ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 長谷川如是閑の政治思想

長谷川如是閑の政治思想
―社会・生活・日本と「保守」の心性―
織田健志 著
長谷川如是閑の政治思想
発 行2024年6月10日
税込定価5,280円(本体4,800円)
判 型A5判上製
ページ数242頁
ISBN978-4-7923-3439-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

まえがき 
凡例 

序章 「文明批評家」の実像を求めて  1
 一 はじめに―「複雑な陰翳」  1
 (1)戦闘的自由主義者?  3
 (2)アナーキスト/ニヒリスト?  5
 二 「転向」をめぐって 7
 三 「社会」・「生活」・「日本」―本書の視角と課題  10
 (1)「社会の発見」と「生活事実」  10
 (2)「日本的性格」論へ  13

第一章 「煩悶」と「自我」のはざま―明治末年から雑誌『我等』創刊前後まで―  19
 一 「不機嫌の時代」  19
 二 揺れ動く個  24
 三 言論人として―『大阪朝日』から『我等』へ 30
 四 「煩悶青年」のゆくえ  36

第二章 国家の現実性と懐疑の精神―『現代国家批判』の思想世界―  43
 一 『現代国家批判』をめぐって  43
 二 「国家主義」から「国家批判」へ  45
 (1)「国家主義」からの出発  45
 (2)「国家批判」への旋回  49
 三 「社会」対「国家」  53
 (1)「国家の博物学」  53
 (2)「国家の形而上学」の実例―上杉慎吉『国家新論』  56
 (3)「大正社会主義」への接近  59
 四 「社会化」のパラドックス  63
 (1)方法としての政治的多元主義  63
 (2)制度の「有機的性質」  67
 (3)「自由」観の分裂  70
 五 「批判」の底にあるもの  73
 
第三章 「社会」概念の形成―〈個と共同性の相関関係〉の模索―  81
 一 結節点としての「社会」  81
 二 「社会」へのまなざし  82
 (1)「社会」の価値転換  82
 (2)進化論の影  86
 三 『現代社会批判』/『道徳の現実性』の思想世界  91
 (1)個と共同性をめぐって  92
 (2)社会有機体論とその限界  95
 四 「行動の体系」としての社会  101
 (1)個人の自律性  102
 (2)所与と作為のあいだ  107
 (3)日常生活の蓋然性  112
 五 日常性の中なる「社会」  115

第四章 「生活事実」の歴史化―ナショナリティ論の転回をめぐって―  125
 一 「生活事実」のあいまいさ  125
 二 「文化接触」と「階級対立」  128
 三 「民族」をめぐって  131
 (1)「民族」観念の不合理性  131
 (2)「民族」あるいは「階級」  134
 四 「生活事実」としてのナショナリティ  137
 (1)マルクス主義への接近と決別  137
 (2)イデオロギー批判の放棄  140
 五 「生活事実」概念への自省  145
 (1)小林秀雄の疑念  145
 (2)「伝統」という隘路  149

第五章 「日本」への問い―如是閑の挑戦と蹉跌―  157
 一 敗戦の意味  157
 二 「自由」と「民主主義」の諸相  159
 (1)与えられた「自由」  159
 (2)有機体的秩序観と「現実主義」  164
 三 「国内冷戦」のひずみ  168
 (1)中野重治の憂鬱  168
 (2)対話の欠如  172
 四 「特殊」から「普遍」へ  176
 (1)デモクラシーをめぐって  176
 (2)文明の作法  179 

終章 長谷川如是閑の政治思想  189
 一 「文明批評家」の本領  189
 (1)不完全性への認識  189
 (2)有機体論的思考  191
 二 「保守」の心性  193
 三 長谷川如是閑と保守主義  197
 (1)「政治」をめぐって  197
 (2)むすびにかえて―如是閑のポリティーク  199

参考文献  206
事項索引  1
人名索引  3





プライバシーポリシー | お問い合わせ