ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑事法ジャーナル 第77号

刑事法ジャーナル 第77号
刑事法ジャーナル編集委員会 編
刑事法ジャーナル 第77号
発 行2023年8月20日
税込定価2,200円(本体2,000円)
判 型B5判並製
ページ数180頁
ISBN978-4-7923-8883-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

〈巻頭言〉
法曹養成制度の改革について (稗田雅洋)   3

〈特集〉西原刑法学の軌跡
・西原春夫先生の人と学問 (田口守一)   4
・西原刑法学における「生けるもの」と「死せるもの」 (高橋則夫)   10
・西原先生と過失犯論 古川 伸彦19
・西原博士の共犯論とその現代的意義 (照沼亮介)   25
・西原先生と中国の刑法学 (金 光旭)   33

〈特集〉医療観察法の現在
・医療観察法をめぐる判例・実務 (山本輝之)   39
・医療観察法におけるアルコール依存の位置づけ ─最高裁令和3年8月30日第二小法廷
決定を契機として:法律の立場から─(稗田雅洋)   49
・医療観察法におけるアルコール依存の位置づけ ─最高裁令和3年8月30日第二小法廷
決定を契機として:医療の立場から─(茨木丈博)   61

〈刑法の思考と論理〉
・第4講 行為の構造から見た犯罪の成立・継続・終了(1) ─総論─ (杉本一敏)   72

〈原理・原則、文脈から考える刑事訴訟法の諸問題〉
・第6回 訴因制度 (小木曽 綾)   93

〈外国刑事法研究〉
・ ドイツにおける犯罪収益はく奪制度の改正について(下)─ドイツ刑法典の改正(6)─
(松澤 伸=桑島 翠)  108

〈外国刑事法務事情〉
・英国刑事法務事情(75)─LXXV 2023年3月〜5月の主要動向─ (清野憲一)   117

〈刑事裁判例批評〉
(462)解離性同一性障害における責任能力判断 ─主人格が別人格をコントロールできな
い場合に完全責任能力を認めた事例 ─大阪高判令和元・12・12判時2540号84頁─ (箭
野章五郎)    140

(463)町から自己名義の預金口座に臨時特別給付金を誤って振込入金されたことを利用し
て、正当な権限がないにもかかわらず、自己の電子計算機を使用し、銀行の電子計算機に
対して、正当な権限があるような虚偽の情報を与え、利用料金の支払いをした行為と電子
計算機使用詐欺罪の成否 ─山口地判令和5・2・28裁判所ウェブサイト─ (大関龍一)   
146

(464)令状に基づいて、医師が大腸内視鏡を用いて、被疑者の大腸内からマイクロSDカ
ードを強制的に採取した手続には重大な違法があるとして、同マイクロSDカードに保存さ
れていた動画データを用いて作成された写真撮影報告書等の証拠能力が否定された事例 
─東京高判令和3・10・29判タ1505号85頁─ (石川さおり)    154

(465)押収拒絶権の行使により捜索自体が違法とされた事例 ─東京地判令和4・7・29
裁判所ウェブサイト、LEX/DB 25572412─ (丸橋昌太郎)    161

(466)自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条4号の「人又は
車の通行を妨害する目的」の意義 ─金沢地判令和3・12・7判時2538号114頁─ (内
田 浩)    168

(467)債権譲渡の対価としてされた金銭の交付と貸金業法2条1項と出資法5条3項にい
う「貸付け」 ─最(三小)決令和5・2・20裁判所ウェブサイト─ (神例康博)    174


編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ