ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > フランス保険法の現代的課題

フランス保険法の現代的課題
山野嘉朗 著
フランス保険法の現代的課題
発 行2024年6月1日
税込定価9,900円(本体9,000円)
判 型A5判上製
ページ数440頁
ISBN978-4-7923-2807-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はしがき ⅲ
初出一覧 ⅹⅲ

第1部 論文編

第1章 告知義務...3
1. はじめに...3
 1-1.本章の目的...3
 1-2.フランスの告知義務制度の概要...5
2. 保険者による質問がなかった場合の告知義務違反の効果...5
 2-1.判例...5
 2-2.分析...8
3. 契約申込日と契約締結日の間に生じた危険の変更...15
 3-1.判例...15
 3-2.分析...16
4. プロラタ主義...20
 4-1.総説...20
 4-2.分析...21
5. おわりに...23

第2章 保険事故内容の不実申告と制裁...30
1. はじめに...30
2. 失権条項の趣旨...31
3. 判例の動向...36
4. 判例の論点および分析...44
 4-1.各判例の意義・位置付け...44
 4-2.不実申告の種類...46
 4-3.悪意の立証責任と信義則...47
 4-4.2018年7月5日判決((1)判決)の新規性...49
 4-5.悪意概念...52
 4-6.詐欺的不実申告と契約解除権...52
 4-7.詐欺的不実申告と約款規定...53
 4-8.通知の遅滞による失権と損害要件...56
 4-9.総括と立法論的課題...57
5. わが国の保険実務・学説...60
 5-1.保険実務...60
 5-2.学説...63
6. 比較法的考察...65
7. おわりに...68

第3章 保険契約の免責条項と法規制...76
1. はじめに...76
2. 保険法典L. 113-1条の趣旨...77
 2-1.条文訳...77
 2-2.条文訳出上の問題点と検証...78
 2-3.趣旨...85
3. ≪faute intentionnelle ou dolosive≫をめぐる新たな判例動向と厳格解釈の限界...86
 3-1.立法的問題点と一元的解釈...86
 3-2.二元的解釈の登場・展開...87
4. 免責条項の明確・限定性と判例...94
 4-1.判例の展開...95
 4-2.判例の総合分析...119
5. おわりに―比較法的考察と今後の課題...120
 5-1.故意免責条項の厳格解釈...120
 5-2.免責条項の明確・限定性...128

第4章 第三者のためにする生命保険契約をめぐる諸問題...131
1. はじめに...131
2. 保険金請求権の固有権性―保険料の過大性と持戻し・遺留分減殺(フランス)...131
 2-1.保険金請求権の固有権性と持戻し・遺留分減殺に関する規律...131
 2-2.判例の動向...135
 2-3.生命保険契約の再性質決定と持戻し...141
3. 遺言による保険金受取人指定の解釈(フランス)...145
 3-1.フランス破毀院第1民事部2013年3月20日判決...145
 3-2.破毀院第1民事部2012年10月10日判決...151
 3-3.破毀院第1民事部2012年11月7日判決...152
 3-4.総括...153
4. 保険金請求権の固有権性と違憲性(フランス・ベルギー)...154
 4-1.フランスの動向...154
 4-2.ベルギーの動向...155
5. おわりに...161

第5章 生命保険金未請求問題その他...165
1. はじめに...165
2. 生命保険金未請求問題(法改正後の動向)...166
 2-1.問題の所在...166
 2-2.法改正後の保険者の対応...168
3. 持戻し・遺留分減殺に関する保険法規と条約規範(ヨーロッパ人権条約)...169
 3-1.問題の所在...169
 3-2.破毀院第1民事部2014年3月19日判決...170
4. 保険契約内容確認書と告知義務(質問応答義務)...175
 4-1.問題の所在...175
 4-2.判例...177
 4-3.判例の分析...181
5. おわりに...188

第6章 生命保険会社の情報提供・助言義務...192
1. はじめに...192
2. 保険契約と情報提供・助言義務...193
3. 判例の動向...198
4. おわりに...207

第7章 傷害保険約款における外来性要件をめぐる判例の展開...210
1. はじめに...210
2. 判例の動向...211
3. おわりに...227

第8章 保険金請求権の消滅時効...230
1. はじめに...230
2. フランス・ベルギー保険法と時効制度...231
 2-1.フランスにおける立法の沿革...231
 2-2.ベルギーにおける立法の沿革...236
3. 消滅時効と消費者保護...240
 3-1.問題の所在...240
 3-2.消滅時効と情報提供義務...246
4. おわりに...259
 4-1.比較法制...259
 4-2.日本の法制度と改正の経緯...261
 4-3.新たな視点からの問題提起...262
 4-4.立法論...263

第9章 保険契約法と憲法規範...266
1. はじめに―問題の所在...266
2. QPC判例と分析...267
 2-1.QPC...267
 2-2.判例...269
 2-3.小括...279
3. EU司法裁判所大法廷2011年3月1日判決...280
 3-1.EUにおける男女差別禁止規定...280
 3-2.EU司法裁判所大法廷2011年3月1日判決...282
 3-3.判決に対する各界の反応...290
4. おわりに―総括と今後の展望...293
 4-1.QPCについて...293
 4-2.EU司法裁判所判決とわが国の現状...294
 4-3.今後の展望...297

第10章 ベルギーにおける保険契約法改正(2014年)...300
1. はじめに...300
2. 法改正の経緯と全体的構造...301
 2-1.法改正の経緯...301
 2-2.全体的構造...302
3. 保険契約一般...305
 3-1.定義規定...305
 3-2.保険契約を原因とする訴権の時効と無能力者の保護...307
 3-3.保険約款の作成原則および解釈原則...309
 3-4.その他...310
4. 人保険...313
 4-1.総説...313
 4-2.生命保険契約の意義...314
 4-3.低年齢者の死亡保険...315
 4-4.保険金受取人の離婚と保険金請求権...316
 4-5.疾病保険...319
5. おわりに...319


第2部 判例研究編

第1章 違法な約款規定と通知義務違反の効果(破毀院第2民事部2021年1月21日判決)...323
Ⅰ 事実・判旨...323
Ⅱ 研究...326
1. はじめに―問題の所在...326
2. 違法な通知条項の法的効果と問題点...328
3. 学説の対立...330
4. おわりに―総括...336

第2章 被保険者の自殺と責任保険の故意免責条項の適用(破毀院第2民事部2020年5月20日判決(第1事件・第2事件))...339
Ⅰ 事実・判旨...339
Ⅱ 研究...342
1. はじめに...342
2. 事案の分析...343
3. 両判決の総合的検討・評価...345

第3章 故意免責条項の明確・限定性と二元的解釈
(破毀院第2民事部2022年1月20日判決(第1事件・第2事件)・破毀院第2民事部2022年3月10日判決)...349
Ⅰ 事実・判旨...349
1. 破毀院第2民事部2022年1月20日判決(第1事件)...349
2. 破毀院第2民事部2022年1月20日判決(第2事件)...351
3. 破毀院第2民事部2022年3月10日判決...354
Ⅱ 研究...355
1. はじめに...355
2. 事案の分析...357
3. 論点の検討...358

第4章 保険金受取人指定の有効性と公序良俗(破毀院第2民事部2012年6月28日判決)...369
Ⅰ 事実・判旨...369
Ⅱ 研 究...371
1. はじめに...371
2. 公序良俗違反の判断基準...372
3. 公序良俗違反の効果...378
4. 本判決の検討...379
5. おわりに―わが国の裁判例との比較...381

第5章 保険契約者(被保険者)・保険金受取人の同時死亡と保険法規・相続法規(破毀院第2民事部2011年6月1日判決)...384
Ⅰ 事実・判旨...384
Ⅱ 研究...385
1. はじめに...385
2. 本判決の理論構成...386
3. 同時死亡とフランス民法典...388
4. 同時死亡とフランス保険法典...389
5. 本判決の検討...391

第6章 睡眠時無呼吸症候群(SAS)に起因する自動車事故と傷害保険の外来性要件(破毀院第2民事部2012年1月13日判決)...394
Ⅰ 事実・判旨...394
Ⅱ 研究...395
1. はじめに...395
2. 外来性要件をめぐる参考判例...397
3. 本判決に対する学説からの批判...399
4. おわりに―わが国との比較...401

第7章 消滅時効に関する保険契約法規の合憲性(フランス憲法院2021年12月17日判決)...403
Ⅰ 事実・判旨...403
Ⅱ 研究...407
1. はじめに...407
2. 論点の分析・検討...409
3. 本判決以前のQPC判例...411

総括と展望...414





プライバシーポリシー | お問い合わせ