ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪論の基底と展開

犯罪論の基底と展開
山口 厚 著
犯罪論の基底と展開
発 行2023年11月6日
税込定価5,940円(本体5,400円)
判 型A5判上製
ページ数250頁
ISBN978-4-7923-5402-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

《目 次》

はしがき(i)
初出一覧(ii)

犯罪成立の基底
1 不真正不作為犯に関する覚書   3
 Ⅰ はじめに(3)  
 Ⅱ 基本的視座(4)  
 Ⅲ 保障人的地位について(7)
2 補論   14
 Ⅰ 「同価値性」をめぐって(14)  
 Ⅱ 排他的支配論の意義と限界(15)

違法性阻却の諸相と展開
1 客観的帰属と違法性阻却   19
 Ⅰ はじめに(19)  
 Ⅱ 構成要件的結果の客観的帰属(20)
 Ⅲ 違法性阻却事由における客観的帰属の適否について(25)
2 欺罔に基づく「被害者」の同意   33
 Ⅰ はじめに(33)  
 Ⅱ 「法益関係的錯誤」説(34)  
 Ⅲ 緊急状態の欺罔(38)
3 「法益関係的錯誤」説の解釈論的意義   44
 Ⅰ はじめに(44)  
 Ⅱ 「法益関係的錯誤」説の根拠(45)
 Ⅲ 「法益関係的錯誤」説の適用(52)
 Ⅳ 「法益関係的錯誤」説の詐欺罪への適用(54)
 Ⅴ 「法益関係的錯誤」説の射程―自由でない同意(56)
4 自由・同意・錯誤   59
 Ⅰ はじめに(59)  
 Ⅱ 法益と処分の自由(61)
 Ⅲ 法益侵害と構成要件該当性(67)
5 「危険の引受け」論再考   74
 Ⅰ はじめに(74)  
 Ⅱ 同意論とその射程(75)  
 Ⅲ 自己答責性論(78)
 Ⅳ 危険行為を受忍する自由(82)

正当防衛論の展開
1 正当防衛論の新展開   89
 Ⅰ はじめに(89)  
 Ⅱ 自招侵害に関する新判例(93)
 Ⅲ 退避義務論について(106)
2 回避・退避義務再論   117
 Ⅰ はじめに(117)  
 Ⅱ 回避・退避義務の問題性(117)
 Ⅲ 予期された侵害と回避義務(119)
 Ⅳ 侵害に対する防衛行為と退避可能性(123)
 Ⅴ 防衛行為の相当性と退避可能性(130)  
 Ⅵ 自招侵害と回避義務(130)
 Ⅶ おわりに(132)

責任論の展開
1 実行行為と責任非難   137
 Ⅰ はじめに(137)  
 Ⅱ 実行行為の理解について(138)
 Ⅲ 原因において自由な行為について(145)
2 過失犯に関する覚書   154
 Ⅰ はじめに―過失犯の構造的理解(154)
 Ⅱ 過失犯の違法性―結果回避義務と結果回避可能性(156)
 Ⅲ 過失犯の責任―予見義務と予見可能性(160)

共犯論の基底と展開
1 共犯の従属性をめぐって   169
 Ⅰ はじめに(169)  
 Ⅱ 従属性の理解について(171)
 Ⅲ 適法行為への関与者の処罰(175)  
 Ⅳ 罪名の従属性(182)
2 「共犯の因果性」の一断面   185
 Ⅰ 問題の所在(185)  
 Ⅱ 身分の意義(187)
 Ⅲ 承継的共犯をめぐって(190)
3 承継的共犯論の新展開   195
 Ⅰ 議論の現状(195)  
 Ⅱ 最高裁判例とその意義(198)
 Ⅲ 有力説とその根拠の検討(203)  
 Ⅳ 若干の考察(208)
4 過失犯の共同正犯についての覚書   215
 Ⅰ はじめに(215)  
 Ⅱ 従来の判例・学説(216)  
 Ⅲ 若干の検討(223)
5 過失共同正犯再考   227
 Ⅰ はじめに(227) 
 Ⅱ 過失共犯と処罰規定(228)
 Ⅲ 過失共同正犯の基本的視点(231) 
 Ⅳ 結果回避義務の根拠と共同(238)
 Ⅴ おわりに―過失共同正犯の成立(240)
 




プライバシーポリシー | お問い合わせ