ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 憲法における天皇と国家

憲法における天皇と国家
百地 章 著
憲法における天皇と国家
発 行2024年3月20日
税込定価5,940円(本体5,400円)
判 型A5判上製
ページ数264頁
ISBN978-4-7923-0730-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はしがき 
初出一覧 xiii

第一部 天皇をめぐる憲法問題
第一章 「皇位の世襲」の意味と「女系天皇」への疑問 3
 一 はじめに 3
 二 「皇位の世襲」について 4
  1 政府見解  4
  2 学説  9
  3 私見  11
 三 「女系天皇」への疑問 17
  1 「女系天皇」論  17
  2 「女系天皇」の問題点  22
 四 おわりに 29

第二章 「男系の皇統」維持のため旧宮家からの養子を 31
 一 「皇室の伝統」と男系主義 31
  1 皇室の「男系」の伝統  31
  2 「女系天皇」論および「愛子天皇」論への疑問  33
 二 「男系の皇統」を支えた四世襲親王家 36
 三 旧一一宮家の皇籍離脱 38
 四 常に皇室とともにあった伏見宮家 41
 五 皇室と旧宮家の姻戚関係および交際 44
 六 皇室と養子制度 46
 七 旧宮家の男系男子孫を皇族の養子に 50

第三章 憲法と大嘗祭 53
 一 はじめに 53
 二 大嘗祭をめぐる従来の憲法解釈 57
  1 大嘗祭違憲論および合憲論  57
  2 政府解釈  60
 三 憲法と大嘗祭 69
  1 皇位継承儀礼としての大嘗祭  69
  2 大嘗祭と政教分離  74
 四 おわりに 83

第四章 憲法と天皇 86
 一 天皇の地位 86
  1 象徴としての天皇  86
  2 象徴天皇をめぐる問題  91
  3 皇位  95
 二 天皇の権能 99
  1 国事行為の意義  99
  2 内閣の助言と承認  104
  3 国事行為の内容  105
  4 国事行為の代行  109
 三 天皇の公的行為 112
 四 皇室の財政 116
  1 皇室の財産  116
  2 皇室財産の授受  118

第五章 象徴天皇と国政への関与 119
 一 はじめに 119
 二 国事行為の性質をめぐって 125
 三 憲法四条一項の成立過程とその評価 130
  1 成立過程  130
  2 評価  142
 四 おわりに 152


第二部 国家をめぐる憲法問題
第六章 国家主権の行使としての「国籍付与」 161
 一 はじめに 161
 二 最高裁の国籍法違憲判決(最大判平成二〇・六・四)をめぐって 163
  1 事案  163
  2 判決(多数意見)の概要  164
  3 判決(多数意見)の問題点  165
 三 「国籍」の「取得」ないし「付与」について ―「権利」(国籍の取得)か、「主権の行使」(国籍の付与)か?  170
  1 「国籍」の定義  170
  2 「権利」としての「国籍取得」か、「主権の行使」としての「国籍付与」か?  171
  3 国籍法で「日本国民たる要件」を定める行為は「確認行為」か「創設行為」か?  174
 四 国籍法改正の問題点 176
  1 判決の射程を超えた国籍法改正  176
  2 「偽装認知」防止のために  179
  3 「DNA鑑定」の採用を  180
 五 おわりに―「国家」と「国籍」の重みを 183

第七章 外国人の人権―社会権と参政権を中心に― 185
 一 はじめに 185
 二 わが国における「外国人の人権」―問題状況 186
  1 憲法と外国人の人権  186
  2 外国人には「保障されない」人権  187
  3 外国人と社会権―生活保護を中心に  191
 三 わが国における外国人の参政権(選挙権・被選挙権)をめぐって 195
  1 判例  195
  2 学説  197
  3 政府見解(政府答弁書)  200
 四 ドイツおよび韓国との比較 201
  1 ドイツにおける外国人参政権  201
  2 韓国における外国人参政権  204
 五 おわりに 206

第八章 宗教法と犠牲者の葬送・追悼・慰霊 208
 一 はじめに 208
 二 これまでの事例より 209
  1 関東大震災・大空襲の犠牲者と東京都慰霊堂  209
  2 函館大火殉難者の仏式慰霊法要  210
 三 東日本大震災と犠牲者の葬送・追悼・慰霊 211
  1 各宗教団体の取組み  211
  2 震災犠牲者の葬送・追悼・慰霊をめぐる行政の混乱  212
 四 犠牲者の葬送・追悼・慰霊と政教分離 215
  1 改めて「政教分離」の意味を問い直す  215
  2 「信教の自由」と「政教分離」の関係  218
  3 望ましい犠牲者の葬送・追悼・慰霊と政教分離  218
 五 被災者の心のケアをめぐって 221
 六 おわりに 224

第九章 国家論の再構築に向けて―試論― 225
 一 はじめに 225
 二 戦前の国家論―わが国の場合 226
  1 国体論―「国体」と「政体」  226
  2 明治憲法下の国家論  228
 三 社会契約説から国家有機体説へ―ヨーロッパ 232
  1 社会契約説  232
  2 国家有機体説  233
  3 社会契約説と国家有機体説のいう「国家」  236
 四 国民国家(nation-state)をめぐって 238
  1 国民国家とは?  238
  2 国民国家の形成  239
  3 国民国家の二類型  242
 五 おわりに―国家論の再構築に向けて 244








プライバシーポリシー | お問い合わせ