法被害と不法行為構成 78
 三 原野商法関与者の責任に関する事例 81
 四 関与者の責任の法的構成 89
 五 まとめ 98

第五章 共同不法行為に関する牛山理論の意義 105
 一 はじめに 105
 二 牛山理論の骨子 106
 三 論争の背景と牛山理論の意義 110
 四 課題と展望 114

第六章 飲酒運転中の交通事故と飲酒運転関与者の責任 119
 一 はじめに 119
 二 研究 122

第七章 共同不法行為論の現在 143
 一 はじめに 143
 二 従来の議論 146
 三 困難な状況 156
 四 まとめ 178


第局堯_畆坐蟷ο
第一章 フランスにおける交通事故損害賠償の現代的展開 187
 一 はじめに 187
 二 伝統的法理 188
 三 新交通事故賠償法と因果関係 192
 四 新交通事故賠償法と過失相殺 196
 五 まとめ 203

第二章 フランス過失相殺論の形成 ―責任推定制度確立期における被害者のフォートについて― 209
 一 はじめに 209
 二 古典的議論 211
 三 責任推定制度の確立と被害者のフォート 214
 四 まとめ 220

第三章 フランス過失相殺論の変遷 229
 一 はじめに 229
 二 加害者のフォートに基づく責任 (民法典一三八二条、同一三八三条) と被害者のフォート 230
 三 責任推定制度(民法典一三八四条一項)と被害者のフォート 232
 四 まとめ 241

第四章 フランスにおける過失相殺の動向 257
 一 はじめに 257
 二 一九八五年七月五日法成立以前の問題点 258
 三 現在の状況 264
 四 まとめ 271

第五章 過失相殺理論の現状と課題 277
 一 はじめに 277
 二 過失相殺の現実 278
 三 過失相殺の意義・根拠 282
 四 被害者の「過失」の形骸化 285
 五 被害者側の過失 296
 六 まとめ 300

第六章 素因をめぐる判例理論の動向 309
 一 はじめに 309
 二 最高裁昭和六三年判決以前の理論状況 311
 三 最高裁判決法理の検討 339
 四 まとめ 354

事項索引 (1)





プライバシーポリシー | お問い合わせ