ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国家と社会の基本法 第5版

国家と社会の基本法 第5版
上野幸彦・古屋 等 著
国家と社会の基本法 第5版
発 行2023年10月20日
税込定価2,750円(本体2,500円)
判 型A5判並製
ページ数316頁
ISBN978-4-7923-0722-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
《目 次》

はしがき

機々餡箸隆靄榾 ......................................................... 1
A 序説 ...................................................................2
第1章 総説 ...............................................................2
 1 国家の成立要素(2) 
 2 国家の基本法(3)
第2章 日本の基本法 .......................................................5
 1 大日本帝国憲法(5) 
 2 日本国憲法の成立(6)
 3 日本国憲法の基本原理(6)

B 人権................................................................. 14
第1章 総説 ............................................................ 14
 1 歴史と展開(14) 
 2 人権の観念と分類(19)
 3 憲法の人権規定と私人間効力(22) 
 4 人権享有の主体(25)
第2章 包括的人権 ....................................................... 31
 1 個人の尊重・幸福追求権〔第13 条〕(31)
 2 法の下の平等〔第14条〕(37)
第3章 自由権 ........................................................... 44
 1 総説(44) 
 2 精神的自由権(45) 
 3 経済的自由権(58)
 4 人身の自由(62)
第4章 社会権 ........................................................... 69
 1 総説(69) 
 2 生存権〔第25条〕(69)
 3 教育を受ける権利〔第26条〕(72) 
 4 労働者の権利(74)

C 統治機構 ............................................................ 82
第1章 統治に関する基本原理 ............................................ 82
第2章 国会 ............................................................ 83
 1 国会の権能と法律の役割(83)
 2 国会の組織と衆議院の優越(85)
 3 会期と会議の原則(86)
 4 国政調査権・議院自律権・議員特権(88)
第3章 内閣 ............................................................ 89
 1 行政権と議院内閣制(89) 
 2 内閣総理大臣(90)
 3 内閣の権能(90) 
 4 衆議院の解散権と総辞職・その他の権限(92)
第4章 裁判所 ............................................................ 93
 1 司法権の独立(93) 
 2 裁判所の組織(94) 
 3 裁判官の任命(94)
 4 裁判官の独立(96) 
 5 裁判の公正と司法参加(96)
 6 司法権の範囲と限界(98) 
 7 違憲審査制(101)
第5章 地方自治 .......................................................... 106
 1 地方自治の保障(106) 
 2 地方公共団体の権能(108)
 3 条例制定権とその限界(110)
第6章 憲法改正 .......................................................... 112
 1 憲法改正の手続(112) 
 2 憲法改正の限界(114)

D 行政と法 .............................................................. 116
第1章 行政法の意義と基本原理 ....................................... 116
 1 行政法とは何か(116)
 2 行政の担い手(行政主体と行政機関)(118)
 3 法律による行政の原理(120)
第2章 法治行政をめぐる諸問題 ....................................... 128
 1 行政立法(129) 
 2 行政裁量(130) 
 3 行政指導(131)
第3章 行政行為の効力と瑕疵 .......................................... 134
 1 行政行為とその効力(134) 
 2 行政行為の瑕疵と取消(136)
 3 行政上の義務履行確保(137)
第4章 国家補償 .......................................................... 138
 1 国家賠償(139) 
 2 損失補償(141) 
 3 国家補償の谷間(143)
第5章 行政不服審査 ...................................................... 144
 1 行政不服審査の意義(144) 
 2 行政不服審査の対象(145)
 3 行政不服審査の種類(146) 
 4 行政不服審査の審理と判断(148)
 5 行政審判(150)


供ー匆颪隆靄榾 ......................................................... 153
A 家族と法 .............................................................. 154
第1章 序説 ............................................................ 154
 1 家族・国家・法律(154) 
 2 日本の家族法制(154)
第2章 婚姻 ............................................................ 155
 1 成立要件(155) 
 2 効果(157) 
 3 夫婦の財産関係(158)
 4 婚姻関係の解消(159) 
 5 内縁・事実婚の法的保護(161)
 6 親族間における私的扶養責任(161)
第3章 親子 ............................................................ 165
 1 親子関係(165) 
 2 親権(167)
第4章 相続と遺言 ......................................................... 170
 1 相続の意義(170) 
 2 相続の開始原因(170) 
 3 相続人(170)
 4 相続の承認・放棄(172) 
 5 相続分(172) 
 6 遺言(174)

B 財産と法................................................................. 176
第1章 契約 ............................................................ 177
 1 総説(177) 
 2 法律行為の主体(179) 
 3 意思表示(182)
 4 契約の成立(183) 
 5 物権(185) 
 6 知的財産権(188)
第2章 不法行為 ............................................................ 192
 1 事故と法的責任の諸形態(192) 
 2 不法行為制度の目的(192)
 3 一般不法行為責任(193) 
 4 特殊不法行為責任(194)
 5 立証責任(197)

C 犯罪と法 ................................................................ 199
第1章 刑罰制度 ............................................................ 199
 1 社会統制手段としての制裁(199)
 2 法による刑罰権の規制(199) 
 3 刑罰の種類(200)
 4 刑罰の目的(200) 
 5 抑制的な刑罰の活用(200)
 6 責任主義(201)
第2章 犯罪と法 ............................................................ 203
 1 総説(203) 
 2 罪刑法定主義(203)
第3章 犯罪の一般的成立要件 .......................................... 205
 1 総説(205) 
 2 行為(205) 
 3 構成要件該当性(206)
 4 違法性(206) 
 5 有責性(208)


掘),蛤枷 ................................................................ 211
A 法とは何か ............................................................... 212
第1章 序説 ............................................................ 212
 1 法と社会(212) 
 2 法の規範面における特徴(213)
第2章 法と道徳 ............................................................ 214
 1 総説(214) 
 2 法と道徳との区別(215)
 3 法と道徳との関連(217)
第3章 法の理念 ............................................................ 218
 1 序説(218) 
 2 正義(219) 
 3 法的安定性(221)
第4章 法の分類 ............................................................ 222
 1 自然法と実定法(222) 
 2 国内法と国際法(222)
 3 公法・私法・社会法(223)

B 裁判と法................................................................. 225
第1章 序説 ............................................................ 225
 1 紛争の解決(225) 
 2 裁判の特質(225) 
 3 公正な裁判(226)
 4 裁判手続の種類(227)
第2章 裁判と法 ............................................................ 227
 1 総説(227) 
 2 裁判の規準(法源)(227)
 3 法の適用と解釈(232)

C 民事手続 ................................................................ 236
第1章 民事紛争解決の諸方式 .......................................... 236
 1 総説(236) 
 2 裁判外の紛争処理の諸方式(236)
第2章 民事訴訟 ............................................................ 238
 1 手続の原則(238) 
 2 手続の概要(238)
第3章 家庭事件 ............................................................ 242
 1 総説(242) 
 2 家庭に関する事件の種類(242)

D 刑事手続 ............................................................... 244
第1章 刑事訴訟の基本構造 ............................................. 244
 1 総説(244) 
 2 刑事訴訟の構造(244)
第2章 刑事手続の諸原則 ................................................ 245
 1 デュー・プロセスの保障(245) 
 2 捜査活動に対する規制(245)
 3 無罪の推定(246)
第3章 刑事手続の概要 ................................................... 247
 1 捜査(247) 
 2 公訴の提起(248) 
 3 公判手続(249)
 4 上訴(250) 
 5 非常救済手続(250)
第4章 少年事件 ............................................................ 253
 1 総説(253) 
 2 少年法の対象(253) 
 3 少年犯罪の手続(253)

E 行政訴訟................................................................. 256
第1章 行政訴訟の基本構造 ............................................. 256
 1 行政事件の裁判と行政事件訴訟法(256)
 2 行政事件の訴訟類型(258) 
 3 義務付け訴訟・差止訴訟(260)
第2章 取消訴訟の提起 ................................................... 261
 1 取消訴訟の訴訟要件(261) 
 2 処分性(263)
 3 原告適格(266) 
 4 狭義の訴えの利益(269)
第3章 取消訴訟の審理と仮の救済 .................................... 271
 1 職権証拠調べ・訴訟参加(271) 
 2 仮の権利保護(271)
第4章 その他の行政訴訟 ................................................ 273
 1 当事者訴訟(273) 
 2 民衆訴訟・機関訴訟(275)


〈資料〉 日本国憲法(全文) ............................................. 277
事項索引 ................................................................. 289
判例索引 ................................................................. 296





プライバシーポリシー | お問い合わせ